AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【ONE】内藤大樹がONE2連勝、澤田龍人はボカンに判定負け。格闘代理戦争のチャンミンがONE4連勝、サムエー、ラマザノフが新王者に=12.6 マレーシア

2019/12/06 20:12
【ONE】内藤大樹がONE2連勝、澤田龍人はボカンに判定負け。格闘代理戦争のチャンミンがONE4連勝、サムエー、ラマザノフが新王者に=12.6 マレーシア

(C)ONE Championship

2019年12月6日(金)マレーシア・クアラルンプールのアシアタ・アリーナで「ONE:Mark of Greatness」が開催された。

▼ONE SUPER SERIES キックボクシング世界ストロー級王座決定戦 3分5R
〇サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)
[判定3-0]
×ワン・ジュングァン(中国)
※サムエーが新設されたONEキックボクシング世界ストロー級王者に

367勝を誇る36歳のサムエーはEVOLVE所属。ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級とスーパーフライ級の2階級、ムエタイ協会スーパーバンタム級とスーパーフライ級とフェザー級の3階級を制覇した実績を持つレジェンド。ONE最初のムエタイの試合を戦ったサムエーは、ONEフライ級ムエタイ世界王者にもなったが、今回王座を争うストロー級が主戦場となる。金網の中ながら、オープンフィンガーグローブとは異なる初のキックルール(ヒジ無し・組み無し)でのボクシンググローブを直用し王座を目指す。

対する24歳のジュングァンは2017年9月にK-1で武尊に判定負け後、2年間無敗。2019年10月のONEでの前戦では那須川天心とも対戦経験があるフェデリコ・ローマに1R KO勝利している。

1R、オーソドックス構えのジュングァンとサウスポー構えのサムエー。左ストレート、左ミドルはサムエー。ジュングァンはオーソからスイッチしながら左ストレートを振る。対するサムエーは下がりながらジュングァンの打ち終わりに左を当てる。左右連打はジュングァン。ガード固めるサムエーはジュングァンの蹴りをスウェイでかわす。

2R、圧力かけるジュングァンは左のバックフィストもかわすサムエー。鋭い左で正面を打ち抜きサークリングで回る。互いに左ロー。さらにサムエーは左ロー! 金網まで詰めるジュングァンだが連打にガード固めるサムエーはその打ち終わりに左を狙う。ジュングァンの右ハイをスウェイでかわすサムエーは、左ミドルを返す。

3R、詰めるジュングァンの軸足を払うサムエー。左右を強振するジュングァンに左ハイを狙う。距離が空くとサムエーは左ミドル。ジュングァンの右ストレートをぎりぎりのところでスウェイでかわす。入り際と打ち終わりを狙うサムエー。歩きながら前進し左ストレートを伸ばすジュングァン。かわすサムエー。

4R、オーソからワンツーで詰めるジュングァンに左に回るサムエー。バックフィストもかわすが、ジュングァンは金網でスウェイしにくいところを狙うが、サムエーは巧みにサークリングし、追ってくるジュングァンに左テンカオ、ミドル。ジュングァンも左フックを当てるがクリーンヒットならず。

5R、ジュングァンの入り際に左右のミドルハイを肩口に当てるサムエー。猪突猛進でパンチの回転で勝負するジュングァンはサウスポー構えにスイッチしながら右・左ストレートへ。金網まで詰めてさらに連打し最後のヒットを狙うが、クリーンヒットはさせないサムエーは打ち終わりに左ストレート、左ミドルを入れる。

判定は3-0でサムエーが勝利。新設されたONEキックボクシング世界ストロー級王者となったサムエーは、秦アンディ英之 ONE日本社長からベルトを受け取った。

▼ONE SUPER SERIES キックボクシング世界バンタム級王座決定戦 3分5R
〇アラヴェル・ラマザノフ(ロシア)
[判定3-0]
×ジャン・チェンロン(中国)
※ラマザノフが新設されたキック世界バンタム級王者に

金網ボクシンググローブのキック戦(ヒジ・組み無し)。

1R、オーソドックス構えのから右ローは長身のラマザノフ。サウスポー構えのチェンロンも強い左ロー。速い前蹴りの踏み込みから右ストレートを打つラマザノフ。チェンロンもローに右フックを合わせる。前蹴りでチェンロンをこかすラマザノフ。左ローでもチェンロンをこかす。奥足ローはラマザノフ。出入りで距離を取る。

2R、右ローのダブルはラマザノフ。さらに左ロー。チェンロンも詰めて左ロー。そこにラマザノフは右のテンカオ。チェンロンは左フックを打つ。チェンロンの入りに右ヒザをカウンターで打つラマザノフ。しかし追い足のチェンロンは右フック、左ミドル。ラマザノフは右ヒザをボディに突く。

3R、右インローはラマザノフ。さらに右のテンカオのフェイントから右ストレートでダウンを奪う! しかし立つチェンロンも左ミドル、右フック、左ボディで反撃。チェンロンの左に内側を突くラマザノフは右ストレート!

4R、詰めるチェンロンは左ローを打つと左右で前進。クリンチするラマザノフはここは逃げ切り体勢か。左ボディを突くチェンロン。ラマザノフも下がりながらも右ヒザを突く。


5R、ハグを求めるラマザノフ。左右で詰めるチェンロンは左ボディも対角で突くが、ラマザノフは金網背に要所でヒザ・前蹴りを突く。左ボディを当てるチェンロン。その前進に高い打点の前蹴りはラマザノフ。スタミナ厳しいラマザノフは逃げ切りのクリンチ。

判定は3-0で、前半とダウンを取ったラマザノフが勝利。新設されたONEキックボクシング世界バンタム級王者となったラマザノフは、秦アンディ英之 ONE日本社長からベルトを受け取った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事