SirikaSirika
MMA
レポート

【ONE】ムエタイ世界王座戦はサムエーがトナーを圧倒TKO、マクラーレンがトイヴォネンをKO!

2020/10/09 22:10
【ONE】ムエタイ世界王座戦はサムエーがトナーを圧倒TKO、マクラーレンがトイヴォネンをKO!

(C)ONE Championship

 2020年10月9日、ONE Championshipが本拠地「シンガポール」にて無観客&ライブ配信の大会を再開。メインイベントでONEストロー級ムエタイ世界タイトルマッチ、コーメインイベントでは、ONEフライ級トップコンテンダー同士の対戦が行われた。 

▼ONEストロー級(56.7kg)ムエタイ世界タイトルマッチ 3分5R
〇サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)王者
[2R 2分30秒 TKO] ※レフェリーストップ
×ジョシュ・トナー(豪州)挑戦者

 サムエーはルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級とスーパーフライ級の2階級、プロムエタイ協会ではスーパーバンタム級・スーパーフライ級・フェザー級の3階級を制覇した実績を持つムエタイレジェンド。

 ONE最初のムエタイの試合を戦ったサムエーは、ONEフライ級ムエタイ世界王者にもなったが、2019年5月にジョナサン・ハガティに判定負け後、10月にストロー級転向。ダレン・ローランドにKO勝ちすると、12月にはワン・ジュングァンに判定勝ちし、新設されたONEキックボクシング世界ストロー級王者となった。さらに2020年2月、ロッキー・オグデンを破りムエタイ世界同級王座も獲得して二冠王となっている。戦績は369勝47敗9分。

 トナーは元ISKA世界フェザー級王者。2016年11月のK-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメント1回戦で小澤海斗に1R KO負け後、ONEに参戦。2018年7月にペッダムに2R KO負けも10月にはジョセフ・ラシリに判定勝ち。2019年1月のONEでは秋元皓貴に判定負けも、秋元の左ミドルに右フックを合わせてダウンを奪っている。さらに2019年7月には森本“狂犬”義久と対戦し、判定勝ちを収めているなど日本人選手との対戦が多い。そして2020年2月には日本での寺戸伸近との大激闘が記憶に残るアンディ・ハウソンをKOしている。戦績は35勝17敗。

 1R、サウスポーのサムエーはジャブ、前蹴りでまずは様子見。トナーが蹴って来ると蹴り足をキャッチして左ミドルを蹴る。トナーは頻繁に左右に構えをスイッチし、前へ出ていくがサムエーは左ローを狙い撃ち。

 2Rもサムエーは左ローを狙い撃ち、トナーが組み付くとすかさずヒジを打ち込み、首相撲でコカす。再開後、サムエーがトナーの左前蹴りをキャッチしての左ストレートでダウンを奪う。左ロー、左ハイ、さらに左ハイとパンチの連打で畳み込むサムエー。軸足払いでコカすとこれにダウンカウントが入る。左ハイ、左ヒジ、左ミドル、左ローと圧倒的な攻めを見せるサムエー。そして左ローからの左ストレートでトナーが仰向けに倒れ、レフェリーがストップ。サムエーが一方的な勝利で防衛を果たした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事