MMA
ニュース

【UFC】朝倉海の戦いたい相手はバンタム級王者・ショーン・オマリー「そこを倒すのが目標」、朝倉未来「超厚待遇みたい」──海を巡るライバルたちとは?

2024/06/11 22:06
『RIZIN.47』のリング上で、UFCとの契約を発表した朝倉海(JAPAN TOP TEAM)が、オクタゴンでの目標をUFC世界バンタム級王者のショーン・オマリー(米国)に定めた。  10日の元谷友貴のYouTube『【ドッキリ】朝倉海のUFC参戦について色々聞いてみた』では、2023年5月の『RIZIN.42』で朝倉と対戦した元谷が、朝倉の事務所に潜入してソファに寝そべり、本誌『ゴング格闘技』で顔を隠して「お疲れ、練習終わった?」などとドッキリを仕掛ける様子が映し出されている。  そこで元谷は、朝倉海に単刀直入に「UFC決まっていますか?」と質問。海は「決っています。契約書も届いていています」と笑顔で答えた。  気になる参戦階級については、「階級はまだ話し合っている最中でフライ級かバンタム級、どっちでもUFCはウェルカムって言ってくれているので、相手とかも含めながら、ちょっといま交渉しているところですね」と、交渉中とした。  しかし、海のチャレンジは“怪物ぞろい”のバンタム級に心が向かっているようだ。「戦いたい相手はショーン・オマリーですね。そこを倒すのが今の目標ですね。スーパースターなんで食ったら盛り上がる。行ける感覚はあります。自信はあります」と、現UFC世界バンタム級王者を倒し、世界最高峰の頂に立つことが目標と語っている。 「9月くらいには試合をしたい」という海のオクタゴンデビュー戦の相手は誰になるか。  朝倉未来は同日、YouTubeチャンネルを更新し、海のUFC参戦について「超厚待遇」と明かしている。 「ほんとうに海、めちゃくちゃ強くなってるんで、JTTの環境も良くて、チャンピオン行っちゃうんじゃないかな」と、期待を寄せると、「しかも、超厚待遇みたいですぐにタイトル戦とか行っちゃうと思う。これでUFCチャンピオンになったら、アジア人男子初ですから快挙ですよ。世界一ですから」と、タイトルマッチまでの道筋が出来ているとした。  朝倉海のUFC契約により、RIZIN王者のUFC参戦は3人目となる。  1人目は、初代RIZINライトヘビー級王者のイリー・プロハースカで、UFC初戦で同級7位のヴォルカン・オーズデミアと対戦し、2R KO勝ち。2戦目で3位のドミニク・レイエスを2R KOに下すと、3戦目で王者グローバー・テイシェイラに挑戦。5R、リアネイキドチョークによる一本勝ちで王座についている。  2人目は、第2代RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプで、朝倉海を2R TKOに下し、RIZINのベルトを手土産にUFCとの契約を決めると、フライ級に落としてオクタゴンに参戦。初戦で、現フライ級王者で当時5位のアレッシャンドリ・パントージャと対戦し、判定負けの黒星デビューとなっている。その後、2連敗からの4連勝で7位にランクを上げ、2024年7月27日の次戦では6位のムハンマド・モカエフとの対戦が決まっている。  RIZINバンタム級王者の朝倉海は、UFCバンタム級、あるいはフライ級でどんな相手と初戦でマッチアップされるか。 [nextpage] 「UFC初の日本人王者」を目指すのは朝倉海だけじゃない  そして「UFC初の日本人王者」を目指すのは、海だけではない。バンタム級には、レスリングU-23世界選手権覇者でUFC3連勝中の中村倫也と寝技師・風間敏臣、フライ級には15戦無敗・UFC5連勝中の平良達郎(6月16日、5位のアレックス・ペレスと対戦)、9戦無敗のPANCRASE王者・鶴屋怜(6月30日、vs.カルロス・ヘルナンデス)も世界最高峰の頂を狙っている。 ◆UFC日本人選手木下憂朔(ウェルター級)UFC0勝02敗中村倫也(バンタム級)UFC3勝0敗風間敏臣(バンタム級)UFC0勝2敗平良達郎(フライ級)UFC5勝0敗鶴屋 怜(フライ級)UFCデビュー魅津希(女子ストロー級)UFC2勝1敗 ◆8.23『ROAD TO UFC 2024』準決勝進出選手原口 伸(フェザー級)河名マスト(フェザー級)透暉鷹(バンタム級)本野美樹(女子ストロー級)  そして、海が向かうオクタゴンには、どんな世界のライバルたちが待ち構えているのか。バンタム級王者オマリーの次期挑戦者候補には、海の練習仲間であるドバリシビリがつけており、フライ級では平良vs.ペレス、モカエフvs.ケイプが新たなコンテンダー候補となるだろう。 ◆UFCバンタム級ランキング(6月11日付)王者 ショーン・オマリー1 メラブ・ドバリシビリ2 コーリー・サンドヘイゲン(8.3 vs.ウマル)3 ピョートル・ヤン4 マルロン・ヴェラ(8.3 vs.フィゲイレード)5 ヘンリー・セフード6 デイブソン・フィゲイレード(8.3 vs.ヴェラ)7 ソン・ヤドン8 ジョゼ・アルド9 ロブ・フォント10 ウマル・ヌルマゴメドフ(8.3 vs.サンドヘイゲン)11 カイラー・フィリップス12 マリオ・バティスタ13 ドミニク・クルーズ14 ジョナサン・マルチネス15 ペドロ・ムニョス ◆UFCフライ級ランキング(6月11日付)王者 アレッシャンドリ・パントージャ1 ブランドン・ロイバル2 ブランドン・モレノ3 アミル・アルバジ4 カイ・カラ・フランス5 アレックス・ペレス(6.15 vs.平良達郎)6 ムハンマド・モカエフ(7.27 vs.ケイプ)7 マネル・ケイプ(7.27 vs.モカエフ)8 マテウス・ニコラウ9 スティーブ・エルセグ10 ティム・エリオット11 マット・シュネル12 タギル・ウランベコフ(6.15 ジョシュア・ヴァン)13 平良達郎(6.15 vs.ペレス)14 ダビッド・ドボジャーク15 コーディ・ダーデン(7.20 ブルーノ・シウバ) 『RIZIN.47』で榊原信行CEOからリング上に呼び入れられた朝倉は、「今日は皆さんに重要なお知らせがあってこの時間をお借りました。僕はRIZINのベルトを返上してUFCへ行きます。詳しい内容は近日中にUFCからアナウンスがありますが、正式にUFCとの契約が決まっています。  嬉しい報告なんですけど、すごく寂しい気持ちです。何者でもない僕が格闘家として男として認められたのはこのRIZINのおかげだと思っています。去年の大晦日にベルトを巻いて、チャンピオンとして一度も防衛戦をせずにUFCへ行くことを背中を押してくれた榊原さんに感謝します。6年間戦わせてもらって、大晦日に3年間負けて、ベルトも2回獲りました。必ずUFCでチャンピオンになります。そして世界中のファンをつれてここに戻ってきます」とUFC行きをファンに報告。  榊原CEOは、「UFCにお願いされて行くんじゃない。UFCに求められて行く。日本人初の、アジア人(男子)初のチャンピオンになって戻って来いよ」とエールを送り、海は「約束します」と力強く答えている。  海を渡る朝倉海のライバルたちを知ることで、修羅の世界の戦いの意味が見えて来る。2024年下半期デビューまでのオクタゴンのファイトにも注目だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント