その他
レポート

【NARIAGARI】皇治プロデュースの第1回大会、寒天マンが完封勝利で100万円ゲット、平山迅が豪快KO、BreakingDownとしぞうがプロ矢島を破る、城戸康裕と高橋幸光はドロー、DEEPプロファイター加藤瑠偉がKO負けの波乱

2023/02/05 14:02
NARIAGARI2023年2月5日(日)大阪・176BOX※SMARTNEWS公式アプリにて6日(月)18:00よりアーカイブ配信 ▼第17試合 キックボクシングルール 3分1Rライト級(65-69kg)〇“元RIZIN・HEAT”寒天マン判定3-0ד成り上がり貴公子”勇弥  正体不明ではないマスクマンの寒天マンはRIZINやHEATで活躍したMMAファイターの春日井“寒天”たけし。現役は引退しているが、地元を盛り上げるためにマスクマンとしてNARIAGARIのリングに上がる。  勇弥こと上西勇弥は幼少期から空手を学び、19歳からキックボクシングを始めてアマチュア無敗。2017年にはボクシングのプロテストに合格。その後もレスリングやMMAを学び、2019年にブラジルのキックボクシング大会にて65kg以下トーナメント優勝。2019年12月には『TWOFC(TACHI WAZA OPEN FINGER CHAMPIONSHIP)』という大会で、ラジャダムナンスタジアムの元王者の肩書きを持つTOMとオープンフィンガーグローブ着用のヒジありムエタイルールで2度ダウンを奪って勝利している。  勝利者賞は100万円。寒天マンはマスクを着けたまま試合開始。  寒天マンの右フックがクリーンヒットし、勇弥は右ローを蹴るが寒天マンはスピードある入り込みからの右フック。右のパンチを当てていくのは寒天マン。さらに右カーフを蹴ると勇弥はサウスポーに構えを変える。寒天マンは軽快なステップを踏みながら右フックを何度もヒット。勇弥は後ろ蹴りを放つが空振り。打ちに行く勇弥だが寒天マンの左右フックがヒット。  終始的確にパンチをヒットさせ、相手の攻撃をほとんど当てさせなかった寒天マンが判定勝ち。  寒天マンはマイクを持つと「皇治君、僕はもう戦いたくないのでそっちの席に座らせてください。ヘルシー!」と解説席の皇治にアピールした。 [nextpage] ▼第16試合 キックボクシングルール 3分1R延長1R ウェルター級(70-74kg)〇“元K-1”平山 迅KO 1分43秒 ※右ストレートד日本一の空手スピリット”晴也  平山はK-1との契約を満了してこのNARIAGARIのエースになるために出場。晴也は正道会館の空手全日本大会で優勝した実績を持つ。  平山は強烈なワンツーと右ロー。晴也は右ローを蹴るが、平山が思い切り右ストレートを放っていく。平山は左ボディ、ワンツー、さらに右ボディ。晴也は左ミドルを蹴るが、平山は簡単に近付いて左ボディを打ち、一度下がると右ストレートを打ち抜いた。晴也がもんどり打って倒れ、即座に平山のKO勝ちが決まった。解説の青木は「凄い! 凄い!」と絶叫。  平山は「これから自分がNARIAGARIのエースになるうえで、ベルトを懸けた戦いもやりたいと思うので皇治社長、ISKAとかキックの歴史のあるベルトを懸け戦いをやりたいので検討してください」と、タイトルマッチをアピール。 【写真】子供が生まれたばかりの晴也にお祝いを渡す平山 敗れた晴也は生活のために格闘技を諦めたが「僕、キックを極めて上に上がるので注目してもらえたら嬉しいです。平山選手、僕が上に上がるまでいてください。絶対にリベンジするので」とキックボクシングでトップを目指すと宣言した。 [nextpage] ▼第15試合 ボクシングルール 3分1R延長1R バンタム級(54-59kg)ד悲しみのチャンピオン”矢島直弥 ※元WPMF日本フライ級&元蹴拳ムエタイフライ級王者判定0-2〇“NARIAGARI DREAMER”としぞう  プロキックボクサーの矢島は元WPMF日本フライ級王者&元蹴拳フライ級王者で、この大会での浮上を狙う。としぞうはBreakingDownの常連選手ながら、今大会参戦に名乗りをあげた。皇治はこの試合を「裏メインですね」と評する。当初、この試合はキックボクシングルールで行われる予定だったが、パンチのみのスタンディングバウトルールに変更となった。  としぞうはジャブ、矢島もジャブを突く。前に出るのはとしぞうで矢島は右アッパー、左ボディを打つ。矢島の右フックに左フックを合わせるとしぞう。前に出てボディを打つとしぞうが左フックで矢島にロープを背負わせると左ボディを2発。矢島も左ボディを返して右フックにつなげる。残り30秒で矢島がラッシュをかけるがとしぞうも負けずに打ち合う。  判定はヒット数で上回ったとしぞうが2-0で勝利。プロキックボクシング王者を破る番狂わせを起こした。  としぞうはマイクを持つと「としぞうです。今回NARIAGARIでいろいろやっちまった点が多々あって申し訳ありませんでした。ただこの試合に勝って全部引っ繰り返そうと思いました。どうですか、皇治CEO(皇治は「これは事件ですよ」とコメント)事件ですよね。分かるっす。NARIAGARIってこういうことだと思うんですよね。元王者に勝つのがNARIAGARIだと思って。なまら嬉しいです。でも本当のNARIAGARIって、皇治CEO、NARIAGARI.10くらいで僕とやってくれないですか?」と皇治に対戦を表明。  しかし、皇治が「殺すぞ」と答えると「すいませんでした」とすかさず謝るとしぞう。  続けて「あと、NARIAGARIを見たらNARIAGARIの選手なまら強いと思ったんですよ。いつかBreakingDownと対抗戦どうですか?」と、勝手にNARIAGARIとBreakingDownの対抗戦をぶち上げるが、皇治は「あまり興味ないです」と一蹴。  しかし皇治は「でも楽しいことをやって格闘技界を盛り上げていくのはいいと思うので。セミファイナルは青木真也vs.安保瑠輝也でメインは朝倉未来と皇治でNARIAGARI BOXファイトで」と答える。  としぞうが「としぞうは? としぞうは?」と自分の出番はないのかと言うと、皇治は「みんなで盛り上げましょう」。  最後にとしぞうは「俺がNARIAGARI DREAMERだ!」と吠えた。  ゲスト解説の内山高志は「凄いよ、素人が元キックの王者に勝つなんて大したもんだ」と、知り合いだというとしぞうを称えた。 [nextpage] ▼第14試合 キックボクシングルール 3分1R 74kg以下△“SPECIAL FIGHTER”城戸康裕ドロー 判定0-0△“挑戦者”高橋幸光  K-1との契約が満了し、フリーとなった城戸がその第一歩に選んだのはNARIAGARIだった。対するはムエタイで4つのタイトルを持つ高橋。普段なら階級が違うため戦うことがない、プロファイター同士の対決となった。  両者サウスポー。離れた距離でハイキック、ローキックを蹴り合う。城戸は回り込んでローと前蹴り。城戸の右フックに高橋は左ミドルを返す。足払いで豪快に城戸をコカす高橋。城戸は首相撲からのヒザ蹴りを見せる。前蹴りの応酬から城戸が下がって回り込み左ミドルを蹴る。  3分はあっという間に過ぎ、判定は差がつかずドロー。高橋は「やっぱ城戸選手は本当に強かったですね。凄い腫れています。でも経験が出来たのでまた次の戦いにつなげたいと思うので僕の名前を覚えてください」と挨拶。城戸は皇治にここでも最初はエキシビションという話だったのに、と愚痴った。 [nextpage] ▼第13試合 キックボクシングルール 3分1R ヘビー級(80kg以上)ד北陸の怪人”SANTEKO〇“九州の成り上がり特攻隊長”朝太  SANTEはハワイのクリスチャン・リーのジムでトレーニングを積んできたと言い、ハワイでアマチュアの試合もした経歴を持つ。朝太はヨネクラジムでボクシングを学び、MMAに転向すると地下格闘技で経験を積んだ。  朝太は豪快なフックを繰り出し、SANTEは右ストレートで迎え撃つ。SANTEは右ローから左ロー、朝太は効いたかバランスを崩すが、その次の瞬間に朝太が左フックから右フックを返し、SANTEの右フックと相打ちの形となったが倒れて大の字になったのはSANTEの方。朝太が豪快KO勝ちを飾り、男泣き。  朝太はマイクを持つと「いっぱい応援してくれる仲間がいて15kg減量頑張って負けらない自分を作ってきて。SANTEくんは強敵なのは分かっていて。でもみんなの応援で頑張れて、やっとこのリングに帰ってこれました。本当にみんなありがとう、愛しています。支えくれた中、団扇を作ってくれた仲間、たくさんの方がいてくれたから僕は今日頑張ることが出来ました。ずっとオーディションから言ってましたが、NARIAGARIを背負うのは朝太や! 最後に一つ言わせてください。傷だらけになっても~泥だらけになっても~皇治が俺たちのスーパースター」と泣きながら語り、最後は皇治の入場曲をアカペラで熱唱した。  解説席にいた皇治は「朝太選手、最高でした」と称えた。 [nextpage] ▼第12試合 キックボクシングルール 3分1R フェザー級(60-64kg)דKRAZY BEE”加藤瑠偉KO〇“戦うシングルファーザー”吉田 仁  加藤は格闘代理戦争に出場したことがあり、現在はDEEPで戦うプロファイターでMMA戦績は2勝4敗。