キックボクシング
レポート

【新日本キック】強烈な蹴りの連打とダウン奪われ勝次敗れる、新設のベルトは外部流出で大荒れの幕開け

2020/02/02 21:02
【新日本キック】強烈な蹴りの連打とダウン奪われ勝次敗れる、新設のベルトは外部流出で大荒れの幕開け

重い左ミドル&ハイを連発したロンペット(左)が勝次からダウンを奪っての完勝

新日本キックボクシング協会「MAGNUM 52」
2020年2月2日(日)東京・後楽園ホール

▼第11試合 62.5kg契約 3分5R
×勝次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級王者)
判定0-3 ※45-50×3
〇ロンペットY’Z D GYM(タイ)


 勝次は昨年10月、悲願であったWKBA世界王座を獲得し、12月にはREBELS王者の丹羽圭介を激闘の末に下して連勝中。2020年初戦は35勝(10KO)19敗の戦績を持つロンペットとの対戦を迎えた。


 1R、サウスポーのロンペットに勝次は独特の前蹴りで足を蹴る。ロンペットは勝次が右ストレートを放つと、思い切った左ストレートを打ち返し、左ミドルからの左ストレートを積極的に打って行く。


 2R、薄笑いを浮かべるロンペットは重い左ミドルを連発。勝次は腕でブロックするが、その重さに大きくバランスを崩す。さらにロンペットは左ミドルと左ハイを連打。追い詰められた勝次だったが、飛びヒザ蹴りで形勢を逆転し、パンチでロンペットにロープを背負わせた。


 3Rも強烈な左ミドル&ハイを連発して勝次を追い込んでいくロンペット。さらにハイをガードさせておいての左ボディストレートも突き刺さる。勝次は足への前蹴りと右ストレートで応戦するが、ロンペットの重い蹴りに苦戦する。


 4R、やや疲れが見えるロンペットだが、左ミドルとそれをフェイントにした左のパンチを勝次に決めていく。勝次は飛びヒザ蹴りに活路を求め、パンチにつないでいくがなかなかクリーンヒットを奪えない。ロンペットの左ミドルが強烈な印象を残す。


 5Rも強烈な左ミドル&ハイをもらい続ける勝次。両腕でガードするのがやっとの状態だ。勝負に出た勝次が左フックからの右ストレートで前に出ると、ロンペットが左フックでダウンを奪う。勝次は飛びヒザ蹴りとパンチで逆転を狙うが、首相撲に捕まってコーナーへ押し込まれたままヒザを連打され、万事休す。大差の判定でロンペットが勝利を収めた。

▼第10試合 62.5kg契約 3分3R
〇重森陽太(伊原道場稲城支部/WKBA世界ライト級王者)
TKO 3R 2分19秒 ※左ボディブロー
×デッパノム・チューワッタナ(タイ/元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級王者)


 2019年の重森は新日本キックのみならず、KNOCK OUTやシュートボクシングのリングにも乗り込んでいって勝利を収めた。2020年初戦で迎えた相手は、重森がタイへ行った時にコーチやセコンドを務めてくれた恩人との対戦という巡り合わせに。デッパノムは87勝(70KO)100敗3分の戦績を持つ大ベテラン。


 1Rはローとミドルの蹴り合いで両者様子見。重森の強い左ローが目立った。


 2Rも大きな展開はなかったが、重森はテッパノムが左ミドルを蹴ると必ず右ローを蹴り返す。


 3R、左ミドルの蹴り合い、重森の左右フックが見られるが試合は動かない。デッパノムも左ミドル、ワンツーとこのラウンドは手数を増やす。重森は右ローを蹴り、左ミドルを連打でクリーンヒットさせる。そしてロープを背負ったデッパノムに左ボディブローの2連打。これでデッパノムは悶絶して倒れ、重森のTKO勝ちとなった。


 マイクを持った重森は「相手は元ラジャダムナンのチャンピオンで昔からお世話になっている方です。タイに試合に行く時はいつもセコンドに就いてもらったりミットを持ってもらったりお世話になっていた方。成長した姿を見せられればと思って試合をしました。テクニックを持っていてやりにくかったんですが、セコンドに言われてボディで倒せました。今年1年、また盛り上げます」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.328
2023年9月22日発売
特集「MMAストライカーズ」では、RIZINアゼルバイジャンで王者ケラモフに挑む鈴木千裕が巻頭。皇治、武尊×ロッタンも。「パンクラス30周年」特集では、鈴木みのる、ルッテン、ジョシュが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント