GLORIOUSGLORIOUS
キックボクシング
レポート

【Krush】ゴンナパーが必殺ミドルキックで篠原悠人にリベンジ&3度目の防衛、堀井翼と金子大輝は反則決着に

2020/06/28 14:06
【Krush】ゴンナパーが必殺ミドルキックで篠原悠人にリベンジ&3度目の防衛、堀井翼と金子大輝は反則決着に

強烈な左の蹴りで篠原(左)を完封したゴンナパー

「Krush.113」
2020年6月28日(日)東京・新宿FACE

▼メインイベント(第9試合)Krushライト級タイトルマッチ 3分3R延長1R
〇ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
×篠原悠人(DURGA/第6代Krushスーパー・ライト級王者/挑戦者)
※ゴンナパーが3度目の防衛に成功。


(写真)篠原の左フックに対し、蹴る時は右のガードを高く上げていたゴンナパー

 ゴンナパーはタイで100戦以上のキャリアを積み、2010年から日本を主戦場に。日本人キラーとして名を馳せ、2016年9月からK-1 JAPAN GROUPに参戦。2018年4月に佐々木大蔵を下して第5代王座に就き、同年9月には大沢文也の挑戦を退けて初防衛に成功。今年1月には横山巧に勝利して2度目の防衛に成功している。今回は篠原悠人(DURGA)の挑戦を受けての3度目の防衛戦。戦績は106勝(22KO)29敗3分。


 篠原は高校生時代にK-1甲子園2015 -65kgで優勝し、2016年4月にK-1初参戦。2018年K-1ライト級世界最強決定トーナメントでは1回戦でゴンナパーをKOする大番狂わせを起こして3位になり、2018年8月にはKrushスーパー・ライト級王座に就いた。同王座は返上してライト級に本格転向し、3月には大沢文也を、8月には川崎真一朗をそれぞれ破っている。今回は2階級制覇を狙ってのタイトル挑戦となる。戦績は13勝(6KO)3敗。


 1R、先手は篠原が右の三日月蹴り。その後も篠原は右三日月蹴りと左ボディでゴンナパーのボディを狙い撃ち。ゴンナパーは左ミドルを蹴り、その強烈なミドルを篠原が腕でブロックしているのが気になる。


 2R、ロープを背にして回り込む篠原は前に出て来るゴンナパーへ右ストレート、左フック、右アッパー。右の三日月蹴りも変わらず蹴る。しかしゴンナパーは前へ出て左ミドルに加えて左ロー、右フックも振るう。左ミドルで篠原が身体ごともっていかれる場面も。


 3R、篠原は徹底的にボディを左右のパンチと右三日月蹴りで攻めていくが、ゴンナパーの左ミドルを腕で受けて仰け反らされる。篠原はパンチのコンビネーションを繰り出すが、ゴンナパーの強い左ミドル&ローのインパクトにかき消されてしまう。


 前に出て攻めの姿勢を見せたゴンナパーが、危なげなく3Rを戦って判定勝ち。リベンジを果たし、3度目の防衛に成功した。


 ゴンナパーはマイクを持つと「今日は勝って防衛できて嬉しいです。身体が軽く感じました。長く練習してきた成果だと思います。この次はK-1のベルトに挑戦したいです。誰が一番か早く決めたいです。林選手、9月にチャンスがあれば戦いたいと思います」と、K-1ライト級王者・林健太への挑戦をアピール。


 林もリングに上がり、「3月期待してもらったのにアゴの骨を折られて負けてしまった(朝久泰央戦)。林は世界チャンピオンなのに強くないと思われているので、9月の相手はゴンナパーで決まってください。ゴンナパーに勝てば全部取り返せるので9月にやりたい」と、自分もゴンナパーと戦いたいと宣言。

 両者は2017年11月に対戦し、ゴンナパーが1R2分7秒でKO勝ちしている。今回のゴンナパーと同じく林が防衛戦&リベンジマッチということになる。正式発表が待たれるところだ。


 試合後、篠原は「ミドルをもらってしまって思ってるように動けなかった。圧力は想定内でしたが、そこに合わせるのが単発すぎた。(三日月)考えていた。(右腕は)1Rからもらい続けたらヤバいと思っていました。ミドルを蹴ってくることは予想していたんですが、向こうも対策していてヒザをたたんで蹴ってきたのでそれをもらってしまった。僕が弱かっただけです。まだまだ弱いのでまた一から鍛えなおしたいと思います」と敗因を語った。

▼セミファイナル(第7試合)Krushライト級 3分3R延長1R
〇堀井 翼(K-1ジム五反田チームキングス)
反則勝ち 1R 1分45秒
×金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン/Air KBZゴールデンベルトチャンピオンシップ 2017年67kg級王者)


 堀井は1月大会で山崎秀晃にKO負けして以来の試合となり、所属が今回からK-1ジム五反田チームキングスに変更。またスーパー・ライト級からライト級に階級を下げての参戦となる。金子も同じく1月以来の出場となり、前戦は里見柚己にKO負け。


 2019年3月の『Krush.99』でK-1 JAPAN GROUPに初参戦した堀井は、1Rにダウンを奪われながらも3度のダウンを奪い返して1R2分46秒でKO勝ち。その試合のインパクトもさることながら、もっと話題を集めたのは試合前の個性的すぎる“メンチ切り”だった。堀井が「フラッシュバック」と命名したこのメンチ切りは、相手に背中を向けてエビ反りになって相手を睨みつけるというもの。


 しかし、6月の瑠久戦では喧嘩っ早さが仇となり、記者会見で乱闘騒ぎを起こして会見は中止に。試合では瑠久に判定で敗れ、10月にはKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者・不可思にTKO負け。現在3連敗中で通算戦績は5勝(4KO)3敗3分となっている。


 金子はMMA(総合格闘技)からミャンマーの頭突きありの超過激格闘技ラウェイに転向。2017年12月にはミャンマー・ヤンゴンで開催されたAir KBZ(エアカンボーザ)チャンピオンシップに出場し、67kg級でこの大会の2017年王者となった。2019年6月、K-1への参戦を表明し、11月に初参戦して独特の動き・リズムを見せて林健太を戸惑わせたが、最後は右ストレートでKO負けを喫した。現在2連敗中でキックボクシングの通算戦績は1勝3敗。


 1R、サウスポーの金子のローキックがいきなり堀井の急所に入ってしまう。再開後、パンチと蹴りを交換したところで、再び金子のローが急所を直撃。堀井には休憩が与えられる。再開後、堀井は鋭い右ミドル、金子は左右フック。前に出てどんどん手を出す金子に押され気味の堀井だが、またも金子のローが急所に入って悶絶してしまう。


 休憩を与えられるも堀井は吐き気を訴え、股間を抑えての悶絶が続く。時間が経過したところで審議が行われ、堀井は試合続行不可能と判断されて試合はストップ。「1R中に3回同じローブローがありました。偶発性とはいいがたく反則裁定とさせていただきます」との説明があり、堀井の反則勝ちとなった。

 公開練習や前日会見で、堀井がネタにしていた急所蹴りで反則決着になるという皮肉な結果となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事