MMA
ニュース

【ZST】DEEPから凱旋の王者・竿本樹生が清水俊裕と対戦。平信一vs佐野哲也、旧RINGSルールで伊藤健一vs飯塚優、グラップリングで伊藤盛一郎vs長谷部悠、鍵山士門vs杉本孝も=1月26日(日)新宿昼夜大会

2020/01/04 19:01
【ZST】DEEPから凱旋の王者・竿本樹生が清水俊裕と対戦。平信一vs佐野哲也、旧RINGSルールで伊藤健一vs飯塚優、グラップリングで伊藤盛一郎vs長谷部悠、鍵山士門vs杉本孝も=1月26日(日)新宿昼夜大会

(C)ZST

2020年1月26日(日)東京・新宿FACEにて開催される『ZST.67/SWAT!171』の主要対戦カードが発表された。昼大会の「SWAT!171」は13時開始、夜大会の「ZST.67」は18時開始となっている。

夜大会の「ZST.67」には、第4代ZSTフライ級王者の竿本樹生(BRAVE GYM)が参戦。“ZSTの仮面ライダー”こと清水俊裕(総合格闘技宇留野道場)と対戦する。

2018年5月に加マーク納に判定勝ちし、ZSTフライ級王者に輝いた竿本は、同年10月に前王者の伊藤盛一郎を2R判定で撃破。2019年は5月に佐々木亮太に判定勝利後、12月5日にはDEEPに初参戦。ケージの中でハシャーンフヒトに判定勝利し、現在9連勝を飾っている。ZSTに凱旋する今回は、1階級上のライダーHIROこと清水俊裕と「バンタム級」で対戦する。

清水は2019年7月に青森で行われたGFG(Global Fightingsport Game)で梶川卓と対戦予定だった竹内直矢の欠場により、緊急参戦。実力者の梶川に1R、リアネイキドチョークで一本勝ちを収めると、8月の「ZST 66」では、諏訪部哲平に判定勝利。続く12月の「ZST in 師走」では所英男の愛弟子・萩原一貴に三角絞めで一本勝ちするなど、現在3連勝をマークしている。

RIZIN出場をアピールしている竿本が連勝記録を「10」と伸ばすか。それとも師走大会で一本勝ちを見せた清水俊裕が15年目のキャリアの集大成を見せるか。

また、PANCRASEに参戦していた前ライト級王者・平信一がZSTにカムバック。THE OUTSIDER70-75kg王者(現在は返上)の佐野哲也と激突する。2018年10月のZSTライト級タイトルマッチで小金翔に判定負けで王座陥落した平は、2019年1月にベン・ブッカンに判定勝利後、PANCRASEに参戦。デカゴンで松岡嵩志に判定負け後、阿部右京に判定勝利と1勝1敗でZSTリングに戻ってきた。

佐野は、2019年1月の「SWAT! 168」でのグラップリングバウトで平山学にダースチョークで一本勝ち後、5月の「ZST 64」でマックス・ザ・ボディにスプリット判定勝ちしており、「THE OUTSIDER王者時代から対戦を熱望していた」という平との、「ZST対THE OUTSIDER対抗戦最終章」で連勝を狙う。なお、この試合は、平からの要望により、ZSTルールにヒジでの攻撃を追加した特別ルールで行われる。

さらに、伊藤盛一郎もグラップリングマッチ(GTルール)で登場。柔術でも活躍する長谷部悠と対戦。昼の部の「SWAT!171」では、鍵山士門vs杉本孝のグラップリングマッチも決定しており、続々とグラップリングの強豪がZST参戦を果たしている。

その他にもRXルール(旧RINGSルール)では“戦うIT社長”伊藤健一が、プロレスラーとして活躍する飯塚優と対戦する。第4回品川区グラップリング大会74kg以下級準優勝など、アマチュア格闘技にも積極的に参戦し、HEAT-UPでヴォルク・ハンの腕極め首卍からの投げ技「コマンドスープレックス」を得意とする飯塚は、こよなく愛するというRINGSのルールで、ZSTのベテラン伊藤相手にどんな戦いを見せるか。伊藤は2016年11月にリトアニアで行われたイグナス・バリサス戦以来の試合となる。

またKOKルールの小林優vs長野将大、GTタッグマッチなど、多種多様なカードが発表されている。新体制で初のナンバーシリーズとなるZSTの開幕戦に注目だ。

「ZST.67」対戦カード

▼ZST特別ルール ライト級 5分2R ※肘あり
平信一(綱島柔術)
佐野哲也(チームSOS)

▼ZSTルール バンタム級 5分2R
竿本樹生(第4代ZSTフライ級王者/BRAVE GYM)
清水俊裕(総合格闘技宇留野道場)

▼GTルール 59kg以下契約 7分1R
伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)
長谷部悠(リバーサルジム新宿Me,We)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
木下尚祐(和術慧舟會GODS)
安富北斗(リバーサルジム新宿Me,We)

▼ZSTルール 63kg以下契約 5分2R
直斗(総合格闘技宇留野道場)
原口 央(BRAVE GYM)

▼KOKルール フライ級 5分2R
小林 優(パラエストラ吉祥寺)
長野将大(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)

▼ZSTルール バンタム級 5分2R
二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)
諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
小川将貴(ピロクテテス新潟)
古根川充(U-FILE CAMP登戸)

▼ZSTルール バンタム級 5分2R
上田直毅(パラエストラ東京)
若林康弘(SAI-GYM)

▼RXルール ライト級 10分1R
伊藤健一(フリー)
飯塚 優(HEAT-UP)

▼GTタッグルール 合計体重150kg 10分1R
高須将大&柴崎弘道(ストライプル茨城)vs.
高本裕和&渋谷カズキ(高本道場)

SWAT! 171

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
森山壱成(SONIC SQUAD)
加藤貴大(BRAVE GYM)

▼ZSTルール ウェルター級 5分2R
餅瓶太(和神会)
菊池叔慶(リバーサルジム戸塚グランドスラム)

▼GTルール 73級kg以下契約 7分1R
寺本大補(リバーサルジム横浜グランドスラム)
ベン・ブッカン(T.GRIP.TOKYO/総合格闘技津田沼道場)

▼GTルール フェザー級 7分1R
杉本 考(パラエストラTB)
鍵山士門(Physical Space)

▼GTタッグルール 合計体重140kg以下 10分1R
松本大輔&佐藤博秋(IMNグラップリング) vs
高尾広喜(リバーサルジム横浜グランドスラム)
篠宮敏久(綱島柔術)

▼GTルール 67kg以下契約 7分1R
長谷佑馬(10th planet tokyo)
手塚勇太(和神会)

▼GTルール 無差別級7分1R
澤宗紀(フリー)
東海政太郎(RBアカデミー)

▼GTルール ウェルター級 7分1R
コクエイ・マックス(パラエストラ川崎)
西村 刀(フリー)

※出場予定選手
石井巧太郎(マルワジム横浜)
内山拓真(ボンサイ柔術)
土田伸一(ストライプル茨城)
岸野紘樹(トイカツ道場)

※順不同。その他、アマチュア2試合を予定

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント