GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【RIZIN】扇久保博正が朝倉海戦を振り返る「終わった直後は本当に辞めようと思った」

2020/08/17 09:08
 2020年8月10日(月・祝)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『RIZIN.23- CALLING OVER -』のメインイベントで、朝倉海(トライフォース赤坂)と第3代RIZINバンタム級王座を懸けて対戦した扇久保博正(パラエストラ松戸)が、17日(月)に自身のYouTubeチャンネルを更新。試合を振り返った。  何度も「朝倉選手は強かった」と言う扇久保。「1Rは、朝倉選手は最初の2分、けっこう映像を見てめっちゃ動き良いのは研究していたので、最初の2分は僕は手を出さないでインローを蹴ってっていう作戦だったんですよね。で、2分過ぎてからタックルとか入れようって鶴屋さんと話をしてたんですけれど…でももう完全に、コールされる前とか待っている時に、今日はタックルに行くの辞めようと思って。よし今日は打撃で盛り上げようとか勝手に自分で決めちゃって」と、直前になって用意していた作戦を切り替えてしまったことを告白。 「ファーストコンタクトの左ボディはめっちゃ効きました。一発目ボディ…僕も右フックを打ったんですよね。ボディを合わされてそこからは、自分から打つのは戸惑ったところはあるかもしれない。打撃で入りづらくなったところはあったかもしれない」と、一発目のボディが効いたとし、「蹴りを打ってくるとは予想していなかった」と朝倉がハイキックを出してきたのは意外だったとも。  最後に効かされたのはアッパーかヒザ蹴りかは覚えていないが、「(試合で打撃を効かされたことは)あまりないです。見えていないところから打たれたので効いたのかもしれないです」と、見えなかったと話した。 「もっと盛り上がる試合が出来なかったのがかなり悔しいですね」と、試合に負けたことに加えて激闘を展開できなかったことが悔しいとする。 「終わった直後は本当に辞めようと思ったんですけれど、俺はダメだと思ったんですけれど、悔しいので」と、引退が頭をよぎったが、時間が経つと「自分のメンタル面もそうだし、戦略もそうだし、いろいろ本当にめちゃくちゃ課題が見つかったんで」と、まだまだ強くなれると感じたという。 「このままでは終われない。ここからもう一回這い上がってベルトを獲る」と、まだまだ諦めないと力強く語っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事