K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】スーパー・フェザー級2戦目に臨む江川優生「KOを狙えたら狙いたいし、圧倒的に勝ちたい」

2022/08/04 21:08
【K-1】スーパー・フェザー級2戦目に臨む江川優生「KOを狙えたら狙いたいし、圧倒的に勝ちたい」

スーパー・フェザー級初戦では大岩に敗れた江川が2戦目に臨む(C)K-1

 2022年8月11日(木・祝)福岡国際センター『ECO信頼サービス株式会社PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』にて、スーパーファイトのK-1スーパー・フェザー級3分3R延長1Rでマキ・チャーチャイ(タイ/真樹ジムAICHI)と対戦する江川優生(POWER OF DREAM)が公開練習を行った。


 今年4月の『K'FESTA.5』での大岩龍矢戦からスーパー・フェザー級に階級を上げた江川。スーパー・フェザー級でもトップレベルのタフネスを誇る大岩と真っ向勝負の打ち合いを繰り広げるも、惜しくも判定で敗れた。大岩戦を振り返り「自分のいつも通りの技術を出せず、身体の勝負でも負けてしまった。一番はフィジカルが足りなかった」という江川。これまで体重増加を気にしてフィジカルトレーニングを控えていたが、スーパー・フェザー級で戦う身体を手に入れるために、大岩戦後からフィジカルトレーニングに着手した。

 江川自身「自分ではよく分からないんですけど、周りからは身体が大きくなったと言われるし、体重自体は変わらなくても筋量が増えたんだと思います。ミット打ちをやっていても体重の乗りがいいように感じてますね」と手応えを感じており、公開練習のミット打ちでも重みのあるパンチ・蹴りを打ちこみ、スーパー・フェザー級仕様の身体と動きを見せた。


 江川にとって階級転向2戦目の場所はK-1九州大会。昨年のK-1九州大会にも出場を予定していたが、大会前に「感染症拡大防止のため、一定の待機期間を設ける必要のある選手」に該当したため欠場。今回が九州初上陸となり「福岡には一度も行ったことがなくて、試合がなくなった時点でもういくこともない土地なのかなと思っていたんですよ。そうしたら試合が決まって、こういう縁だったのかなと思います」と試合が決まった時の心境を明かす。

 そんな江川が対戦するのは約200戦のキャリアを持つ“暴れムエタイ”マキ・チャーチャイ。江川が苦戦した大岩と同じくタフさが売りの選手で、江川にとってはまさに大岩戦の課題克服が試される一戦だ。江川自身「(チャーチャイは)タフで打たれ強く、ガンガン来る印象があります。そういう選手とやった方が自分のスキルは上がると思うので、凄く面白い試合になると思います」と不安要素は一切なし。

 外国人選手との対戦は2019年11月のK-1横浜アリーナ大会以来となるが「そのトーナメントの時に初めて外国人選手と対戦して、そこから(外国人選手とは)やってないのでどうなんだろう…。外国人特有の身体の強さはあると思うので、そこは舐めないでしっかりと倒しにいきたい。相手とぶつかってみてどれぐらい身体の強さがあるのかは分かりませんが(KOを)狙えたら狙いたいし、圧倒的に勝ちたい」と短期決着&圧勝も思い描いている。


 9月11日のK-1横浜アリーナ大会では武尊が返上したK-1スーパー・フェザー級王座を懸けたトーナメントが開催される。そのメンバーからは漏れる形になった江川だが「今の60kgのトップ戦線のメンバーが集まって、王者を決めるにはふさわしいメンバーが集まったと思います。前回、自分は(大岩に)負けてしまってまだ役不足。だから特に何も言えません。ここでしっかり勝ってチャンピオンとの対戦に名乗りを挙げたい」と虎視眈々とベルトを狙っている。

 また「60kgで連戦連勝して自分がそういうポジションになった時には責任をもってK-1を背負っていきたい」と武尊に続くK-1の時期エースの座も狙う江川。福岡の地で“足立区の怪物”完全復活なるか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント