GLORIOUSGLORIOUS
キックボクシング
インタビュー

【KNOCK OUT】重森陽太、社長に試合を見に来てもらって社員採用、スーパーハードな二刀流

2020/08/11 09:08
【KNOCK OUT】重森陽太、社長に試合を見に来てもらって社員採用、スーパーハードな二刀流

重森は会社員とキックボクサーの二刀流

 2020年9月13日(日)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』。当初、予定した同月12日の大田区総合体育館より、会場と日程が変更となり、第1部(昼12時開始)はBLACKルール(ヒジなしルール)の試合、第2部(夜18時開始)はREDルール(ヒジありルール)の試合という2部制でおこなわれる。

 第2部の注目は「創世のタイガGRAND PRIX 61.5kg RED 初代王座決定トーナメント」。4人の現役チャンピオンが集結し、ワンナイトトーナメントでKNOCK OUT王者を決する。

 新日本キックボクシング協会からは「神撃キッカー」重森陽太(伊原道場稲城支部)が参戦する。老舗の看板を背負い、プレッシャーの掛かる大一番をどんな思いで迎えるのか。

『あと何年くらいキックボクシングをやれるんだろう?』と思うと毎日頑張れる

 重森陽太は、常に笑顔を絶やさず、物腰柔らかで、相手を構えさせない人である。

「一応、ジムではトップなんですけど、小学生に『陽太君、いまゲームは何してるの?』って普通にため口をきかれますよ(笑)。夜中に荒野行動の招待が届いて、やんねえよ、って(笑)。そういうの、多いんですよねぇ」

 普段は株式会社日本設計工業に勤務する会社員。兼業ファイター自体は珍しくないが、その多くがスポンサー企業にバックアップして貰う形の中、重森は異色の存在である。

「自分は普通に就職活動をして入社しました。合同説明会に行きまくって、エントリーシートを出して、面接を一次、二次、三次まで受けました」

 就活の時はあえて一般の学生とは一線を画し、プロの格闘家の部分を全面に押し出す作戦を採った。

「普通の履歴書とは別に『キックボクサー・重森陽太』の履歴書を作成して提出したんですよ。何歳からキックをやっていて、こんなタイトルを獲ってきて、今はこんな状況です、と会社に提出しました。大学(亜細亜大学)も一芸(一芸一能入試)で入ったんですけど、大学も企業も『オリンピック競技かどうか』は強く問われます。『オリンピックに入ってない競技』に対しては正直、厳しいです。なので、マイナースポーツというのを理解した上でのPRが必要になるんですね」


 重森は、面接の場でこうアピールした。

「社長に『自分、キックボクシングをやっています。でも会社員になりたいんです。1度、試合を見に来て下さい』とお願いしました。それで、会場に試合を見に来ていただいて、採用が決まったんです」

 社員の中には重森のようなプロスポーツ選手はおらず、会社側は特例として重森の『社員兼プロキックボクサー』の二刀流を応援してくれている。

「勤務時間はフルタイムではなくて、朝練、夜練の時間は確保して貰っていますし、平日に記者会見がある時も出勤扱いにして貰えます。今はコロナの影響でリモートですけど、週2で出社していますし、業務は忙しいですよ。
 仕事は営業と人事の半々くらいですね。大学に行って学生さんに自社のPRをしたり。僕にとっては、しっかりと仕事のスキルを身に付けて経験を積みながら、キックボクサーとしての活動も続けられている。とてもいい環境でやらせて貰って感謝していますし、こういう環境を作れて満足しています」

 とはいえ、会社員の日常業務とキックボクサーのハードトレーニングの両立は、言うほど簡単ではないはず。
 重森の答えは明快だった。

「仕事とキックと、今は現状で一杯一杯ですけど『あと何年くらいキックボクシングをやれるんだろう?』と思うと毎日頑張れますね。『寿命が分かった方がいいか、分からない方がいいか』というたとえ話がありますけど、キックは『分かってる寿命』ですよね。あと何年かしたら辞めることになると思うと、練習も頑張れますし、試合もどんどん挑戦していきたいです」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事