キックボクシング
インタビュー

【THE MATCH】“もうひとつの世紀の決戦”を制した海人はいかに“怪物”野杁を攻略したか「本当に楽しい時間でした」

2022/06/20 15:06
【THE MATCH】“もうひとつの世紀の決戦”を制した海人はいかに“怪物”野杁を攻略したか「本当に楽しい時間でした」

(C)THE MATCH 2022

 2022年6月19日(日)東京ドームにて「THE MATCH 2022」が行われた。

 5万6千399人の観衆によるチケット売り上げ20億円、50万件(25億円)以上のPPV購入があった同大会のセミファイナルでは、68.5kg契約(3分3R延長1R)で、K-1 WORLD GPウェルター級(-67.5㎏)王者の野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と、シュートボクシングS-cup 2018 -65kg世界T王者の海人(TEAM F.O.D)が対戦した。

 9連勝中の“怪物”野杁と、11連勝中の“SBの絶対的エース”海人が、那須川天心vs.武尊に並ぶ“もうひとつの世紀の決戦”として注目が集まるなか、試合は、延長判定の末に、海人が勝利。

 試合後、「シュートボクサーの海人です。これで日本に相手がいなくなりました。次は自分は世界へ行きます。世界と戦って世界一になります。そのためには、皆さんの力が必要です。皆さん一緒に世界に行ってください」とあらためて世界進出をアピールした。

対策をしっかり練られていた(野杁)

 試合は、ともに長身でオーソドックス構えの接近戦に。

「ファイトスタイルが似ている」と言われる両者は、互いにガードを固めてブロッキングして中に入り、左ボディ、ボディへのヒザ、顔面への跳びヒザと左右・上下に打ち分けると、死角への攻撃、離れ際に連打をまとめるなど、針の糸を通すようなテクニカルな展開を繰り広げた。

 何が勝敗を分けたのか。

 2019年3月のジョーダン・ピケオー戦の判定0-2負け以来の黒星を喫した野杁は、会見で「悔しい、の一言ですね」と唇を噛んだ。

 右前腕に包帯を巻いて現れ、「1Rで骨折した」ことを明かすと、怪我については「言い訳になっちゃうんで」と多くは語らず。「試合前に怪我しようが、試合中に怪我しようが、勝つやつは勝つんで、本当に関係ないですね」と語り始めた。

 その右腕は練習中にすでに痛めていたのか、自身の攻撃か、それとも海人の攻撃をブロッキングして痛めたのか、会見では明かさなかった野杁は、海人について「戦っていて身体の強さは感じました」という。そして、「僕の対策をしっかり練っていた印象がありました」と。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア