EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
ニュース

【Bellator】フェザー級王座戦パトリシオvs.ボリッチがパス、ライト級でAJと対戦のカーライルが0.2kg超過、その理由は?

2022/10/01 22:10
 2022年10月1日(土)米国カリフォルニア州ロングビーチ・コンベンション&エンターテイメントセンターで開催される『Bellator 286: Pitbull vs. Borics』(U-NEXT配信・10月2日7時30分~)の前日計量が30日、同地にて行われた(※選手会見コメント)。  メインイベントの「Bellator世界フェザー級選手権試合」(5分5R)に臨む王者パトリシオ・フレイレ(ブラジル)は144.6ポンドのアンダー、挑戦者のアダム・ボリッチ(ハンガリー)は145ポンドのジャストで計量をパスした。フェイスオスで対峙するとその身長差10㎝は歴然。  果たしてパトリシオはAJ・マッキーから奪還した王座の初防衛なるか。挑戦者のボリッチは前戦でマッズ・バーネルを5Rの末に下したファイトIQと身長差を活かした必殺の跳びヒザでハンガリー初のBellator王座戴冠なるか。  その前フェザー級王者のAJは初のライト級で、RIZINで武田光司に一本勝ちしたスパイク・カーライルと対戦も、カーライルは初回計量で1ポンドオーバー。再計量では0.6ポンド(0.2kg)オーバーでキャッチウェイト戦で戦うこととなった。  計量後、カーライルは「(体重計が)0.2ポンドずれていた。降りたら今ここに0.2が表示されてるじゃないか。もう1回乗らせてくれ、こんなのフェアじゃない」と不満を語り、計量時間についても「11時だと言われていたのに(10時になった)。まだ髪も乾いてないままだ。ロン毛だから乾かすのに10分は必要なのに! これまで俺は体重を調整できなかかったことはないんだ」と、濡れた長髪のまま体重計に乗った理由を語っている。  一方、当初の予定ではバンタム級戦だったフアン・アーチュレッタ(米国)とエンリケ・バルゾラ(ペルー)の試合は、ファイトウィークになり、アーチュレッタ陣営の意向により141ポンド契約に変更されている。  また、メインカードでは、注目のフェザー級戦で、6連勝中のアーロン・ピコ(米国・4位)が、元UFCのジェレミー・ケネディ(カナダ・6位)と対戦する好カードも組まれており、両者ともに計量をパスしている。 [nextpage] Bellator 286: Pitbull vs. Borics 全選手計量結果&写真 2022年10月1日(日本時間2日)米国カリフォルニア、ロングビーチコンベンション&エンターテイメントセンター ▼Bellator世界フェザー級選手権試合 5分5Rパトリシオ“ピットブル”・フレイレ(ブラジル)王者・33勝5敗 144.6lbs/65.58kgアダム・ボリッチ(ハンガリー)挑戦者・18勝1敗 145lbs/65.77kg [nextpage] ▼ライト級 5分3RAJ・マッキー(米国)18勝1敗 ※ライト級初戦 155.8lbs/70.66kgスパイク・カーライル(米国)14勝3敗 156.6lbs/71.03kg ※体重超過 [nextpage] ▼フェザー級 5分3Rアーロン・ピコ(米国)4位・10勝3敗 144.6lbs/65.58kgジェレミー・ケネディ(カナダ)6位・17勝3敗 145lbs/65.77kg [nextpage] ▼141ポンド契約 5分3Rフアン・アーチュレッタ(米国)25勝4敗 141lbs/63.95kgエンリケ・バルゾラ(ペルー)18勝6敗2分 137.4lbs/62.32kg [nextpage] 【プレリミナリー】 ▼ライト級 5分3Rイスラム・マメドフ(ロシア)21勝2敗1分 155.2lbs/70.39kgニック・ブラウン(米国)13勝1敗 156lbs/70.76kg [nextpage] ▼ライト級 5分3Rジェイ・ジェイ・ウィルソン(ニュージーランド)8勝1敗 156lbs/70.76kgヴラジミール・トコフ(ロシア)6勝1敗 154.6lbs/70.12kg [nextpage] ▼ミドル級 5分3Rハリド・ムルタザリエフ(ロシア)15勝3敗 186lbs/84.36kgハジムラト・ベスタエフ(ロシア)11勝4敗 185.2lbs/84.00kg [nextpage] ▼フライ級 5分3Rスミコ・イナバ(米国)4勝0敗 124.8lbs/56.60kgナディーヌ・マンディアウ(ベルギー)125.8lbs/57.06kg [nextpage] ▼フェザー級 5分3Rウェバー・アルメイダ(ブラジル)6勝1敗 144.6lbs/65.58kgライアン・リリー(米国)11勝8敗 144lbs/65.31kg [nextpage] ▼ライト級 5分3Rランス・ギブソンJr(カナダ)6勝0敗 155.4lbs/70.48kgドミニク・クラーク(米国)15勝12敗 158.2lbs/71.75kg ※体重超過 [nextpage] ▼ライト級 5分3Rマックス・ロシュコフ(米国)7勝1敗 155.4lbs/70.48kgマイク・ハメル(米国)9勝5敗 155.6lbs/70.57kg [nextpage] ▼バンタム級 5分3Rリチャード・パレンシア(米国)10勝0敗 136lbs/61.69kg ※元LFA王者C.J・ハミルトン(米国)15勝9敗 135.2lbs/61.32kg [nextpage] ▼バンタム級 5分3Rボビー・セロニオ3世(米国)2勝0敗 136lbs/61.69kgミゲール・ペインバート(米国)1勝1敗 131lbs/59.42kg [nextpage] ▼ライト級 5分3Rケオニ・ディッグス(米国)9勝2敗 155.6lbs/70.57kgヒカルド・セイシャス(ブラジル)9勝3敗 156lbs/70.76kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント