MMA
レポート

【UFC】王座剥奪のオリベイラがゲイジーに逆転一本勝ちで王座決定戦へ、エスパルザが女子ストロー級新王者に。チャンドラーがファーガソンを前蹴りKO! ショーグン敗れる。注目フライ級でロイヴァルが9つ目の1R一本勝ち=『UFC274』

2022/05/08 10:05
【UFC】王座剥奪のオリベイラがゲイジーに逆転一本勝ちで王座決定戦へ、エスパルザが女子ストロー級新王者に。チャンドラーがファーガソンを前蹴りKO! ショーグン敗れる。注目フライ級でロイヴァルが9つ目の1R一本勝ち=『UFC274』

 2022年5月7日(日本時間8日)、米国・アリゾナ州フェニックスのフットプリント・センターにて『UFC 274: Oliveira vs. Gaethje』が開催された。

【メインカード】

▼UFC世界ライト級選手権試合 5分5R
〇シャーウス・オリベイラ(ブラジル)33勝8敗(UFC21勝8敗)UFC11連勝
[1R 3分22秒 リアネイキドチョーク]

×ジャスティン・ゲイジー(米国)23勝4敗(UFC6勝4敗)

※オリベイラが規定体重を0.5ポンドオーバー。報奨金の一部を没収とする。ライト級王座はメインイベントの試合開始と同時に空位となる。試合は予定通り行われるものの、UFC 274ではジャスティン・ゲイジーが勝利した場合のみ、ライト級王座を獲得。

 オリベイラは柔術黒帯。2021年5月にUFC19戦目にして初の王座決定戦で、元Bellator世界ライト級王者のマイケル・チャンドラーを2R TKOで下し、悲願のベルトを巻いた。2021年12月にダスティン・ポイエーからもリアネイキドチョークで一本勝ち、初防衛に成功している。2度目の防衛戦に挑む予定だったが体重超過で無冠に。

 元暫定王者、現1位のゲイジーはレスリングがバックボーン。ファーガソンに5R TKO勝ちで暫定王座は獲得したがハビブ・ヌルマゴメドフとの王座統一戦には敗れている。その後、2021年11月にマイケル・チャンドラー判定勝ちし、王座挑戦戦を決めた。

 1R、ともにオーソドックス構え。ゲイジーは先に左ローもそこに右を合わせるオリヴェイラが前に。首相撲からヒザを突く。右アッパーでダウンを奪うも、グラウンドには付き合わないゲイジー。さらに右で腰を落とさせるが、下のオリヴェイラに深追いはまだしない。

 左の額をカットしたオリヴェイラ。右アッパーを突くが、左フックを返すゲイジー。組んで引き込むオリヴェイラだが、突き放して立つゲイジー。右ヒジのオリヴェイラに、左を合わせるゲイジー。右ローを突き、首相撲は離すが、そこにオリヴェイラは右ストレート!

 後方にダウンしたゲイジー。バックを奪うオリヴェイラは、背後からヒジを突き、腕十字を狙いつつ、後ろ三角絞め。これを亀になって逃れるゲイジーに、4の字に足を組んでリアネイキドチョークへ。いったんは後ろ手を剥がしたゲイジーだが、組み直したオリヴェイラの左腕が頭後ろに入り、ゲイジーがタップした。

 1R、3分22秒、一本勝ちを決めたオリヴェイラはこれで3連続フィニッシュの11連勝。

 試合後のオクタゴンの中でのインタビューで「みんな何かを見失っている。チャンピオンはシャーウス・オリヴェイラだ。ベルトは奪われた。俺は全階級いちの問題児になっている。ベルトはここにあるはずなのに。(決定戦の相手は?)誰でもいい。コナー・マクレガーでも誰だっていいから」と語った。

 なお、試合後の会見でダナ・ホワイト代表は、オリヴェイラが空位となった王座の決定戦に進むことを明言。同時にライト級3位のイスラム・マカチェフはSNSで「おめでとう、アブダビ(10月22日の「UFC281」)でやろう」と記しているが、オリヴェイラの対戦相手は誰になるか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア