MMA
レポート

【GLADIATOR】フェザー級ジョー・サンビンが中川皓貴をTKOで新王者に、キ・ウォンビンがライト級王座防衛、PROGRESSウェルター級はチェンが森戸に衝撃の一本勝ちで王者に。璃久が逆転KO勝ち

2023/01/22 17:01
【GLADIATOR】フェザー級ジョー・サンビンが中川皓貴をTKOで新王者に、キ・ウォンビンがライト級王座防衛、PROGRESSウェルター級はチェンが森戸に衝撃の一本勝ちで王者に。璃久が逆転KO勝ち

(C)GLADIATOR

◆GLADIATOR020 配信
2023年1月22日(日)大会当日に「THE1TV公式Youtube」においてライブ中継中(実況は市川勝也氏、解説はTRIBE TOKYO MMA主宰・長南亮代表)。オープニングファイトは14:30から開始、午前11時より1部「WARDOG41」が開催された(※全写真は後ほど追加)。

BODYMAKER presents GLADIATOR 020××WARDOG41 in OSAKA 速報


【写真】櫻井雄一郎代表と王座戦の中川、ソンビン

【メインカード】(※各選手名から見どころ)

▼第11試合 GLADIATORフェザー級王座決定戦 5分3R
×中川皓貴(総合格闘技道場リライアブル)65.7kg
[1R 2分12秒 TKO]
〇ジョー・ソンビン(Team stun gun)65.8kg

 元UFC、現PFLファイターでTFC暫定フェザー級王座獲得経験もあるチョ・ソンビン(韓国・30歳)が来日。中川皓貴(総合格闘技道場リライアブル・26歳)と対戦する。

 この試合は、バンタム級転向のためにGladiatorフェザー級のベルトを返上した原口央(BRAVE)に代わる、フェザー級王者決定戦となる。

“グラジの寝業師”中川は柔道出身でMMA9勝3敗1NC。2022年2月の「RIZIN TRIGGER 2nd」でGRACHANの小島勝志を相手に、スタンドで左ミドルを当て、内股からの投げ、ダブルレッグテイクダウンでトップから攻めて判定勝ち。

 2022年6月にBRAVEの原口央とのノンタイトル戦でテイクダウンを許すも、2Rにフックガードからスイープし、マウントを奪いかけるなど応戦、接戦でスプリット判定負けした。9月に島村裕に判定勝ちし、王座挑戦を決定的なものにしていた。

 対するソンビンは、MMA9勝2敗。黒星の2つは、2019年6月のUFCでダニエル・テイムルに判定負けと、2021年4月の前戦でタイラー・ダイアモンドに判定負けしたもの。それ以前は9連勝で、2018年2月にはTOP FC暫定フェザー級王座決定戦で、RTUで松嶋こよみとも戦っているホン・ジュンヨンに4R TKO勝ち。2017年2月には中村ジュニアも2R KOに下している。

 強敵を相手に中川はフェザー級王座を獲得することが出来るか。

 1R、ともにオーソドックス構え。ワンツーで前に出る中川。落ち着いてさばくソンビン。続くシングルレッグを切るソンビンも、中川のヒザがローブローに。中断、再開。

 中央を取るソンビン。中川の打ち終わりに右フックを打ち抜くと、中川の動きが止まり、ソンビンは中川の組みを潰してヒジ! 金網使い立ち上がる中川は離れるが、ソンビンは詰める。

 中川は左ミドルを返すが、すぐに詰めたソンビンは、強烈な左ヒザを腹に突き、中川の低いシングルレッグを頭を押して潰すと鉄槌。

 足を手繰りながら立ち上がる中川にさらに首相撲ヒザを突くと、右脇を差して固定しながらヒザ蹴り! さらに左フックを連打。ダウンした中川にさらに左ヒザ、パウンドラッシュ。レフェリーが間に入った。

 試合後、ソンビンは、「初めまして、私の名はジョー・ソンビンです」と日本語で語ったサンビンは、続けて韓国語で「試合を観に来てくれた皆さん、ほんとうにありがとうございます。もっと大きな米国の舞台で活動していましたが、怪我を負い、こうしてGLADIATORさんに声をかけていだきタイトルマッチをすることが出来ました。ありがとうございます。プロデビューした大阪でプロデビューする気持ちで戦いました。戦ってくれた相手に感謝します。これから大阪の美味しいものを食べに行きます」と挨拶。最後に再び日本語で「愛してます! ありがとうございます」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント