ムエタイ
レポート

【ONE】スーブラックが鈴木真治をKOして3試合連続KO&ボーナス、大田拓真はアグレッシブに攻めて完勝、シッティチャイがシアサラニに敗れる、メインはコンペットが激戦を制した

2023/09/09 00:09
【ONE】スーブラックが鈴木真治をKOして3試合連続KO&ボーナス、大田拓真はアグレッシブに攻めて完勝、シッティチャイがシアサラニに敗れる、メインはコンペットが激戦を制した

(C)ONE Championship

ONE Friday Fights 32
2023年9月8日(金)タイ・ルンピニースタジアム(ABEMA配信

▼第11試合 ストロー級ムエタイ 3分3R
〇コンペット・フェアテックス(タイ)
判定3-0
×ゴンチャイ・チャナイドンムラン(タイ)


 コンペットはルンピニースタジアム認定フライ級&バンタム級の2階級制覇、元タイ国プロムエタイ協会ライトフライ級王者、BBTV(7チャンネル)フライ級・ライトフライ級・フェザー級の3階級を制覇したムエタイ6冠王。ここ数年はフェザー級トップ選手として君臨し、上の階級の選手とばかり試合を組まれたことも。“フィームー”と呼ばれる離れて戦うテクニシャンタイプであるが、激闘の多さで有名な7チャンネルで戦ってきた、打ち合いも出来る万能型。2022年9月、K-1に初参戦して玖村将史を判定に破り、日本でもその名が知られるようになった。


 ONE初参戦となった2023年1月の『ONE FRIDAY FIGHTS 1』のメインイベントではプラジャンチャイに判定負け、3月のK-1では金子晃大に判定負けと連敗を喫するも、6月の『ONE FRIDAY FIGHTS 23』では中国人選手に判定勝ちしている。戦績は84勝(12KO)18敗3分。


 対するゴンチャイは2020年1月ラジャダムナンスタジアム認定115ポンド(スーパーフライ級)王座を獲得(vsペットスパン戦、判定勝ち)、また同年9月には「ヨードムエ・ワンソンチャイ」122ポンド王座も獲得(vsペットパノム戦、判定勝ち)、9月4日(日)にはオートーコースタジアム興行「ムエディーヴィーティータイ+ジットムアンノン」メインイベントでベテランのアピワットと同興行フェザー級王座戦を戦い判定勝ち。ワンソンチャイ系・ジットムアンノン系を代表するトップ選手。2022年10月には福田海斗に判定勝ちしている。『ONE FRIDAY FIGHTS』には2023年2月から4度参戦し、4戦全勝(1KO)だ。


 1R、ゴンチャイはサウスポー。両者とも強いローを蹴り、左右フックにつなげていく。コンペットはゴンチャイの左ミドルをキャッチして返しの右ストレート。互いに蹴りからのストレートを繰り出し、激しく交錯する。蹴り足キャッチからのパンチが冴えるコンペットは首相撲でゴンチャイをコカした。


 2R、蹴りからパンチ、そして接近してのヒジ打ち合いから首相撲でのヒザの蹴り合い。右ストレートを叩きつけるコンペットにゴンチャイも左ストレートを返す。目がいいコンペットはゴンチャイのその左をかわして組み付いてのヒザ蹴り。コンペットの右ミドルが決まるが、思い切り振り抜くゴンチャイの左フックでコンペットは右目上から流血。すかさずゴンチャイは左フックを狙い撃ちしていく。右の蹴りをしっかり当てていくコンペットが前に出て、ゴンチャイは左を打ち返す。互いに一歩も譲らない打ち合いだが、コンペットの右カーフにゴンチャイはバランスを崩す。


 3R、前に出てくるゴンチャイにコンペットは右ミドルと右ストレート。左右の連打を放つゴンチャイだが、コンペットが負けじと前へ出てスピードのある左右を放ち、ゴンチャイを下がらせる。ミドルの蹴り合いから、コンペットの右ストレートに左フックを合わせに行くゴンチャイ。激しい打ち合いが続き、まさに一進一退。前に出るのはコンペットでゴンチャイは組み付きが目立つ。


 両手を挙げて自分の勝利をアピールする両者。判定は3-0でコンペットが激戦を制した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント