K-1K-1
K-1
インタビュー

【RISE】ムエタイとの2連戦に臨む数島大陸「今回は神の左と悪魔の右の両方が出るかもしれない。両方降臨したら誰も僕のことを止められないですよ(笑)」

2024/06/11 14:06
 2024年6月15日(日)エディオンアリーナ大阪第一競技場『RISE WORLD SERIES 2024 OSAKA』にて、SuperFight!の-52kg契約3分3R延長1Rでスドロー・ソージョートンプラシン(タイ/元タイ7ch 105P王者)と対戦する、数島大陸(及川道場/第2代RISEフライ級王者)のインタビューが主催者を通じて届いた。  数島は2020年9月にプロデビューすると軽量級でも倒す選手として注目され、2021年7月大会にはラジャダムナン王者の竜哉・エイワスポーツジムと対戦しドローとなったもののダウンを奪い一躍名を挙げた。2022年4月から開幕したフライ級王座決定トーナメントでは準決勝で当時無敗の塚本望夢とダウン応酬の末の判定勝ちで決勝進出を決めたが、10月の決勝戦で初代スーパーフライ級王者の田丸辰に敗れて王座戴冠を逃した。2023年10月に第2代王座決定戦を松本天志と争い、判定勝ちで王座に就くと2024年2月にはクンスックに延長戦で判定勝ち。戦績は12勝(6KO)2敗2分。  スドローは元7チャンネルの105ポンド王者で、数島の163cmに対して173cmの長身を誇る。戦績は60勝14敗5分。数島は「ガツガツ来て振り回してくるタイプ」と評している。 全局面で圧倒して最後はしっかり倒し切って会場も沸かせる ――チャンピオンになって初の大阪大会での凱旋試合が決定しました。心境はいかがでしょうか? 「東京でやってる時とは違う地元大阪での試合ということで、いつも応援に来れない人とかすごい人数の応援が来てくれるのでモチベーションがめちゃめちゃ高いです」 ――チャンピオンになって周囲の反響はいかがですか? 「初めての人と格闘技をやっているという話になって、RISEのチャンピオンと言うとすごい食いついてきてくれるので、チャンピオンは良いなと思います」 ――待遇が良くなったりしたんですか? 「待遇が良くなったかは分からないですけど、チャンピオンだからって言うことは言葉の前に絶対に付くようになりました」 ――練習に対する取り組みは変わりましたか? 「今までとは変わらず自分の1個1個のレベルを上げていく事だけを考えて練習できているので、それは昔から変わらずできている事なので、特に変わったところはないですね」 ――今回大阪大会ということで、東京での試合よりモチベーションが高かったりしますか? 「地元大阪でやる機会が年に1回しかないので、そこで色々な方々に見て貰えたり、自分の友達も大阪だったら来てくれる人が多いので、その人達に自分のやっている格闘技、キックボクシングという素晴らしい競技を見せれるのでモチベーションが高くなっています」 ――お父さんが応援団を作っているみたいですが、応援団も来てくれますか? 「今回も大応援団が来てくれます。いつも東京にも来てくれるんですけど、大阪の方がお父さんの知り合いが多いので、その人たちが来てくれるのでそれもモチベーションの一つになっています」 ――みんなバイクでエディオンアリーナまで来てくれるんですか? 「みんなにそう言ったら多分バイクで来るんですけど、さすがに車とかで来ると思います(笑)」 ――対戦相手のスドロー選手の映像は見ていますか? 「3回くらいは見ました」 ――映像を見てどうでしたか? 「身長が高いのはプロフィールで分かってたんですけど、結構ガツガツきて振り回してくるタイプなので、自分とめっちゃ噛み合いそうです」 ――アグレッシブルな選手ですが、その辺についてはどうですか? 「カウンターを合わせるのが自分の武器の一つでもあるので、ガツガツ来てくれる方が相手の隙も多くなるので、僕としては闘いやすいです」 ――2戦連続タイ人選手と闘うことになりましたが、前回の試合と比べると苦手意識は少ないですか? 「前回は初めてタイ人の選手と試合をして、しょっぱい試合をしてしまったんですけど、それが良い経験になっているので今回はしっかり自分の動きをします」 ――どんな試合内容になりそうですか? 「RISEのリングでルールはキックボクシングなので、全局面で圧倒して最後はしっかり倒し切って会場も沸かせます」 ――タイ人選手もキックボクシングに対して苦手意識が少なくなって来ています。スドロー選手もそういうタイプだと思いますが警戒している攻撃はありますか? 