AbemaTVAbemaTV
K-1
インタビュー

【K-1】木村“フィリップ”ミノル「“盛り上がっている”と“笑われている”は違う。僕は挑発もなしで試合で魅せる」=6月30日(日)「K-1 WORLD GP」両国

2019/06/05 15:06
【K-1】木村“フィリップ”ミノル「“盛り上がっている”と“笑われている”は違う。僕は挑発もなしで試合で魅せる」=6月30日(日)「K-1 WORLD GP」両国

(C)M-1 Sports Media

 6月4日(火)東京・K-1ジム五反田にて、6月30日(日)両国国技館で開催される「「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]でクルーズ・ブリッグスと対戦する木村“フィリップ”ミノルが公開練習を行った。

 5月18日に近藤魁成との大激闘を制し、K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王座を防衛したばかりの木村。短期間での連戦となるが、コンディションは万全だという。

「少し休んで回復も順調にいっていて、体調はバッチリだと思います。勝ててホッとしたというのはあるんですけど、改善点が見つかった点はよかったし、次の相手に向けて課題は一緒かなと。ステップとしてはよかったし、気も引き締まったので、いい経験ができてよかったと思います」

 近藤戦では最初にダウンを奪われながらも逆転勝ちした点に、自ら「進歩できた」と語っていた。あの闘いぶりを、どう次につなげようとしているのか。

「進歩できた点もありますが、今はダメだった点に着目して、直す方に意識しています。もっともっと突き詰めていかないといけないところが見つかったので、今回の強豪相手にどれだけできるか、自分でも楽しみですね。

 反省点? 蹴りが全くない(笑)。近藤選手が相手だからああいう試合になったというのもあるけど、『僕だけ別競技をやってるな』とずっと思ってて。本当はもっとオールラウンドに、パーフェクトな試合をしたかったけど、近藤戦は自分の中で特別なものだったからああなりました。練習では前からオールラウンドにやってるんですが、作戦の組み方とかも見直す時期かなと。次はそこを課題にしたい」

 今回の相手であるブリッグスの研究も、少しずつ始めているという。

「大体の傾向は見えて、イメージはできました。ムエタイスタイルだけどパンチは一発一発思い切って打つし、フィジカルもあって打たれ強さもあると思う。効果的な攻撃をしっかり当てていかないとひるんでくれないでしょう。でも、めちゃくちゃ噛み合うと思います。やりたかったタイプ。海外の強豪とやりたかったのでうれしい」

 では、そんな相手にどう勝ちたいのだろうか?

「パンチで豪快に倒せるということは、もう十分分かってもらえたと思うので、次はパーフェクトなコンビネーションとか、鮮やかなところも見せて、『こういう一面もあるんだ』ということを見せていきたいです。ガードが固い選手だと思うので、ガードの上から効かせて倒したいですね。選手像としても、そういう試合が目標です」

 会場となる両国国技館では、前日まで2日間、WWEの日本公演が行われる。カード発表会見でその事実を知って興奮していた木村は、さらにこう語った。

「前日まで2日間WWEがやっていて、会場にWWEの神様が深くしみこんでると思うんですよ。WWEの神様が好きなファイターは僕だから、味方してくれると確信してます。でもWWE的な勝ち方だと、やられてから逆転勝利みたいになってしまうので、圧勝したいです(笑)。

 パフォーマンスや迫力なら、WWEを2日間見た人でも『すげえ!』と思ってもらえる自信があります。WWEのファンにも、3日公演だと思って来いと言いたいですね(笑)。『ワールド・エンターテインメント』というコンセプトは同じなので。比べてもらえるものがあるだけでも幸せですからね。そこでインパクトで勝ちたい。結果、『ミノルの試合の方が面白かった』と思わせれば間接勝利になりますから」



 比べられると言えば、トーナメントやタイトルマッチも並ぶ両国大会では他の試合とも比べられることになる。

「トーナメントも今までより注目度が高いですよね。不可思選手の初登場もあるし、濃い大会になると思います。テーマがいっぱいある中で、いい試合をするだけですね。『木村は一つ次元が違ったな』と思ってもらわないといけない立場ですから。

 最近はK-1の傾向が変わってきて、ファンも本物が分からなくなってると思うんです。旧K-1は多くの人にエナジーとパワーとバイブスと、いろんなものを与えていましたが、今のファンはそれをもらえなくてかわいそう。申し訳ないですよね。本物の格闘技ファンを満足させることができなくなっているし、僕はそこを救ってあげたい。

 今はSNSで挑発したり、YouTubeの再生回数が上がったと喜んでるけど、盛り上がっているんじゃなくて、笑われてるだけ。それを変える一歩として、挑発もなしでリングで見せていきたいです」

 また最後には、同日のスーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに出場する同門の玖村兄弟についても言及した。

「彼らは注目されるような飛び抜けた発言をするわけではないですが、試合のパフォーマンスは素晴らしいし、素晴らしい結果を出し続けているし、何より顔がいいし、カッコよくて華やかだし、全部本物。このトーナメントでは彼らがどう活躍するかがK-1を救う起爆剤になれると思います」

 玖村兄弟とともに、K-1を変えると意気込む木村。果たして当日はどんな闘い、どんな勝利を見せてくれるのか?

VHTC ONLINE STOREVHTC ONLINE STORE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年7月号
2019年5月23日発売
復刊第2号! 6.14 NY MSGでBellator王者コールドウェルに挑戦する堀口恭司と、無敗のグスタボを下した朝倉未来がスパーリング対談。さらに武尊×不可思の盟友対談、那須川天心秘話、平成格闘技プレーバックも掲載!

関連するイベント

関連する記事