ボクシング
レポート

【3150FIGHT】石井慧がボクシングデビュー戦を勝利で飾る「日本でやるにはJBCの皆さんのご理解が必要ですので何卒よろしくお願いします」

2022/08/14 19:08
3150FIGHT vol.32022年8月14日(日)エディオンアリーナ大阪第1競技場 ▼第7試合 ヘビー級 4回戦〇サトシ・イシイ(=石井慧/クロアチア)判定2-0 ※38-38、39-37、40-36×高山秀峰(スパイダー根本)  クロアチアのボクシングコミッションでプロボクサーのライセンスを取得していた石井慧は、今回がプロボクシングデビュー戦。試合に向け、ロシア・モスクワのブパスジムにてトレーニングキャンプを行ってきた。  石井の前戦は、2022年6月17日(日本時間18日)クロアチア・カーロヴァクのドヴォラナ・ムラドストで開催された「FNC(Fight Nation Championship)6」で、英国のチャーリー・ミルナーを1R、わずか40秒でTKOに下したばかり。MMA40戦目を白星で飾っていた。  今回、石井が対する高山は、2021年11月に中野健太郎(ワールド日立)を1R 54秒、KOに下したハードパンチャー。石井は、主催者を通じて「自分が戦う事によって、少しでも日本ヘビー級の盛り上がりに繋がれば嬉しいですね。これに勝ったら但馬ミツロ選手の踏み台に使ってみてはどうでしょう?」とのコメントを発表。  対する高山は「今回、『3150FIGHT』という大きな舞台で、有名なイシイ選手と試合ができることは大変光栄です。ボクシングでは自分のキャリアが上なので、絶対に倒して勝ちます。応援よろしくお願いします」と意気込みを記している。  1R、サウスポーの石井は低く構えでジャブと左ボディストレート、高山は右ボディストレートから左フックを返す。スピードのある高谷だがイシイも重い右フックを返す。前に出て圧力をかけるイシイに高山はステップを使ってサークリング。ベタ足でじりじりと前に出るイシイはガードを固めて接近し、右フックを打つ。しかし、左ボディを打ったところで高山の右フックをもらってグラつく。すぐに立て直したイシイは再び前へ出て左フックを打つ。  2Rも前に出る石井だが、1Rとは違って手を出していく。高山は頭を左右に振って入って行くがこれはイシイがかわす。イシイは左ストレートをいきなり放つが高山はかわし、逆に左フックを打ち込む。イシイは高山にロープを背負わせるとガードの隙間を縫うような左アッパー。高山も右フックで応戦する。  3R、イシイは左ボディから入り、距離を詰めて左から右のワンツー。高山をロープに押し付けて左アッパー、左フックを打つ。高山もショートのフックとアッパーで対抗。頭と頭がくっつくほどの距離でショートを打ち合う両者。イシイは右フック、左ストレートを強打するが高山は右フックを返す。高山は一度離れるがイシイはすぐにロープへ追い詰める。  4R、左ストレートから前に出るイシイ。右フックを打つと高山は左右フックを繰り出す。押し込むイシイが接近戦でボディを打ち、左フックにつなげる。イシイの左ストレートがクリーンヒットし、すかさず打ち返す高山だが今度はイシイの左フックが入る。前へ出て手数を出していくイシイに最後の10秒で高山も左右フックで打ち合う。  判定はジャッジ1名がドローだったが、判定2-0でイシイが勝利。「スパーリングと本当の試合というのは違うんだと思いましたし、相手も必死こくので。デビュー戦ですけれども全然ダメですね、自分自身。あれしかできないのでね、今。ああいう風に詰めてプレッシャーかける練習をしてきたのでそれしかできないという。もっと軽いパンチとか強弱つけられるようになれればと思います。(今後は)海外では絶対にやりたいと思っています。日本でやるにはJBCの皆さんのご理解が必要ですので何卒よろしくお願いします。また頑張って行きます」と勝利者インタビューに答えた。 [nextpage] ▼メインイベント 日本・韓国ヘビー級タイトルマッチ10回戦〇但馬ブランドンミツロ(KWORLD3)TKO 1R×イ・ソンミン(韓国)※但馬が日本・韓国ヘビー級王座に就く。  1R、但馬は両腕ブロックを固めて、ソンミンはその上からパンチを叩きつける。約50秒、その展開が続いてところで但馬がようやくジャブを突く。ソンミンのワンツーはかわして左ボディ。但馬がジャブから右フック、そして右アッパーを突き上げると、ソンミンの身体が泳ぐ。棒立ちになったところへ但馬が左ボディから右フックを2発。ここでレフェリーがストップに入り、但馬のTKO勝ちとなった。  2戦目にして2本のベルトを手にした但馬は「このベルトは始まりに過ぎないし、これからみなさんに僕が戦う姿をたくさん見せていく中で、これがやっとスタートラインです。ここまで怪我したりいろいろなことがあって試合が出来ない期間も長かったけれど、変わらない応援、仲間を愛しているよ。みんな戦っているし、こうやって僕がリングに上がってこれは僕の戦い方ですけれど、コロナ禍をこえて世の中クソみたいなことばかりだけれど、ここの会場にいるみんなが戦っているし、ABEMAで見ているみんなが戦っているし、僕はこれからたくさんの人に無理って言葉を言われるだろうけれど、人間って無理って言葉に押しつぶされそうになって本当にキツいと思う。だけどそんな無理って言われるものに対して戦う僕の姿を見て、みんなの頑張る材料になればいいかなって思う。みんなの人生を変えることは出来ないけれど、みんなと一緒に頑張ることは出来ると思う。だからこれからも応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。 [nextpage] ▼セミファイナル 東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦〇力石政法(緑)KO 4R×トムジュン・マングバット(フィリピン)※力石が初防衛に成功。  4R、前に出るマングバットに右ジャブを突くサウスポーの力石。マングバットの左フックに左ボディからの右フックを打ち、すぐに回り込む。低い構えからボディを狙って強引に前へ出てくるマングバット。力石はジャブとステップワークで距離をとり、右フックから右へ移動して左アッパー。そしてマングバットが姿勢を低くして左フックを打とうしたところで左アッパー。この一発が見事に入り、力石がKOで初防衛に成功した。  力石は「手応えはありましたね。今日は相手のパンチが全部見えたので狙っていましたね。体力の温存もしていたので。世界とは見えない壁があるので。僕の中では行けそうだなって思うんですけれど、絶対に見えない壁があるのでどこかでそれを破りたいですね。僕は世界のベルト以外興味ないので、この東洋のタイトルはいつ返上してもいいので、興毅会長に早く強い世界のランカーと組んでもらって、世界を経験してみたいなと。これから負けずに勝ち上がって必ず世界のベルトを巻くのでよろしくお願いします」と勝利者インタビューに答えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント