MMA
レポート

【MMA甲子園】全国大会決勝は、足立晃基、権藤悠太郎、前田遊、石原射、フランコリーニ・ラルフが優勝!

2024/02/11 13:02
【MMA甲子園】全国大会決勝は、足立晃基、権藤悠太郎、前田遊、石原射、フランコリーニ・ラルフが優勝!

(C)MMA甲子園/GRACHAN

 2024年2月11日(日)東京・北沢タウンホールのリングで『第1回 MMA甲子園 全国大会』が開催された(ライブ配信『MMA甲子園放送部』)

第1回 MMA甲子園 全国大会

2024年2月11日(日)北沢タウンホール
12:00開場/12:30開始

フェザー級は打撃の吉田を足立が組みで上回り優勝

▼第20試合 フェザー級 3分2R(決勝戦)
〇足立晃基(奈良甘樫高等学院3年生)
[判定2-0]

×吉田 剛(東海大学付属浦安高等学校2年生)
※足立がフェザー級優勝

 1R、ともにサウスポー構え。右ジャブを突く吉田がワンツーも。そこにダブルレッグからボディロックでテイクダウンは足立。立ち上がる吉田に左で差して押し込む足立はなおもボディロックで回してテイクダウン。

 パスガードでサイドも吉田はブリッジでリバーサル。スタンドに戻してワンツー・ヒザの吉田だが、相手が頭を下げるとヒザが反則の顔面ヒザになってしまう。

 通常のテンカオも注意が必要なアマチュアルール。吉田の右の蹴りにダブルレッグを合わせて尻を着かせる足立だが、吉田はコーナーを使って立ち上がる。

 2R、ともにジャブの刺し合いからダブルレッグは足立。そこにヒザを合わせる吉田だが、組んだ足立が押し込み、膠着ブレーク。右ジャブ、右前蹴りの吉田に組む足立は左差し。ボディロックで崩しに行くが、残す吉田。

 ブレーク。前に出てテンカオの吉田に、足立はダブルレッグテイクダウン。雑に立ち上がった吉田のバックを奪いコントロールしてホーン。

 判定は2-0で足立が勝利。粘り強い組みでフェザー級を制した足立は、「勝てて良かったです。もっともっと上に行きたいと思いますので宜しくお願いします」と抱負を語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント