MMA
レポート

【UFC】ヴォルコフがホーゼンストライクを1R TKO、エフロエフがイゲ降し16戦無敗・UFC6連勝でUFC9戦無敗のアレンとの対戦をアピール! アウメイダが逆転KO! シウバがボテーリョに鮮烈一本勝ち、オズボーンが61秒KO

2022/06/05 06:06
【UFC】ヴォルコフがホーゼンストライクを1R TKO、エフロエフがイゲ降し16戦無敗・UFC6連勝でUFC9戦無敗のアレンとの対戦をアピール! アウメイダが逆転KO! シウバがボテーリョに鮮烈一本勝ち、オズボーンが61秒KO

(C)Zuffa LLC

 2022年6月4日(日本時間5日)、米国ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて「UFC Fight Night Vegas56 : Volkov vs. Rozenstruik」が開催。同大会は、日本時間6月5日(日)2時にプレリムがスタート、5時開始のメインカードの全試合がUFC FIGHT PASSでライブ配信された。

UFC Fight Night Vegas 56: Volkov vs. Rozenstruik 速報

現地時間2022年6月4日(土)、日本時間5日(日)
米国・ネバダ州ラスベガス /UFC APEX

【メインイベント】

▼ヘビー級 5分5R
〇アレクサンドル・ヴォルコフ(ロシア)256.5lbs/116.35kg
[1R 2分12秒 TKO]

×ジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)259lbs/117.48kg

 メインイベントは、ヘビー級の5分5R戦。7位のアレクサンドル・ヴォルコフ(ロシア)は256.5ポンンド(116.35kg)、8位のジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)は259ポンド(117.48kg)でいずれもパスしている。

 元Bellator王者ヴォルコフは、極真空手の黒帯で、2021年2月にアリスター・オーフレイムを2R左フックでTKOに降し、オーフレイムをUFCリリースに追い込んでいる。

 その後、シリル・ガーヌに判定負け、マルチン・ティブラに判定勝ちも、2022年3月の前戦では、UFC4戦無敗のトム・アスピナルにストレートアームバーで一本負けしている。MMA34勝10敗(UFC8勝4敗)。

 対するホーゼンストライクは、RIZINで1勝後、UFCに参戦。2019年12月にヴォルコフ同様にオーフレイムを5R 右クロスでKO。UFC4連勝をマークした。しかし、その後は2勝3敗。フランシス・ガヌー、シリル・ガーヌとトップどころに跳ね返されており、2021年9月の前戦では、カーティス・ブレイズを相手にグラウンドでの弱点を露呈している。MMA12勝3敗(UFC6勝3敗)。

 6月11日の「UFC 275: Teixeira vs. Prochazka」では、同じくRIZIN出身のイリー・プロハースカがグローバー・テイシェイラの王座に挑戦するなか、両者はタイトルに近づくファイトを見せられるか。

 1R、ともにオーソドックス構え。右前蹴りから入るヴォルコフ。さらに左の前蹴り。ブロッキングのホーゼンストライクに、今度は左ボディストレートで牽制。上下に散らして攻める。

 左前手を伸ばすヴォルコフに左右で飛び込みはホーゼンストライク。ヴォルコフは右を伸ばすも打ち返しに警戒。ヴォルコフの右ローに右を狙うホーゼンストライク。

 詰めるヴォルコフの右ストレートでホーゼンストライクの動きが止まると、ヴォルコフは、さらに打ち下ろしの右の突きを当てると左右連打から右ショートアッパーも入れての左右に、ホーゼンストライクはヒザを落とし、頭を抱えて動けず。レフェリーが間に入りかけたところで左に回るが時遅し。ヴォルコフがTKO勝ちした。

 試合後、ヴォルコフは、「連勝できて幸せな気分だ。助けてくれた人、応援してくれた人、みんなありがとう。彼はケージ際で良いディフェンスをしていないことが分かっていたので、隙をついてノックアウトを狙ったんだ。今後? どんな挑戦でも準備はできている」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア