AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN】マネル・ケイプが朝倉未来に対戦要求「どの体重でもいい。本物の男と戦え」=2月22日(土)浜松

2020/02/22 09:02
【RIZIN】マネル・ケイプが朝倉未来に対戦要求「どの体重でもいい。本物の男と戦え」=2月22日(土)浜松

2020年2月22日(土)に静岡・浜松アリーナにて開催される『RIZIN.21』に向け、RIZINバンタム級(61kg)王者のマネル・ケイプ(アンゴラ)が来日。朝倉未来に宣戦布告した。

2019年大晦日の『RIZIN.20』で朝倉海(トライフォース赤坂)とRIZINバンタム級(61kg)王座決定戦を争い、2R 0分38秒、TKO勝ちで新王座に就いたケイプ。今回は格闘技の先輩であるファルコ・ネト(ポルトガル)のセコンドとして来日した。

しかし、公開計量で壇上に立った朝倉未来を見ると、表情が一変。「ミクルが望む体重で対戦してやる。ほんとうの男と戦いたいなら、俺みたいな男と戦わないと意味が無い」と階級を越えての対戦を強くアピールした。

マネル・ケイプ「冷血な男の感情を壊すのが楽しみ」

──今回の来日はファルコ・ネト(ポルトガル)選手のセコンドが目的ですね。

「そうさ、俺の兄貴分であるネトが試合に出るから応援とサポートのために日本に来たんだ。彼はほんとうに努力家で多くの練習を積んできた。フットボールプレイヤーからBJJ、キックボクシングを習得しMMAファイターになった。そして僕のメンター(助言者)だ。彼を日本のみんなに紹介したかった。自分の“ブラザー”たちをもっと日本に紹介したいと思っているよ」

──初めてネトと会ったのは?

「7歳か8歳の頃だった。ネトは僕に様々なスキルを教えてくれたし、僕がトラブルに巻き込まれたときや、よくない仲間に誘われたときも正しい道に導いてくれたんだ。ずっと面倒を見てくれた、ほんとうに兄貴のような存在なんだ」

──地元にベルトを持ち帰ることはできたのですか。

「まだタイで練習したり、さまざなビジネスもあってポルトガルに帰れていないんだ。落ち着いたらアンゴラにも帰りたい。というのもアンゴラの大統領から謁見のお誘いがあって、ポルトガルの小学校からも招待されているんだ」

──今回、あなたがベルトを持つバンタム級に新しい選手も参戦しています。金原正徳選手、井上直樹選手、さらにビクター・ヘンリーやトレント・ガーダム選手も2戦目を迎えます。気になる選手はいますか。

「全く気にならない。ビクターもほかのやつらも試合を見たけど、俺の敵じゃない。ほんとうに全く脅威に感じないんだ。眼中にない。俺はいまミクル・アサクラ(朝倉未来)と戦いたくて、ヤツが望む体重でもなんでもいいからミクルとやりたいんだ」

──どうして別階級の朝倉未来選手にそこまで固執するのですか。

「アサクラブラザーズの兄でRIZINの人気選手ということもあるけど、何よりもヤツが非常に冷血な男で、恐怖を感じないと言っているよね。そういう人間の感情を壊していくのが楽しみなんだ。それにミクルはとてもスマート(賢い)なファイターだ。素晴らしい戦略も持っている。でも俺がファイターとしてだけでなく、アスリートとして世界で最も頭がいい選手だということを証明したいんだ」

──すごい自信ですね……。では3連戦になっても構いませんか。挑戦権を得ている扇久保博正選手、再戦を望む朝倉海選手、朝倉未来選手と。

「……オオギクボとやるのは時間の無駄だ。まあ、RIZINが望むならいつでも準備は出来ている」

──扇久保選手は決してイージーな相手ではありませんよ。次の試合はいつ頃には戦いたいですか。

「俺を振り向かせるだけのものを見せてくれよ。次の試合はいつでもいい。自分はベルトを獲った後も休まず、ハードトレーニングを続けてきた。何なら、今日、負傷者が出たら俺が試合をしたっていい」

──では最後に、今日のメインで戦う朝倉未来選手にメッセージを。

「ミクル、今日は勝ってもらわないと困るぜ。RIZINがクソみたいな相手を用意してくれたから、ソイツにまずは勝ってもらわないと。でもほんとうの男、ほんとうの対戦相手とベルトを賭けて戦いたいなら、俺みたいな男と戦わないと意味が無い。俺はココにいる」

ファルコ・ネト(マルキーニョスと対戦)
「ケイプと互いに高め合ってきた」

「MMAは11勝10敗。判定に結果を委ねたことは2試合のみで、白星のうち約8割が打撃でフィニッシュしているよ。2019年4月にはBellatorにも出た。フットボールが盛んなポルトガルでジュニアリーグまでやって、BJJ、キックボクシング、MMAをやることになった。2004年から2005年頃はラッパーとしても活動していた。CDを出したこともあるよ。

母がインド国籍のモザンビーク出身で、ポルトガルでマネル・ケイプと出会ったんだ。ケイプは弟のような存在で、子供の頃から一緒に練習している。互いにどういう風に高め合えるか試行錯誤してきた。彼はまだ子供だった頃から大きな選手とやってきた。互いに良いところがあって、マネルは身体が強くなり、僕はスピードに対応できるようになったんだ。

様々な障害があったけど強くなった。RIZIN参戦が決まって非常に嬉しかったよ。ここで試合をすることは目標だったからね。マルコス・ソウザとは互いに得意分野で勝負することになるだろうね。そこの凌ぎ合いだ」

【関連記事】
朝倉未来「KOします」=全選手が計量をパス
朝倉未来がリスクを負う宣言「それで結果が動いたとしても面白い試合がしたい」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事