吉田はK-1アマチュアでの試合経験がある。  1R、サウスポーの加藤が左ローで前へ出て左右フックでアグレッシブに攻めていく。吉田が左ストレートに右前蹴りを打ち、続いての右フック一発で加藤が大の字に。プロがKO負けするという衝撃の決着となった。  吉田は「緊張したんですけど倒せてよかったです。これから成り上がるためにしっかり練習しようと思うのでこれからもよろしくお願いします」と控えめにマイクパフォーマンスを行った。 [nextpage] ▼第11試合 キックボクシングルール 3分1R ウェルター級(70-74kg)ד挑戦する経営者”笠原 翔判定0-3〇“淀川のビッグマウス”朝倉豊樹  朝倉は元いじめられっ子で、プロ・アマのキックボクシングで多数の試合経験があるという。笠原は様々な会社を持つ経営者でアマチュアの試合経験あり。  1R、笠原はサウスポー。ローの蹴り合いから身長でかなり優る朝倉が右ミドルと右ストレートで前へ出ていく。不気味な笑みを浮かべる朝倉は前蹴り、左ハイキック、ヒザ蹴りで前へ出る。頭を下げてフックを打つ笠原に朝倉は顔面へヒザを突き上げる。朝倉は笠原のミドルをキャッチして流しての右ストレートをクリーンヒットさせた。  朝倉は「大きいこと言っとったわりに倒せんかってすいません。ほんまは倒して言いたいことあったんですけれど、今言ったら本当に口だけになってしまうので。皇治さん、次タフな奴でもどんなヤツでも当ててもらって倒したいと思います」と継続参戦を希望した。 [nextpage] ▼第10試合 キックボクシングルール 3分1R バンタム級(54-59kg)ד成り上がりフィンガー”悠里判定1-2〇“BAD PRINCE”元太郎  悠里はシーザージムに所属していたことがあり、プロで4勝1敗。ハサミで自分の小指を切り落としたという衝撃エピソードをオーディションで披露した男。元太郎は格闘技でプロデビューを目指しているという。  1R、両者サウスポー。悠里が前へ出て右フック、元太郎は右ミドルとワンツーで迎え撃つ。左右フックでラッシュをかける元太郎。両者フックで激しく打ち合い、皇治は「延長が見たい」。判定は2-1と割れ、元太郎が勝利した。  元太郎は「自分は18から格闘技を始めて、今23歳ですけれどプロデビュー前にこの大きな大会のオーディションがあって。悠里はプロの実績があって格上だったんですけれど、男にはやらないといけない時があると思って試合を受けました。第1回大会勝つことができて、これから続いていくかもしれないですけれど、自分はNARIAGARIのエースになるために来ました。これからのNARIAGARIは僕に任せてください」とアピールした。 [nextpage] ▼第9試合 キックボクシングルール 3分1R ライト級(65-69kg)〇“おカッパYouTuber”ジャックポットしんり[判定3-0]ד家族想いの童顔アウトロー”悦司  しんりはYouTuber。悦司は空手、ボクシングの経験があり、喧嘩は140戦してきたという。両者はオーディションの時からバチバチとやり合って来た因縁がある。  しんりが前蹴りで悦司を転倒させる。さらにしんりは右ローと右カーフ。悦司は前へ出て右フックを打っていくが、しんりはよく見てかわし右を返す。圧をかけて前へ出て行くのは悦司だが、コンパクトなパンチでヒットを奪うのはしんり。コーナーを背にしたしんりが右ストレートでダウンを奪う。悦司は右フックを振って前へ出るがしんりが前蹴り、さらに右フックの強打。それでも前へ出る悦司にしんりの右ストレートがヒットする。悦司のハイキックを前へ屈んでかわすしんり。最後はスタミナ切れでフラフラとなるも、しんりが最後まで戦い続けて判定勝ち。両者は戦い終わってノーサイドで抱き合った。  しんりはマイクを持つと「大阪のYouTuberジャックポットです。今日は皆さんにチャンネル登録してもらうために来ました。今回エンタメ枠と言われていたけれど、チャンと格闘技を毎日練習して頑張ってきたので、これからはエンタメ枠と言われないように格闘技もYouTubeも頑張っていくので応援してください」とアピールした。 [nextpage] ▼第8試合 キックボクシングルール 3分1R フェザー級(60-64kg)ד玉無し・竿無し・急所無し”オナベの進一[判定0-3]〇“玉無し・竿無し・急所有り”太極拳松村  進一は坂口杏里の夫で元女性のトランスジェンダー、松村は49歳で太極拳の使い手だという。松村はサイドキックからパンチを出しながら前へ。進一はパンチを振り回して右フックをヒットさせる。お互いに思い切りパンチを振り回し、進一は右ミドルを蹴る。互いにノーガードでパンチを振り回し合い、意地の張り合いのような殴り合い。両者最後まで手を出し、松村の判定勝ちとなった。 「実力以上のものが出せて、これもみんなのおかげです」と松村はお礼を述べた。 [nextpage] ▼第7試合 スタンディングバウトルール 3分1R ウェルター級(70-74kg)〇“千葉のMONEY 柔道王”RYOYA判定3-0ד止まらないアウトレイジ”大嶽伸次  RYOTAは幼稚園から大学まで柔道を学び、日体大柔道部出身。柔道が一番強いことを証明したいという。大嶽は現在46歳、アウトサイダーにも参戦していた経歴を持つ。普段は建設業を営み、この戦いを通じて建設業界も盛り上げたいと意気込む。  真っ直ぐなジャブと右ストレートを打っていた大嶽が右フックから左フックをヒットさせる。かなり低く構えたRYOYAも打ち返し、右フックでダウンを奪う。頭を低く下げてパンチを出す大嶽にRYOYAはガードを固めながらジャブ。大嶽が頭を振りながら左右フックを繰り出していくが、RYOYAも右を打ち返す。  判定は3-0でRYOYAが勝利。「いま自分がここに立っているのはウチの従業員が自分の挑戦を応援してくれたおかげだと思います。今日も働いてくれてありがとう。ここに来て柔道強くないですか、めちゃくちゃ。柔道が最強だと、一番強いんだと分からせるためにここに立っているので。まだまだ分からせます」とアピールした。 [nextpage] ▼第6試合 キックボクシングルール 3分1R ミドル級(75-79kg)〇“戦う電気工事士”駿之介KO 1R ※左フックד北関東”布施勇貴  高校生から大学までキックボクシングをやってK-1甲子園にも出場していたという駿之介と、少年院に2回入ったというアウトローあがりの布施が対戦。布施は地下格闘技の試合で40秒KOを誇る。  布施が前へ出て右を打っていき、駿之介も右で迎え撃つ。駿之介は右ローを蹴る。両者ともスイッチしてサウスポーに構えるが、2人とも右を強く打っていく。駿之介はヒザ蹴り。駿之介は右フックでバランスを崩した布施に左フック。NARIAGARI初のKO勝ちを飾った。  駿之介はマイクを持つと「皆さん盛り上がっていますか。久しぶりの試合でめちゃめちゃ楽しかったです。また近いうち、本格的に試合もどんどん出て行って成り上がりたいと思います。やっぱりこの大会は意味ないよな、KOじゃないと」とアピールした。 [nextpage]  ▼第5試合 スタンディングバウト(ボクシング)ルール 3分1R ライト級(65-69kg)〇“無勝のシンデレラボーイ”雄貴判定2-1ד京都の病み上がりファイター”忠地啓太  プロMMA戦績0勝2敗の雄貴が、序盤は忠地のボクシングテクニックに苦しみながらも右をヒットさせ、打たれながらも前へ出るアグレッシブファイトで判定2-1のスプリットデシジョンで勝利を収めた。 [nextpage] ▼第4試合 キックボクシングルール 3分1R フェザー級(60-64kg)ד成り上がりボーイ”来希判定0-3〇“下町のお祭り漢”輝  キックボクシング歴1カ月の来希とバスケットボール出身の輝が対戦。来希の右ハイにパンチの連打で突っ込んでいくのは輝。距離を詰めてくる輝に来希はヒザ蹴りで応戦する。左右フックで突進する哲に来希は右フックとヒザ。来希の右フックがクリーンヒットするも輝はガムシャラに前へ出る。来希が優勢だったが、輝のバックハンドブローがクリーンヒット。さらに飛びヒザ蹴り、右フック。来希はヒザ。来希も前へ出て左右フックを繰り出して打ち合いに。判定3-0で輝が勝利を収めた。  輝は「東京の下町から来た輝です。格闘技もまだ全然分からないんですけれど、今後、朝早く起きてルーティン化して自分を信じてこれからも頑張ります」と格闘技で頑張っていくと語った。皇治は「ポテンシャル高いし、身体能力も高い。これから期待できる」と評した。 [nextpage] ▼第3試合 キックボクシングルール 3分1R フェザー級(60-64kg)〇“姫路の伊達男”レイヤ判定×鈴鹿の喧嘩番長”快成 ▼第2試合 NARIAGARI BOXファイト 30秒1R ウェルター級(70-74kg)דNARIAGARI BOXの重鎮”マナブ判定0-3〇“戦う売れたい芸人”悠 ▼第1試合 NARIAGARI BOXファイト 30秒1R バンタム級(54-59kg)〇“西の雑草野郎”豆塚礼崇判定3-0ד施設育ちの荒くれ者”幸輝
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント