AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【DEEP】武田が初防衛も今秋再戦か、芦田は長倉に競り勝ち、小見川は毛利をTKO、米山が石司をTKO!

2019/10/22 18:10
【DEEP】武田が初防衛も今秋再戦か、芦田は長倉に競り勝ち、小見川は毛利をTKO、米山が石司をTKO!

10月22日(火・祝)東京・後楽園ホールで「DEEP 92 IMPACT」が開催された。

メインの第10試合ではDEEPライト級タイトルマッチとして王者・武田光司(BRAVE)が、大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)を挑戦者に迎え、2018年8月以来の再戦に臨んだ(※初対決は武田の判定勝利)。

武田は持ち前のレスリング力を発揮し、テイクダウンを連発。大原も何度も立ち上がり、スタンドに勝機を見出したが、2R 2分07秒、ケージ際で武田のヒザ蹴りが金的に入り、大原が試合続行不可能に。テクニカル判定の結果、武田が3-0で勝利。怪我をおして出場したRIZINからの再起戦で白星をつかみ、初防衛に成功した。

▼第10試合 メインイベント DEEPライト級タイトルマッチ 5分3R
○武田光司(王者/BRAVE)70.3kg
[2R 2分07秒 テクニカル判定3-0]※20-18×3,19-19×2

×大原樹里(挑戦者/KIBAマーシャルアーツクラブ)69.95kg


高校時代にレスリングで5冠を達成し、MMAプロデビューからわずか14カ月でライト級王者となった武田は、2019年4月の『RIZIN』で元UFCのダミアン・ブラウンに判定負け。怪我の治療を経て、10月大会で1年振りのDEEP復帰戦に臨む。今回が初防衛戦。

対する大原はプロデビューの初期はPANCRASEに参戦も、2009年12月のDEEPフューチャーキングトーナメントウェルター級で準優勝以降は、キャリアの多くをDEEPマットで戦ってきた叩き上げ。武田とは2018年8月に対戦し判定負けしているが、その後、3勝1敗1分と好戦績を挙げており、長倉立尚、濱村健ら実力者にも勝利している。大原がスプリット判定で敗れた宮崎直人は現在、怪我により戦線離脱中で、9月大会で岡村幸範を62秒KOに下した大原にチャンスが回ってきた。


1R、サウスポー構えの武田にオーソドックス構えの大原。ジャブから詰める武田はクラッチ組んでリフトするが、ケージ背に寝かされない大原。しかしそこで胸を合わせた武田はそり投げでテイクダウン!

大原の亀からの立ちにがぶりから首を抑えヒザを突く武田。さらにシングルレッグのハイクラッチからリフトしテイクダウンもすぐに立つ大原は前蹴り! 金網まで飛ばされる武田だが、すぐに詰めてシングルレッグ。そこに片足立ちで首を獲りに行く大原。シングルからボディロックに移行した武田だが大原は金網背に凌ぐ。

2R、右のミドルハイは大原! しかし詰める武田はシングルレッグからボディロックで大原を投げ。すぐに立つ大原が金網まで走るとボディロックしたままの武田はついていくが、クラッチを剥がした大原は、前蹴り! 右を打つ。武田も左を返す。

強引に詰める武田はボディロックからヒザ蹴りもローブローに。亀になり悶絶する大原。5分の中断後、大原は動けず。ゴングが鳴らされた。2R 2分07秒時点でのテクニカル判定に。武田20-18×3,19-19×2で武田が王座防衛に成功した。

試合後、武田は「メインイベントがこのような形になってしまいすみませんでした。会場に来ていただきありがとうございました」とファンに感謝の言葉を述べた。

なお、試合後のバックステージで佐伯繁代表は、「武田選手がRIZINを目指すなら再戦は早い方がいい」と、早ければ12月15日の大田区総合体育館大会での両者の再戦の実現の可能性を語った。

◆試合後の武田のコメント
「故意ではなかったのですが、大原選手と会場に来てくれた人たちに申し訳なかったです。DEEPの舞台に1年ぶりに来て緊張してしまった。100点満点で30点くらいの内容でした。大原選手は立つのを練習してきたんだろうなと思ったのと、前回同様カット狙いが凄い、実際(側頭部を)カットされたので。こういった結果になってしまいましたが、長くやればどうなったのかなと感じました。再戦するしかないのかなと。ファンも大原選手も望んでいるだろうし。僕のプランでは勝ってRIZINと言いたかったんですが、この試合では言える権利はないと思いました。まずは大原選手としっかり決着をつけたいと思います。

 いいスタートダッシュが切れなかったので、もう一回復帰戦になるのかな。体力の面は戻ってきたんですが、感覚が凄い雑になっていたので。もっと力を付けないとベルトも守れないし、RIZINも出れないし、最終目標の海外にも出れない。先のことを見ていかないといけないと思います。まずは大原選手と年内もう1試合やるかもしれないし、違う団体も視野に入れて海外の選手とも試合をしたい。今年2試合しかしてないのでもう1試合年内にやりたいです」

▼第9試合 フェザー級 5分3R
○芦田崇宏(BRAVE/元DEEPフェザー級王者)66.05kg
[判定3-0]※29-28×3

×長倉立尚(フリー)66.0kg

第8代DEEPフェザー級王者の芦田は、2018年に2度、弥益ドミネーター聡志に敗れ王座陥落。2019年3月の「BRAVE FIGHT 18 x GRACHAN 39」で崎山勲に判定勝ちし、再起を果たしている。

今回の長倉立尚との対戦決定に、「長倉選手は僕がデビューした時から本線で戦っていた選手です。今後もそんな選手をどんどん超えていきます。漢(おとこ)くさい戦いしましょう」と真っ向勝負を宣言。さらにラグビー名門の啓光学出身の長倉に対し、リーチ・マイケルとも交流のある芦田は「ちなみにも僕もハカ踊れます」と、対抗意識を燃やしている。

対する長倉は2017年以降は、Rebel FCでホドルフォ・マルケスにサッカーボールキックで反則負け、DEEPでジョイ・ボーイにジャンピング左ジャブでKO勝ち。ロバート・ワスティグにサッカーキックでKO勝ちと対海外勢相手には2勝1敗と勝ち越したものの、2018年12月の大原樹里戦ではヒジ打ちを浴び、カットによりTKO負け。今回が再起戦となる。

1R、オーソドックス構えの長倉にサウスポー構えの芦田。長倉の最初のダブルレッグは切る芦田。左ローを当てる。長倉は左フックから入る。左ストレートを胸元に突く芦田。さらに左ロー、右ハイ。ブロックする長倉にさらに速い右ハイ。これも長倉はブロック。左ミドルの芦田に長倉は右ストレートを狙し、右ボディストレートを突く。芦田が左の攻撃に蹴りを交えたラウンド。

2R、芦田の左右をかわして前進しダブルレッグテイクダウンは長倉! インサイドから長倉は右で差して左でヒジ。長い時間、背中を着かせる。下から蹴り上げは芦田。三角狙いは外す長倉だが下からリバーサルした芦田。残り20秒、長倉はクローズドで凌ぐ。

3R、グローブタッチした両者。芦田のワンツーにダブルレッグテイクダウンは長倉。足をヒザ上に乗せて着かせず横に倒す長倉。ケージサイドの和田の声を聞き、マウント。下からストレートアームバー狙いは芦田。しかし腕を戻した長倉。亀から立とうとする芦田のバックを奪うが、前に落とした芦田。スタンドで長倉はダブルレッグへ。がぶる芦田にシングルレッグに移行する長倉。その頭にヒジを連打で落とす芦田。ゴング。

判定は芦田が3-0で勝利。セコンドの宮田和幸に祝福された芦田は「僕の目標はケージじゃない、四角いリングのRIZIN。高山さんとドンフライより熱い試合をするのでよろしくお願いします」とRIZIN出場をアピールした。

◆試合後の芦田のコメント
「タフファイトになる予想はしていたので。ただこういった形になるとは思わなかったですね。高山vsドン・フライのような、長倉選手が凄い選手なので覚悟を決めて打ち合うつもりでした。僕の打撃テクニックが長倉選手をそうさせてしまったのかなと思いました。RIZIN参戦をを目指して実現しないと、僕の格闘技人生は終われない。RIZINのリングに上がれればちゃんとそういう仕事をします。

(一度対戦が決まりかけた朝倉未来とは)この数年、立場は全く逆転しているのは自覚しているので。彼のところまでしっかり追いつけるようになりたい。何を言われてもそこはブレない。UFCやONEじゃなく僕の目標はRIZINなんです。(RIZINの佐々木)憂流迦選手の試合を見て心が揺さぶられました。僕も今後の試合でどんなリスクも恐れない戦いをしていきたい。まだ技術を出そうとしているので、お客さんが喜ぶ試合をしていきたいです」

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事