MMA
ニュース

【RIZIN】所英男が元UFCドッドソンとフライ級で対戦、磐田でサトシと練習中のケースがグスタボと対戦、ベイノアvs.宇佐美正パトリックも=大晦日さいたま

2022/11/17 12:11
【RIZIN】所英男が元UFCドッドソンとフライ級で対戦、磐田でサトシと練習中のケースがグスタボと対戦、ベイノアvs.宇佐美正パトリックも=大晦日さいたま

 2022年12月31日(土)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.40』の追加3カードが11月17日、発表された。

 フライ級(57.0kg)で、所英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)とジョン・ドッドソン(米国)が対戦する。

所vs.ドッドソンは2023年、フライ級GP開催に繋げられるか

▼フライ級(57.0kg)5分3R
ジョン・ドッドソン(米国)
所 英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)

 45歳の所は、2020年大晦日に61kg契約でリオ五輪銀メダリストの太田忍に2R 腕十字で一本勝ち。7月にフライ級に落とし、21歳の神龍誠と対戦。熱闘の末、判定で敗れている。

 会見で所は、「また大晦日のRIZINで、UFCでトップだったドッドソン選手と戦えることにテンション上がって興奮しています。3Rやり切った後の世界で、笑顔でみんなで会えるように、素晴らしい世界になるように、精一杯頑張ります。ここにきて、UFCで自分が見ていて活躍されていたドッドソン選手とこんなやりがいのあることってない。持っているもの全てを出し切りたいだけです」と意気込みを語った。

 また、同じくフライ級に戻す堀口恭司、扇久保博正について、「もうほんとうにすごいなあと思ってあの2人を見ているだけなので、そこに乗っかってって言ったら失礼ですけど、自分も前回からフライ級スタートしたんで、やれることやりたいですね」と、自身もフライ級で存在感を示したいとした。

 さらに、11月11日に神龍が北米CFFCでフライ級王座を戴冠したことを問われ、「このあいだのアメリカでの試合を見て、“こんな強い人とやってたんだ”ってビックリしたのと、目が夢をつかむ人の目で“すごいカッコいいなあ”と思って見てました。そういうトップの選手とやらせていただいて本当によかったなあと思います。あの後、神龍選手と練習して、『まだまだやれます!』って今のフライ級の選手に言ってもらったのがすごく自信になっているので、そういう言葉を胸に頑張ります」と、接戦を繰り広げた若手のライバルの海外での活躍に刺激を受けていることも語った。

 38歳のドッドソンは、元UFCフライ級コンテンダー。2011年「TUF14」バンタム級で優勝し、2013年と2015年にフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンに2度挑戦も判定負け。2016年にバンタム級に転向し、2022年8月には素手のボクシング「BKFC 28」で1RKO勝ちを収めている。

 2004年11月「DEMOLITION」以来の日本での試合と所との戦いに向け、ドッドソンは、「18年ぶりに日本で戦う事をとても嬉しく思います。RIZINは素晴らしい団体だと思いますし伝統ある大晦日の大会に出場できる事はファイターとして誇りに思える事だと思います。所選手はまさにレジェンドファイターで、久々の日本での試合で自分のスキルを見せるのに相応しい相手だと思います。彼の素晴らしいグラップリングを自分のレスリングと打撃で防いでみせます。日本のファンには自分のファイトスタイルと爽やかな笑顔を覚えてもらいたいです。大晦日に会える事を楽しみにしています」とのコメントを主催者を通じて発表している。

  両者は2023年に開催が検討されているフライ級GPの柱となるか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント