MMA
レポート

【Eagle FC】ハリトーノフがスポーンにTKO勝ち! ラシャド・エヴァンス復帰戦勝利で「愛がないと出来ない」、10勝無敗クラマゴメドフ、マゴメダリエフが勝利

2022/01/29 11:01
【Eagle FC】ハリトーノフがスポーンにTKO勝ち! ラシャド・エヴァンス復帰戦勝利で「愛がないと出来ない」、10勝無敗クラマゴメドフ、マゴメダリエフが勝利

(C)Eagle FC

 2022年1月28日、米国マイアミのFLXcast Arenaにて、29勝無敗のレコードで引退した元UFC世界ライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフのMMA団体「Eagle FC 44: Kharitonov vs. Spong」が開催された。

 米国初進出となる同団体のメインイベントでは、オランダのキックボクシングで活躍、MMA、ボクシングにもチャレンジしてきた36歳のタイロン・スポーンが2013年8月のWSOF以来、8年5カ月ぶりのMMA(2勝)で、ロシアのセルゲイ・ハリトーノフと対戦し、ハリトーノフが2R TKO勝ち。

 コ・メインでは元UFC世界ライトヘビー級王者ラシャド・エヴァンスが3年7カ月ぶりに復帰。Submission Undergroundなどグラップリングでも活躍するガブリエル・チェコに判定勝利し、8年3カ月ぶりの白星をつかんでいる。

 また、レイ・ボーグとコディ・ギブソンの元UFCファイター対決のほか、元UFC、PFLのジョン・ハワードと9勝無敗のラマザン・クラマゴメドフが対戦。メインカード第1試合では「ONE on TNT 1」でタイラー・マクガイアに判定勝ちするなどONE3勝1敗、MMA8勝1敗のライモンド・マゴメダリエフが、アンソニー・ンジョクアニを1R、パウンドアウトしている。

Eagle FC 44: Kharitonov vs. Spong

2022年1月28日 米国マイアミFLXcast Arena

▼ヘビー級 5分3R
×タイロン・スポーン(オランダ/スリナム)
[2R 2分55秒 TKO] ※パウンド

〇セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)

 メインイベントでは、オランダのキックボクシングで活躍、MMA、ボクシングにもチャレンジしてきた36歳のタイロン・スポーンが2013年8月のWSOF以来、8年5カ月ぶりのMMA(2勝)で、ロシアのセルゲイ・ハリトーノフと対戦。2014年4月のグーカン・サキ戦で右脛骨折したスポーンは2015年3月からボクシングに転向。WBCラテンヘビー級王座についている。対するハリトーノフはMMA33勝9敗。ボクシングでも2020年から2勝を挙げ、41歳ながらMMAでもこの2年で4勝1敗と好戦績を挙げている。

 1R、ともにオーソドックス構えから。左ジャブを突くハリトーノフ。スポーンは強い左奥足ロー、ミドル。しかし、詰めるハリトーノフはボディロックテイクダウン! 袈裟固めからネックロック! 腰を逃がして防ぐスポーンにハリトーノフはマウントへ移行。

 右で差して立ち上がろうとするスポーン。しかし、潰すハリトーノフが再び上に。ブリッジする103キロのスポーンだが、120キロと重いハリトーノフは動かず。マウントから鉄槌を落とすハリトーノフ。下のスポーンはガードを固めながらパウンドを耐える。

 2R、ハリトーノフのダブルレッグを切ったスポーン。左ジャブを突くハリトーノフに左ローさらに左ジャブの刺し合い。ハリトーノフのアゴを上げると、肥立ちボディ! ハリトーノフの組みを剥がす。しかしハリトーノフもジャブで圧力をかけると、スポーンは下がりながら左の蹴り。ここを逃さず蹴り足を掴んだハリトーノフがテイクダウン、パスガード。金網に頭が詰まったスポーンにマウントからパウンドを落とし続け、レフェリーが試合を止めた。

 試合後、ハリトーノフは「スポーンはハイレベルな選手でとても敬意を持っている。Eagle FCで試合を続けてベルトを狙いたい」とロシア語で勝利のコメント。

 一方のスポーンは「思っていたような試合にはならなくて、失望は大きいけど彼はレジェンドだし、試合をするってことはそれだけの覚悟みたいなものが必要だけど、今日の自分よりいい選手であることをファンにみんなには見せたい」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント