AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【修斗】ONEから凱旋、佐藤将光&高橋遼伍が出場=全13カードが決定=7.15 プロ修斗・後楽園

2019/07/03 15:07
【修斗】ONEから凱旋、佐藤将光&高橋遼伍が出場=全13カードが決定=7.15 プロ修斗・後楽園

(C)サステイン

7月15日(月/祝)プロフェッショナル修斗後楽園ホール大会「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第6戦 Supported by ONE Championship」全13カードが出揃った。

5月10日のONEバンコク大会で衝撃的なTKO勝利を収めた世界バンム級王者・佐藤将光(坂口道場一族)と、5月3日のONEジャカルタ大会で同じくTKO勝ちした前環太平洋フェザー級王者・高橋遼伍(KRAZY BEE)の参戦が決定した。

修斗出身、ONEで活躍する2人が「パートナーシップ」に基づき修斗凱旋を果たす。

佐藤将光はバンコク大会で修斗の世界王者らしく落ち着いた試合運びで難敵マーク・アベラルドをパウンドアウト。ONEChampionshipデビュー戦で完璧な初陣を飾った。ホームである修斗でどんなパフォーマンスを見せるか。

対戦相手は若干23歳ながら MMA、キックと併せて40戦を越えるキャリアを持つ韓国のファン・チャン・ファン(TEAMFINISH/ROAD FC)。ファンはキックで韓国内の様々なプロモーションで数多くのタイトルを獲得し、30勝6敗という実績を引っさげMMAに転向。現在までに4勝1敗と適応力を見せ、非凡な才能を発揮している。ファンの打撃テクニックも不気味ながらも、やはり注目は佐藤の凱旋試合。世界王者となってからもコンスタントに試合を重ねる佐藤に死角は見当たらない。

そして1年7カ月振りとなる復帰戦をONE Championshipで行ったばかりの高橋遼伍も参戦決定。いま注目のカーフキックで対戦相手の足を破壊するファイトスタイルは正に示現流さながら。ONE Championshipデビュー戦でもケアヌ・スッパにヒザ下ローキックを蹴りまくり、スッパの放った蹴り足をヒザのガードでまっ二つに叩き割り、パウンドアウトでKO勝利。既にローキックで足が破壊されていたのでは? と思わせる程の衝撃を残した。

迎える対戦相手は現在修斗フェザー級の中で安定した強さを見せる実力者・高橋孝徳(リバーサルジム新宿Me,We)に決定。高橋は引き分けを挟みながらではあるが、ここ6戦負けなしと絶好調。打投極はもちろん、攻守のバランスにも非常に長けたファイターだ。

6月に試合を終えたばかりでの緊急オファーにも関わらず即答で応えた高橋孝徳。難敵や強敵といったレベルを超えた高橋遼伍との対戦は世界を見据える上で必ず越えなければならない大きな壁だ。この試合は高橋孝徳にとって格闘人生における大きなターニングポイントを迎えることになるだろう。

佐藤将光、高橋遼伍の参戦はONEChampionship チャトリ・シットヨートンCEOと修斗 坂本代表のシンガポールオフィスにおける会合で決定。「修斗の発展のためにONEも力を尽くす」という言葉で、チャトリCEOが快諾し、決定した。

その他には6.30大阪大会からスライド参戦となる泉彰洋(BLOWS)が王座挑戦経験もある、静岡の絞め技師AB(和術慧舟會駿河道場)との再戦が決定。

2015年11月の対戦でABに三角絞めで負けて以来勝ち星に恵まれていなかった泉だか、今回の再戦で過去の悪夢を払拭できるか? それともABが得意の三角絞めで再び返討ちにするのか? 連敗脱出を賭けた両者の戦いに注目だ。

そして鈴木淑徳(オフィス淑徳軍)と、今大会マスタージャパンから3人目の出場で約2年半振りの戦線復帰を迎えるSASUKE(マスタージャパン)の一戦が決定。既報の9試合に加え、4カードが追加され、これで7月15日後楽園大会の全13カードが決定した。

◆プロフェッショナル修斗公式戦
7月15日(月)後楽園ホール

【新たに追加発表されたカード】

▼バンタム級 5分3R
佐藤将光(日本/同級世界王者/坂口道場一族)
ファン・チャン・ファン(韓国/TEAM FINISH・ROAD FC)

▼フェザー級 5分3R
高橋遼伍(KRAZY BEE)
高橋孝徳(リバーサルジム新宿Me,we)

▼ライト級 5分3R
AB(同級世界7位/和術慧舟會駿河道場)
泉 彰洋(BLOWS)

▼ライト級 5分2R
鈴木淑徳(オフィス淑徳軍)
SASUKE(マスタージャパン)

【既報カード】

▼フェザー級 5分3R
リオン武(日本/同級第5代&第8代世界王者/RISING SUN)
デュアン・ヴァン・ヘルフォート(オランダ/グレイシーバッハ・ネーデルランド)

▼バンタム級 5分3R
田丸 匠(NASCER DO SOL)
一條貴洋(ブレイブハート)

▼バンタム級 5分3R
平川智也(同級世界6位/マスタージャパン)
倉本一真(修斗GYN東京)

▼フェザー級 5分3R
仲山貴志(同級世界6位/総合格闘技津田沼道場)
稲葉 聡(同級環太平洋10位/秋本道場JungleJunction)

▼フェザー級 5分3R
青井 人(同級世界7位/BLOWS)
内藤太尊(同級世界10位/roots)

▼バンタム級 5分2R
石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A.)
ガッツ天斗(パラエストラ綾瀬)2018年度同級新人王&技能賞

▼バンタム級 5分3R
加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)
小野島恒太(Combat Workout Diamonds)

▼48kg契約 5分3R
黒部三奈(マスタージャパン)※元DEEPJEWELSアトム級王者
イ・イェジ(韓国/TEAM J)

▼ストロー級 5分2R
新井 丈(キングダム立川コロッセオ)
内田 タケル(パラエストラ松戸)

UFC究極格闘技 - 見どころUFC究極格闘技 - 見どころ

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!

関連するイベント

関連する記事