MMA
レポート

【DEEP】阿部大治が佐藤洋一郎との接戦制す! メガトン対決は酒井が関根に勝利。KINGレイナは熊谷麻理奈に辛勝=DEEP 95

2020/08/23 03:08
 2020年8月23日(日)東京・ニューピアホールにてDEEP2連戦の昼大会『skyticket Presents DEEP 95 IMPACT』が開催されている。  メインのウェルター級戦では、元修斗環太平洋王者の佐藤洋一郎(KATANA GYM)と、元UFC・NE Championshipファイターの阿部大治(フリー)が対戦。前日計量を77.5kgでパスした佐藤は「また、しんどい相手を当ててくれたな、と。佐伯さんには感謝です。間違いなく面白い試合にはするので皆さん期待していてください」と、阿部を強敵と認めながら、「面白い試合をする」と激闘を予告。対する阿部も「明日は最高な日にしたいと思います」と簡潔に意気込みを示した。  セミファイナルで、2013年6月の「DEEP Cage Impact 2013」以来となる、関根“シュレック”秀樹(Bonsai Jiu-Jitsu)との再戦に臨む酒井リョウ(レンジャージム)は「7年間の成長を見せたい」とリヴェンジを誓った(※関根は当日計量)。  また、昼夜2大会中、唯一の女子戦となる第7試合のKINGレイナ(K-Clann)vs.熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌)はキックルールにて行われる。  前日計量を63kg契約のリミットちょうどでパスしたKINGレイナは、「2月に試合してから、コロナがひどくなって試合が出来なかったんですけど、今回は私の畑ではなく、キックルールで相手の畑なので、みんなをさらに楽しませるような試合をしたいと思います」と、独特の表現でキックルールに臨む決意を語れば、61.95kgのアンダーでパスした熊谷も「減量の無い試合は初めてです。パワーのある相手に対し、1発で急所を狙える練習をしてきました。時間をかけずに相手を倒しにいきたいです」と、マアチュアボクシング&キックで磨いた精緻な打撃でのKOを予告している。 skyticket Presents DEEP 96 IMPACT 2020年8月23日(日)12時~ニューピアホール ▼DEEPウェルター級 5分3R×佐藤洋一郎(KATANA GYM)77.5kg[判定1-2] ※28-29×2,29-28○阿部大治(フリー)77.35kg  ウェルター級の佐藤は元修斗環太平洋王者。2019年は3月に米田奈央に判定勝ちも、6月に悠太に判定負け、9月に安西信昌にアクシデント判定負けで2連敗中。対する阿部は、UFCで1勝2敗後、ONE Championshipでルイス・サントス、イブ・タンに敗れ、現在4連敗中。2017年7月PANCRASE以来の日本マット復帰で、DEEPで王座挑戦経験もある佐藤洋一郎と対戦する。  1R、ともにオーソドックス構え。佐藤の右ローに阿部は長い左右の連打を突く。佐藤の右ローブローで中断後後再開。左ジャブを押し込んで尻餅をつかせる阿部はサッカーキックも、寝技に深追いはせず。立ち上がる佐藤。  左ジャブから右ストレートで佐藤を下がらせる阿部。しかし佐藤も下がりながら右に回り凌ぐ。左ミドルを腹に当てる佐藤だが鼻血。阿部は距離を取るようになり、スタミナ配慮か手数を減らす。右ハイをガードの上に当てる佐藤。阿部の打撃が徐々に見えて来たか。  2R、先に前に出る阿部。右ローを連打する佐藤の蹴り足を掴んで崩す阿部だが寝技には入っていかず。右で差しての投げも下には付き合わない。佐藤は左右を振ってダブルレッグも切る阿部。ワンツーを首元で受ける佐藤。左ミドル、右ローをこつこつ打つ。後半に前に出る佐藤。左ボディを突き、右を上下に振り前へ。手数で勝ると、右クロス! さらに組んでいくとボディロックから後方に回して投げる佐藤! ハーフガードで肩固めを狙いつつ細かくボディにパウンドする。ゴングに苦しそうに立つ阿部。  3R、中央を取る佐藤が右を振って前へ。金網に詰めたところで右ストレートを当ててダブルレッグテイクダウン! 頭を抱える阿部だがじり貧に。金網に上半身を立てて立ち上がる阿部。その際でギロチンを狙う佐藤。頭を抜く阿部に、すぐにダブルレッグは佐藤! 持ち味を発揮し、淡々とすべきことを遂行する佐藤は阿部に背中をつかせる。阿部はハーフから腰を切って立とうとするが、佐藤もついていく。阿部は下から鉄砲で佐藤を突き放すと立ち上がり!  スタンドで佐藤のワンツーをいなす阿部。ワンツーで前に出るのは阿部。しかし佐藤のマウスピースが外れ、仕切り直し。ローから前に出る阿部は右の蹴りまで。佐藤は頭が下がると阿部が右ミドル。阿部が前に出たところでゴング。  判定は2-1(29-28×2,28-29)で阿部が勝利。最終ラウンドの厳しい時間帯を優勢に戦った阿部が接戦をモノにした。試合後、阿部はケージの中で、「メインはKOじゃなくちゃいけないのに、KO出来ずにすみません。DEPPを盛り上げたいのでまたよろしくお願いします」と挨拶した。 [nextpage] ▼DEEPメガトン級 5分3R×関根“シュレック”秀樹(Bonsai Jiu-Jitsu)※当日計量[2R 4分55秒 TKO] ※パウンド○酒井リョウ(レンジャージム)101.50kg  関根は、山梨学院柔道部出身。卒業後、静岡県警で機動隊や暴力団担当の刑事を務め、ボンサイブルテリアジムでブラジリアン柔術を習得。柔術、グラップリングで実績を残し、2009年にMMAデビュー後、7連勝で2016年12月にONE Championshipに参戦。世界ヘビー級王者ブランドン・ベラとの試合に向け、43歳にして警察官という安定した職を捨て、プロ格闘家に転向した。  ONEで3連敗後、2019年9月のDEEP浜松大会では、中井光義に1R、パウンドでTKO勝ちも、前戦は2020年2月のRIZIN浜松大会でロッキー・マルティネスに1R TKO負けを喫した。今回対戦する酒井とは2013年6月の「DEEP Cage Impact 2013」で対戦し、関根が判定勝ちを収めている。  酒井は、これまで関根、シビサイ頌真、誠吾、ロッキー・マルティネスらと激闘。本職はMMAだが、2020年2月のRIZIN浜松大会では、かつてキックを学んだ経験を活かし、Bigbangヘビー級王者・実方宏介に挑むも、1R KO負けとなっている。関根との再戦は7年2カ月越しのリヴェンジマッチとなる。  1R、ともにオーソドックス構え。慎重な間合いからダブルレッグテイクダウンは関根。そのまま自身の足で両足を束ねてマウントを奪う。酒井は首が金網に詰まる。左手で酒井の右腕を縛りながら右手でパウンドする関根。亀になる酒井。バックについていく関根は両足もかけてパームトゥパームで絞めるが、極まらず。関根も力を使ったか。2Rへ。  1R、ともにオーソドックス構え。慎重な間合いからダブルレッグテイクダウンは関根。そのまま自身の足で両足を束ねてマウントを奪う。酒井は首が金網に詰まる。左手で酒井の右腕を縛りながら右手でパウンドする関根。亀になる酒井。バックについていく関根は両足もかけてパームトゥパームで絞めるが、極まらず。関根も力を使ったか。  2R、関根のラッシュをさばく酒井。しかし関根も低いダブルレッグからアンクルピックで金網まで詰めて、さらにダブルレッグへ。手前に引く関根に尻を着く酒井は立とうとするが、ボディロックから再び寝かせた関根はそのままマウントへ。アメリカーナを狙う。ケージウォークで脱出を図る酒井。しかし潰す関根はマウントから細かいパウンド。酒井はケージを蹴ってブリッジを合わせて立つと、関根のタックルを潰して左右連打と左ヒザ蹴り! 関根はなおもダブルレッグに入るが、がぶった酒井がパウンド。レフェリーが間に入った。  試合後、酒井は「これがメガトン級です。僕ごとですが、子供生まれて、レンジャージムの応援あってここまで来ました。RIZIN諦めてないんで、よろしくお願いします」とマイクアピールした。 [nextpage] ▼DEEPJEWELS KICKルール 63kg以下 3分3R○KINGレイナ(K-Clann)63.0kg[判定2-1] ※29-28×2,28-29×熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌)61.95kg  KINGレイナは、2019年10月大会で63kg契約のMMAの試合を2.3kgの体重超過により失格に。2020年2月24日の前戦ではタイのアンドレ・ザ・ロケットを相手にフェザー級(66.3kg※王座戦以外は+0.5kg含む)契約で戦い、1R3分29秒、マウントからのパウンドでTKO勝ちしている。  当初は、5月6日の『DEEP JEWELS 29』後楽園ホール大会で、悪夢の63kg契約で超弁慶(ガムランナック)と対戦予定だったが、5月大会が中止に。今回の8月23日大会で、対戦相手を変えて半年ぶりの復帰戦に臨むことになった。立ち技ルールは、2018年7月のシュートボクシング「Girls S-cup」でのキム・ヨンギ戦(KINGレイナが判定勝ち)以来となる。  対する熊谷麻理奈はWSRフェアテックス札幌所属。“北の女武芸者”と呼ばれるマルチファイターで、元々はアマチュアボクシングで活躍しキックボクシングに転身。さらに2018年5月にはMMAにも挑戦(Road FC 47で女子バンタム級(-61.2kg)でジン・インチャオに判定負け)、同年9月には、素手にバンテージのみで戦うラウェイにも出場し、4R判定無しのドローとなっている。  2019年6月30日の「ノースエリア格闘技イベントBOUT37」では、57kg契約で熊谷がチェ・ウンジ(MAXFC/FEARLESS-GYM)に判定3-0で勝利。そのチェは、2018年6月の「DEEP JEWELS 20」でMMAルールでKINGレイナに1R リアネイキドチョークで敗れており、韓国の強打者相手にともに勝利している者同士の対戦となる。  立ち技を本職とする熊谷はチェ戦で、174cmの長身を活かし、インファイトに持ち込みたいチェを懐へ入らせずにカウンターのヒザ蹴り・テンカオをボディに突き刺すなど、クレバーな試合運びで主導権を握っている。また、ラウェイでも長身から右ハイキック、左ミドルを当てており、160cmのKINGレイナは戦いやすい相手と言える。  しかし、-57kgでも戦える熊谷にとって、-63kg契約での立ち技はどんな戦いになるか。KINGレイナは前戦アンドレ・ザ・ロケット戦では、右ストレート、右のカーフキック&ローキック、ジャブから下につなげるなど上下に散らした攻撃で完勝後、「以前のKINGレイナよりもさらにいい動きで、新しいKINGレイナとして再スタートできるような試合だったんじゃないかな」と自己評価。 「できれば海外の選手たちが本当に強い61.2kg(バンタム級)くらいの階級とか。絞って筋肉が見えてきてカッコいい身体になるって理想があるのでそれを目指して頑張ろうと思っています」と、語っていた。今回の63kg以下は、その念願の契約体重に近いと言える。KINGレイナはこのコロナ禍のなか、ドライフルーツの食事療法で本格的に肉体改造に着手した成果を出せるか。  対する熊谷は「初めて減量無しで戦います」と言い、今回のキックルールでは得意の首相撲は無いが、「(掴まないヒザ蹴りの)テンカオは使いたい。ほかにもレパートリーは増やしてきました」と自信の表情。さらに、8年間のアマチュアボクシングの経験を活かし、「パンチのテクニックには自信があります。ぜひ観てほしいですね」と、レイナとのパンチ技術の差を見せつけるつもりだ。  1R、ともにオーソドックス構え。右を振るレイナは作戦通り金網に詰めての右のオーバーハンドを振る。熊谷はジャブから右ストレートが伸びる。左ジャブも伸ばすレイナだが、左右を返す熊谷は、右から左を当てて右のテンカオ! しかしレイナも熊谷の右の蹴り足を掴んでから上体を伸ばしておいて左右を連打する。  2R、右ローを突くレイナは遠い。さらに左右で詰めるが、熊谷はさばきながらジャブ。金網まで詰めるレイナに体を入れ替える。左インローは熊谷。レイナの左右を避けて下がりながらもパンチを伸ばす。  3R、いきなり左ハイは熊谷。ブロックするレイナの左右の打ち返しに左フックを当てる熊谷! さらにボディストレート。前蹴りでストッピングする熊谷。さらにテンカオも。大きな右を振るレイナ。右を受けるが、熊谷は離れ際に右ハイ! レイナの右に左ジャブを合わせる。さらに右ストレートにレイナのスウェイは避けきれずアゴが上がる。差して金網に押し込むレイナは左右を連打するが、熊谷も最後は打ち返してゴング。  判定は2-1(29-28×2,28-29)でレイナが勝利。レイナは前に出たことが評価されたか。有効打数では勝ったように見えた熊谷にとっては厳しい判定となった。試合後、レイナは「コロナの中、たくさんの応援、ありがとうございます。シュートボクシングに続き、初めてのキックルールで苦手意識があり、攻め切れてなくてすみませんでした。もっともっと成長できるように頑張ります」と反省しきりだった。 [nextpage] ▼DEEPライト級 5分2R○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)70.5kg[1R 0分57秒 TKO]×鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu)69.85kg  大原は再起戦。プロデビューの初期はPANCRASEに参戦も、2009年12月のDEEPフューチャーキングトーナメントウェルター級で準優勝以降は、キャリアの多くをDEEPマットで戦ってきた。2018年8月と2019年10月&12月に武田光司と3度対戦しいずれも敗れており、2019年9月の岡村幸範戦での62秒KO以来ちとなる白星を狙う。前戦は、2019年12月の「DEEP 93 IMPACT」でDEEPライト級王者・武田光司に挑戦し、3R キムラロックで一本負け。  鈴木は、2017年11月のPANCRASEで田村一聖に判定負け後、「GRANDSLAM 7」で工藤諒司に、「ZST 63」で関鉄矢にいずれもTKO負けで3連敗を喫するも、2019年9月のDEEP浜松大会でDAVID木村に判定勝ちで再起。続く12月の「DEEP 93」では窪田泰斗にもスプリット判定で競り勝ち、2連勝と調子を戻している。大原とは初顔合わせとなる。  1R、ともにオーソドックス構え。組んで離れ際の打撃は鈴木。左右連打でアグレッシブに攻めるが、ガードする大原はヒザ蹴りを効かせると、蹴り足を掴んでテイクダウンに来た鈴木に下から蹴り上げ! 効かされた鈴木は前のめりにダウン! すぐにレフェリーが間に入った。大原はケージに登り、「見たか、これが俺だ!」と絶叫。  大原は試合後、リング上で「久しぶりの復帰戦。今回の勝ちはジムのみんなが支えてくれて、怪我のときも接骨院の方に支えていただき、これは俺だけの勝ちじゃない。みんなの勝ち。でもここから1週間、俺を褒めてね(笑)」とマイクで語った。 [nextpage] ▼DEEPライト級 5分2R×LUIZ(禅道会)70.8kg[判定0-3] ※18-20×3○大木良太(KRAZY BEE)70.8kg  禅道会のLUIZは、2019年3月に高塩竜司に1R、ギロチンチョークで一本勝ち。12月にもイム・ヨンジュを1R、ニンジャチョークで極めるなどフロントチョークで2連勝中。  対する大木良太はフルコンタクト空手出身。2015年1月に侍マーク・ハントをTKOに下し激突85kg王者に。2017年4月のWARDOGではキム・デファンに1R KO負け。しかし、2019年2月にKRAZYBEEに移籍し、10月に高塩竜司を1R TKO。12月に佐々木大に判定勝利し2連勝中だ。  1R、サウスポー構えの大木は左の蹴りは上下に突く。ローはカーフキック狙い。オーソドックス構えのLUIZはガードを固めて圧力をかけ直すが、左右を振って押し戻す大木は四つに。2R、ルイスが前にプレス掛けるも手が出ず、大木が下がりながらもジャブ、ワンツーを出してペースを握らせず。最後はLUIZが首相撲もやはり攻撃が出ず、2Rフルマークの判定で大木が制した。 [nexapage] ▼DEEP95kg以下 5分2R×ジョシュア・ロビンソン(ロデオスタイル)94.95kg[2R TKO] ※パウンド○中村圭佑(MAXI GYM)94.2kg  ともにオーソドックス構え。グレコローマンレスリング出身の中村のワンツーに鼻血のロビンソンだが、ノーガードで前に詰める。  2Rでジャブ&ローを当てる中村は右を当てると、ダブルレッグへ。金網まで押し込みバックテイクから小外がけでテイクダウン。背中をつかせる中村はハーフからパウンド。コツコツと当てて、レフェリーを呼び込んだ。中村はプロデビュー戦でTKO勝利。 [nextpage] ▼DEEPフェザー級 5分2R ×高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ)65.85kg[1R 2分53秒 三角十字]○鬼山反猫(KRAZYBEE)66.0kg  1R、左で差して金網に押し込む鬼山はDEEP初参戦。突き放す高塩はワンツーを放つが、そこを掻い潜って鬼山が組みに行く。片足をかける鬼山に高塩はアームロック狙いもすっぱ抜けて下になると鬼山はバックに。前に落とそうとする高塩だが、鬼山は後ろ三角から腕を極めてタップを奪った。 [nextpage] ▼DEEPフライ級 5分2R○渋谷カズキ(高本道場)56.85kg[判定2-1]※19-19×3(マスト判定渋谷2票、加藤1票) ×加藤瑠偉(KRAZYBEE)56.60kg  フライ級で、PANCRASEからFighting NEXUSを経て、DEEPで1勝1敗、ZSTのグラップリング大会「GTF.4」予選大会60kg以下級では、N.O.Vをヒザ十字に、長野将大を腕十字に極めて7月26日の本戦出場を果たしている渋谷カズキ(高本道場)が参戦。『格闘代理戦争』で魔裟斗軍として出場した加藤瑠偉(KRAZYBEE)と対戦する。  1R、オーソドックス構えの渋谷にサウスポー構えの加藤。低いシングルレッグを狙う渋谷も切る加藤。渋谷は自らキックし、その蹴り返しを狙って組みに行くが、ここは加藤もバックテイクさせず突き放す。加藤の左ローをかわす渋谷。しかし加藤の左アッパー、フックには反応出来ず。  2R、近距離になってきた両者。加藤のパンチの打ち終わりにダブルレッグテイクダウンは渋谷。ハーフから左で枕に巻き、右で脇にパウンドする。右で脇差しパスを狙う渋谷。頭を抱える加藤にヴォンフルーチョークも狙える渋谷。    背中を見せて立とうとする加藤のバックに回る渋谷だが、加藤が横に落としてゴング。判定は19-19×3もマスト判定で2票を得た渋谷が勝利した。 [nextpage] ▼DEEPストロー級5分2R○林豊(パラエストラ松戸)52.69kg[1R 4分03秒 TKO]×キンタ・ジ・エンド(KIBAマーシャルアーツクラブ)52.35kg (試合前コメント) 林「僕が前回試合をしたのは1年前で、今日までずっとトレーニングしてきたのでステータス的には上がっていると思います。ライブ配信や会場に来る皆さん、どれだけ伸びているのか楽しみにしていてください」 キンタ「結構、名前でバカにされるんですけど、オーロラ先輩につけてもらった名前で誇りに思っています。高塩先輩と大原選手にしっかり繋げられるように頑張ります」 アマチュアファイト ※メイン終了後に実施▼DEEPフェザー級 アマチュアルール 3分2R○大竹修斗(パラエストラ柏)[1R 2分54秒 TKO]×田中ユラ(Y&K MMA ACADEMY)  1R、ヘッドギアありのアマチュアファイト。ともにオーソドックス構え。蹴りが前足・後ろ足ともによく伸びる大竹。田中は中に入って右フックを振る。田中の後ろ廻し蹴りをかわす大竹。右ロー、右ミドルを打ち込むと左右ラッシュ。金網で連打を受ける田中を見て、早めにレフェリーが間に入った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事