「タイ人の選手は基本ムエタイ上がりだと思うので、蹴りはみんな強くてその蹴りに対してどう対処していくかっていうのは自分のプランの中にもあります。だけど相手がキックボクシングに慣れてくれている方が、僕的には闘いやすいかなと思うので、そこら辺は問題ないです」 ――相手の身長が今回も高いのですが、神の左は炸裂しますか? 「神の左を炸裂させたいところなんですけど、最近は神の左が全然降りてこないという事で、前回の試合のあと先生(及川会長)から1回神の左を捨てろと言われたので捨てます。実際に試合をして自分の動きが出たら蘇ってくると思うし、神の左以外にも倒せる技を作ってきているので、1ラウンド目から自分から攻めて倒しに行くので心配しなくても大丈夫です」 ――前回、前々回は悪魔の右っていうのもありましたね。 「悪魔の右も松本選手との試合の時にはジャブが活きて、悪魔ではないですけど右を出せました。前回は悪魔が全然出なかったので今回は神と悪魔の両方が出るかもしれないですね」 ――神と悪魔が両方降臨すると良いですね。 「両方降臨したら誰も僕のことを止められないですよ(笑)」 [nextpage] 那須川龍心vs塚本望夢の勝者予想は… ――同じ日に那須川龍心vs塚本望夢の試合があります。この試合についてはどのように見られていますか? 「勝った方と次に闘うという事は自分でも分かっているし、2人ともレベルが高い選手なので楽しみな部分はあるんですけど、僕も試合があるのでまずはそっちに集中して、どっちが上がってきてもかかって来いって感じです」 ――どちらが勝ち上がるか、どちらと闘いたいとかは無いって事ですか? 「どちらが来ても攻略できる練習はずっとしてきているので、ほんまにどっちでも来いって感じです」 ――勝敗についてはどう予想していますか? 「難しいところなんですけど、今回は那須川龍心君が勝つかなと思っています」 ――どんな試合内容になると思いますか? 「僕の予想では那須川龍心君がテクニックでポイントアウトをして、前回の松本天志君と戦った時みたいに完封するかと思います」 ――仮に那須川選手と試合が決まったら相手は完封を狙ってくると思いますが、そういうスタイルの相手はどうですか? 「相手のスタイルに合わせた攻略できる鍵は何個でもあるので、それが例えば反対の塚本望夢君が上がってきても攻略する鍵はあるので、やれるものならやってみろって感じです」 ――今回の大阪大会では錚々たるメンバーが揃っていますが、その中でもどんな自分の色を魅せたいですか? 「いろんな選手がいて、いろんな自分の色があると思います。フライ級といえばスピーディーな試合で、その中でしっかり倒せるのが数島大陸の色なので、そこを魅せていきたいです」 ――おそらくメインイベントになるであろう、1階級上のスーパーフライ級のタイトルマッチはどの様に見ていますか? 「2人ともトップの選手なので接戦になるとは思うんですけど、勝敗的には7対3くらいで政所選手が勝つかなと思います」 ――実際に政所選手を練習で体験した時はどうでしたか? 「基本の動きももちろんできるんですけど、その中でトリッキーな動きと変則的な動きとしっかり倒せる力もあって、対峙してみて自分の肌で感じて強いなと思いました。そういうのもあって政所選手が勝つんじゃないかなと思っています」 ――今回スドロー選手の試合をKOで締めて、“あのセリフ”を決めたいですか? 「去年は“あのセリフ”を大阪で皆で言うことができませんでした。それがあって数島大陸の試合は締まるので、今年はそこに繋がるように試合で魅せてインタビューでもみんなで締めたいと思っています」 ――“あのセリフ”の誕生秘話や由来を教えてください。 「昔の僕はめちゃくちゃ泣き虫だったんですよ。1回戦とかですぐ負けてすぐ泣いていて。それでプロになる時にキャッチフレーズが欲しいなと思っていて、泣き虫だった自分をプロになってこれで泣かない様にしようってことで生まれました」 ――試合に勝って最後に言えると良いですね。 「“あのセリフ”を言ったら数島大陸の色になるので、言わなかったら誰やねんって感じなので言いたいですね」 ――最後にファンへメッセージを。 「今回地元大阪の大会で220人くらいの応援が来てくれるので、試合は全局面圧倒して倒して勝って、皆さんであの名ゼリフを言いましょう。皆さん期待と応援をお願いします。キックボクサーは泣かないぜ!」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント