SirikaSirika
MMA
ニュース

【RIZIN】扇久保博正「レベルの違いを見せなきゃいけない」vs.瀧澤謙太「四天王のトップに勝てば海選手と」=11月21日・大阪城決戦

2020/10/21 10:10
【RIZIN】扇久保博正「レベルの違いを見せなきゃいけない」vs.瀧澤謙太「四天王のトップに勝てば海選手と」=11月21日・大阪城決戦

(C)GONG KAKUTOGI/RIZIN FF

 2020年11月21日(土)の『RIZIN.25』大阪城ホール大会で、扇久保博正(パラエストラ松戸)と瀧澤謙太(フリー)がバンタム級で対戦する。

 国内外で強豪が揃うこの階級で、前戦で朝倉海に敗れた扇久保にとってはサバイバルマッチ、金太郎との接戦を制した瀧澤にとっては四天王の1人が用意されたステップアップのためのチャレンジマッチとなる。両者の戦いはどうなるか。それぞれの証言から見えてくる相性は?

▼バンタム級(61.0kg)5分3R ※ヒジあり
扇久保博正(パラエストラ松戸)
瀧澤謙太(フリー)

 扇久保はRIZINで元谷友貴、石渡伸太郎に勝利し、RIZINバンタム級王座挑戦権を得るも、8月10日の横浜大会でマネル・ケイプが返上した「王座決定戦」で朝倉海に1R 4分31秒 TKO負けで王座獲得ならず。今回が再起戦となる。

 対する瀧澤は、9月27日のさいたまスーパーアリーナ大会で金太郎(パンクラス大阪稲垣組)と3Rの大激闘を繰り広げ、同大会のベストバウトと呼ばれる名勝負をスプリット判定で制している。

 33歳の扇久保は極真空手をベースに持ちながら強いグラップリングを誇る現修斗世界フライ級王者。2016年には世界のフライ級王者が集う「The Ultimate Fighter」フライ級トーナメントに参加し、準優勝となっている。この10年で敗れた相手は堀口恭司と朝倉海の2人のみという強豪だ。

 11月に26歳になる瀧澤は、小学生の頃から新極真の木元道場で練習し、PANCRASEではバンタム級王者のハファエル・シウバにも挑戦。2019年11月のPANCRASE310では、修斗世界フライ級2位の石井逸人を跳びヒザ蹴りでTKOに下すなど、MMA11勝のうち8つがKO勝利というストライキングを誇る。

 ともにフルコンタクト空手をベースに持つ両者だが、そのファイトスタイルは異なる。

 本誌の問いかけに扇久保は、瀧澤の空手について、「瀧澤選手は蹴りがすごく強くて気持ちも強い選手。結構蹴ってくるなという印象ですが、パンチはそんなに上手くないなと。でも僕もずっと極真をやっていたので、蹴りの勝負でも僕の方が上だと思っています」と回答。

 その言葉を聞いた瀧澤は、扇久保の扇動に乗らず、「(扇久保に)空手っぽさはそんなにないかなと思っていて、ほんとうにボクシングとレスリングの選手だなと思います」と、扇久保のMMAでのパンチとグラップリングに警戒したいと語った。

 扇久保は、8月10日のタイトルマッチで朝倉海に敗戦後、自身の『おぎちゃんねる』で「終わった直後は辞めようと思いました」と吐露している。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事