MMA
インタビュー

【RIZIN】佐々木憂流迦、クレベルは「全然勝負できる相手。気持ちの部分がすごく出る場面が何度もあるような試合になる」

2022/02/17 18:02
 2022年2月23日(水・祝)静岡・エコパアリーナにて開催される「SPASHAN HPS presents RIZIN TRIGGER 2nd」で、フェザー級の強豪クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)と対戦する佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)が17日、リバーサルジム新宿Me,Weにて、公開練習を行った。  山崎剛 Me,We代表が持つドラム型ミットに、1R1分30秒、パンチを打ち込んだ佐々木は、時折、声を上げながら強い打撃を見せた。 その理由を、「ドラム(ミット)をやって力が入ったところを見せられたと思います。格闘技なので気持ちの部分が大事なところもあるし、クレベル戦では気持ちの部分がすごく出るような局面が何度もあるような試合になると思うので、ほんとうに気合いも入っていて、楽しみです」と、試合中にも気迫を前面に押し出してファイトするクレベルに対して退かない構えであるとした。 「絶好調ですね。怪我もほんとうに何もなく、120パーセントで行けるコンディションです」と笑顔を見せる佐々木。  2021年9月の前戦では、プロデビュー当時のフェザー級に戻して堀江圭功と対戦も、組みで決定機を作れず打撃で後れをとった。  UFCでのフライ級からRIZINでバンタム級で参戦、そしてフェザー級への回帰について、「めちゃめちゃ調子いいですね。ナチュラルに近くて、減量もバンタムのときと比べてすごく楽で力も入るし、組み力も強くなりました」と手ごたえを語る。 「(前戦から)だいぶ変わって、山崎さんのご指導のもと、倉本(一真)さんだったり、練習仲間が一緒に練習してくれてレベルアップを感じるので、それをファンに見せられる試合になるんじゃないかなと思います。自分自身、超楽しみで、ファンよりも俺の方が楽しみです」と目を輝かせた。  対するクレベル・コイケについては、「KSWのチャンピオンでもありますし、戦績を見てもそうですが、極めが強い。全局面でやってくる、ほんとうにレベルの高い選手だなと思っています」と高く評価しながらも、「しっかり俯瞰してみて、僕が勝っているところは勝っているし、劣っているところは劣っている。全然勝負できる相手だなと思います」と自信をのぞかせた。 [nextpage] 相性がいいと思っているけど、過信はしていない  クレベルがこの10年間で敗れた相手は2選手のみ。ともにKSWでの試合で、現在UFCで3連勝中のマテウス・ガムロとアルトゥル・ソウィンスキに判定負けしている。それは、自身と同等にグラップリング力があり、特にサブミッションの防御が強くて、打撃が強い選手に敗れていることを示す。  その意味で、打撃面に力を入れ、寝技を得意とする佐々木にとって、クレベルは相性がいい相手との見方もあるが、佐々木は「表面的に見たら相性はいいんじゃないかなと思っていますけど、負けている試合を見ても、すごく打撃がきれいだったりとか、僕とはまたタイプが違うので、一回触ってみないと何とも言えないというところはありますね。自分も試合を結構やってきていますが、思っていたのと違うとなると焦るじゃないですか。だから、僕のなかでは相性がいいなと思っていますが、過信はしていないです。触るまで分からない」と、手が合うことは認めつつも、想定外のことが起きることも考えていることを明かした。  今回は「TRIGGER」での参戦。2018年11月にアルゼンチン・ブエノスアイレスで戦ったUFC以来のケージでの試合となる。  さらに、ともに静岡を地元とするが、今回の会場は静岡県の西よりの袋井市で、沼津出身の佐々木にとっては単純にホームといい難い状況でもある。これまでサンパウロ、ベルリン、マカオ、ロッテルダム、ニューヨーク、シンガポールと世界各地のアウェイで戦ってきた佐々木は、たとえ会場の雰囲気がアウェイであろうと、ケージでの戦いが自身にとって有利になると考えている。 「ケージの方がいいんじゃないですか、やっぱり(笑)。僕の中では全部、ケージでもいいくらい。嬉しいですね。クレベル選手は周りにブラジルの方も多いですし、応援団も来るだろうし、金網で、ちょっとUFCを思い出すような感じになるんじゃないかなと思っていますが、僕も飛行機乗り継いで行きましたから、アウェイ大得意ですよ」と、ボンサイ柔術のホームでも、ケージグラップリングで自身に分があるとした。 「入場時から映像があり、それも含めてひとつの作品なので、出てくるアーティストさんとかもしっかり目に焼き付けてほしいです。試合に出る選手が勝ってぶち上がるのは確実なんで、勝ちまでのプロセス、一つひとつを大事に見てもらえれば」と、佐々木天狗は、入場から見どころを語っている。  静岡から頭角を現した2人のグラップラー。2011年のグラップリング大会「DEEP X」では、佐々木が接戦を制した。ともに19歳だった。世界を目指し、佐々木はオクタゴンで、クレベルは東欧で飢えた“ライオン”たちを相手に戦ってきた。そして32歳となったいま、両者はMMAで、静岡で対戦する。  2022年最初のRIZINのメインイベントで、最後にケージに立っているのは佐々木か、クレベルか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事