MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉海vs.皇治は「今だから成立するカード」「皇治は圧倒的に分は悪いと思うがビッグアップセットが起きる可能性もある」(榊原CEO)

2023/09/25 01:09
【RIZIN】朝倉海vs.皇治は「今だから成立するカード」「皇治は圧倒的に分は悪いと思うがビッグアップセットが起きる可能性もある」(榊原CEO)

メインカードの消滅で朝倉海(右)と皇治にリング上から緊急公開オファーを行った榊原CEO(C)RIZIN FF

 2023年9月24日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.44』。大会終了後、榊原信行RIZIN CEOが総括を行った。

 榊原CEOは、10月1日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)『RIZIN LANDMARK.6』で、朝倉海(トライフォース赤坂)と皇治(TEAM ONE)のMMAルールでの対決をリング上で公開オファー。両者から合意を得た件について「とりあえずやるという意思表示は皇治はしてくれたと思うので、あとはルールのことなど含めて明日にでも会って正式な発表につなげていければと思います」とした。


「海は試合が出来るぎりぎりの状態ではあると思いますし、責任感が強い男なので、RIZINとしての最大のピンチになるのかなという。井上直樹選手の欠場も含めて何かここはジタバタするタイミングであるということで、両選手とも話し合ってですが、いずれにしても体重のこと、最終的なルールのこと、経済的なことも大きなテーマになると思いますが、早急に詰めて正式発表につなげたいと思っています」と、メインカードであった井上直樹vs.太田忍が消滅(太田は佐藤将光と対戦決定)したことで、代わりとなる目玉カードを作らないといけないとする。


 ならば朝倉海と太田忍でもよかったのでは、との問いには「させられないですね。海も出なくてはいけないという責任感をずっと持ちつつも怪我がなかなか思うように完治しない中でトレーニングも出来ていない。太田選手もレベルの高い選手ですし、そことマッチアップするのは僕らとしてはこのタイミングはないと思っています」と、朝倉のコンディションを鑑みると太田レベルとは戦わせられないとした。


 あくまでもこの状況、タイミングであるからこその朝倉海vs.皇治という破天荒なカードであるとし、「いきなりデビュー戦で朝倉海とやれってことも普通に考えたら僕らもオファーしない。でも皇治には天命だと言っておいたんですけれど、巡り巡って朝倉海とデビュー戦が出来ると考えれば、そんなカードを最初から言っても何を言ってんのって話にしかならないけれども、今だから成立するカードだと思って。決まれば皇治と朝倉海がケージの中で対峙してそこがスタートだと思いますけれど、試合になってしまえば言い訳は許されない。皇治選手もMMAのトレーニングを始めている中で競技の難しさ、奥深さ、怖さを実感として持っているので、ここはそれでも皇治選手と朝倉海選手にRIZIN主催者として頭を下げてお願いして、2人に男気対決を実現させて欲しいと思っています」と話す。


 勝負論のある対決になるのかとの問いには「勝負論と言うと皇治には厳しいかなと思います。それでも立ち技からスタートする競技ですし絶対はない。何が起こるかは分からない。圧倒的に分は悪いと思いますけれど、MMAデビューして本当にこの競技で戦いを続けるならば記念受験ではない。勝ち負けを越えたところでトップアスリートの朝倉海に挑んでみる、その強さを体感してみるのはMMAのキャリアを積んでいく中ではいい機会になると信じていますし、その中でビッグアップセットが起きる可能性もあると思っています」と、圧倒的不利ではあるが今後の皇治にとって糧となる経験になるだろうとした。

 基本的にはリング上でのオファーに両者は合意しており、あとは試合形式やルールの詳細が実現のカギとなりそうだ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント