AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT×REBELS】「メインよりもいい試合をする」と安本晴翔、“苦労人”のベテラン新人は「勝ちにこだわる」

2019/10/04 06:10
2019年10月4日(金)東京・後楽園ホール『KNOCK OUT×REBELS』の前日計量&記者会見が、3日(木)都内にて18:30より行われた。計量は全員が1度目でパスしている。  セミメイン(第7試合)のフェザー級(57kg)3分5Rで対戦する、REBELS-MUAYTHAIフェザー級&INNOVATIONスーパーバンタム級王者安本晴翔(橋本道場)は57.00kg、WBCムエタイ日本統一フェザー級王者・新人(=あらと/E.S.G KICK BOXING GYM)は56.85kgで計量をパス。  新人は「先月29日に誕生日を迎えて31歳になりました。31になって初めての試合なので、しっかり勝って31歳のいいスタートを切りたい」と話し、「自分の方が大きいが、そこまで身長差を感じませんでした。同じような距離でやれると感じるのでいい試合ができるのでは」と、計量時の安本を見て好試合を予感したという。  安本は「明日の試合はメインに先輩の橋本さんが出るので、メインにつなげられるいい試合ができたら…いや、一番いい試合をします」と、メインの橋本悟vs鈴木千裕を喰うような試合をすると言い放つ。新人の印象は「僕が今までやってきた中で一番背が高いと思いました。目は見れませんでした」と、背の高さが気になった様子。  それでも「たぶん悟さんの試合はパンチが凄いけれど、僕は蹴りがメイン…いや、何でもできるので、そこで僕の方がいい試合をするかなって思いました」と、あくまでも自分の方がいい試合になると先輩を前にして主張した。  14勝(5KO)1敗2分と好成績をマークしている安本に対し、新人はデビューから5年目で初戴冠、王者になってからも黒星が続くなど“苦労人”である。 「波に乗っていて強いなと思っている選手なので、そういう選手と試合ができること自体が嬉しいし、感謝しています。試合をやるからには負けたくないし、勝つのは当然なので勝ちにはこだわりたい。試合をやってみて嫌そうなポイントを突いて勝ちに行きます」と、安本の勢いをストップして見せると語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事