MMA
レポート

【PFL】渡辺華奈が体重超過の元UFCヤングに判定勝ちで初戦3P獲得、カモーシェがベラスケスとのトリロジー制す、欧州王者ディッチェバが初回KOで11戦無敗に。サントスが初回RNC勝利、ビショップも6P獲得! ヘビー級はモルダフスキーが6Pで首位に

2024/04/05 07:04
【PFL】渡辺華奈が体重超過の元UFCヤングに判定勝ちで初戦3P獲得、カモーシェがベラスケスとのトリロジー制す、欧州王者ディッチェバが初回KOで11戦無敗に。サントスが初回RNC勝利、ビショップも6P獲得! ヘビー級はモルダフスキーが6Pで首位に

(C)PFL

 2024年4月4日(日本時間5日)、米国テキサス州サンアントニオのボーイングセンターにて『PFL 1: 2024 Regular Season』(U-NEXT配信)が開催された。3日(同4日)の前日計量では、日本の渡辺華奈(FIGHTER'S FLOW)が125ポンド(56.70kg)でパスも、対戦相手のシェイナ・ヤング(米国)が128.6ポンド(58.33kg)と1.18kgの体重超過。

 テキサス州アスレチックコミッションのルールのもと、ヤングはファイトマネーの20%を対戦相手に支払う罰金とリーグ合計ポイントに1ポイントのペナルティが課せられた上で、129ポンドのキャッチウェイトでの試合を渡辺華奈が受け入れ、試合は行われることになった。

 渡辺が試合を受けない場合、代替選手が代わりに出場となり、リーグ戦のポイントもゼロという状況下、最後の減量のダメージを負わなかったヤングと渡辺は対したが、序盤から寝技で圧倒。判定3-0で初戦を勝利。渡辺が3Pを獲得している

レギュラーシーズン、プレーオフ、チャンピオンシップの三部構成

PFL概要】リーグシーズンにあたる『PFLグローバルシーズン』は、『レギュラーシーズン』6大会+『プレーオフ』3大会+『チャンピオンシップ』1大会がおよそ7ヵ月の間に開催される三部構成で、MMAでは唯一PFLが採用しているスポーツシーズン形式の大会。

 レギュラーシーズン中はレギュラーシーズンに登録された1選手につき基本的には2試合が組まれ、各試合の戦績に応じて獲得する勝ち点でランキングされる。その勝ち点に基づき、最終的に各階級の上位4名になった選手たちが、プレーオフ(トーナメント準決勝にあたる)進出を決め、その順位に応じたシード枠を獲得する。

 プレーオフ(準決勝)では、シード1位vs.4位、2位vs.3位が対戦(例外あり)。このプレーオフを勝ち抜いた各階級の2選手が優勝賞金100万ドル(約1億5千万円)の『チャンピオンシップ』へ進出し、その年の優勝者およびPFL王者を決める戦いに臨む。

ポイント制のレギュラーシーズンは、勝ち点+一本/KOのボーナス点で、1試合に最大6ポイントを獲得

 ポイント制で争うレギュラーシーズンの勝ち点は、勝利=3ポイント、ドロー=1ポイント、敗北=0ポイントとなっており、その勝ち方が一本やKOのようなフィニッシュだった場合にはさらに、1Rなら3ポイント、2Rなら2ポイント、3Rなら1ポイントのボーナス点が加算される。そのため、1RでKO/一本勝利をした選手は6ポイントを獲得し、これを「Quick Six(クイック・シックス」と称し、合計5点は「Fab Five(ファビュラス・ファイブ)」、合計4点は「Fast Four(ファースト・フォー)」と呼ばれている。なお、シーズン制ゆえ、独自のルールとしてグラウンド、スタンディング、クリンチ等あらゆる場面でのヒジでの攻撃は禁止。減点もしくは失格の対象となる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント