MMA
レポート

【UFC】チカゼがUFC初黒星で連勝「7」でストップ、怒涛の前進ケイターが再起飾る

2022/01/16 12:01
 2022年1月15日(日本時間16日)、米国ラスベガスのUFC APEXにて、「UFC Fight Night: Kattar vs. Chikadze」が開催された。メインはフェザー級。5位のカルヴィン・ケイター(米国)と、8位のギガ・チカゼ(ジョージア)の5R戦。  MMA22勝3敗のケイターは、180cmの長身・リーチを武器に、ボクシングとレスリングで前に出るファイター。2020年7月にUFC初のメインでダン・イゲに判定勝利も、2021年1月には1位で前王者のマックス・ホロウェイの猛打に判定負け。打たれながらもタフさも見せている。  対するチカゼは、MMA14勝2敗。2回目のメインイベントとなる。ジョージアで極真空手を始め、沖縄剛柔流空手に取り組み黒帯三段を持つストライカー。剛柔流の試合のみならず極真、松濤館、糸東流の試合にも出場。  2007年から2年間ゴールデングローリーで練習し、その後、2年間をマイクス・ジム、最後の3年間はボス・ジムに所属し、ダッチ・キックボクシングを7年に渡って学び、It's ShowtimeやGLORYでも活躍した。  米国に移ってからは、元シュートボクセのハファエル・コルデイロ率いるキングスMMAに所属。2015年12月のWSOF 26: Palmer vs. AlmeidaえでMMAデビューも判定負け。Gladiator Challengeで経験を積み、2019年9月にオクタゴンデビュー。  2021年5月の前戦カブ・スワンソン戦では得意の左三日月蹴りでダウンを奪い、63秒でパウンドしている。2021年8月には2連勝中だったエドソン・バルボーザに、“ギガキック”のみならず、パンチ、そして絞めとバルボーザを追い込んでフィニッシュし、オクタゴン7連勝を決めた。ともに33歳。 ▼フェザー級 5分5R〇カルヴィン・ケイター(米国)23勝5敗(UFC7勝3敗)[判定3-0] ※50-45×2, 50-44×ギガ・チカゼ(ジョージア)14勝3敗(UFC7勝1敗)  1R、ともにオーソドックス構え。近づきいきなり右カーフキックはチカゼ。ワンツーから左の蹴り、ケイターも右カーフを返す。詰めるのはケイター。左回りのチカゼはサウスポー構えに。左から前に出るチカゼの空振り後に右を返すケイターは詰めてボディロックテイクダウン! 左足を挟みハーフガード。左腕で腰を抱くケイターは右手でパウンド。その右手のリストを両手でコントロールしようとするチカゼだが、剥がしたケイター。  チカゼの起き上がりに際にバックテイク。正対しギロチンチョークを狙うチカゼから頭を抜き、際で下になりながらも肩固め、そのままバックを奪い、チカゼのスクランブルを潰す。  2R、サウスポー構えから左の三日月蹴り、左ハイを連打するチカゼ。なおも左三日月蹴り、右ストレート! しかし下がらず詰めるケイターにチカゼは右のテンカオ。距離を取らせないケイターは足を止めず、チカゼが頭を下げたところに左! チカゼは左ジャブを突くが、下がらないケイターは前に出て右ヒジ! チカゼはジャブを突くとダブルで当てて前に出るが、ここでケイターは右のバックエルボー! もらったチカゼだが左右から蹴りに繋ぎ前に。ここも下がらないケイターはボディロックテイクダウン。  3R、距離を詰めるケイターに左ジャブを突くチカゼ。チカゼの手数が減る。左ジャブで前に出るケイター。額で受けるチカゼは下がりながらカーフキック、右ストレート! ここでニータップから左足を掴んで詰めるケイター。しかし足を抜くチカゼ。ケイターは前進し右を当てると、チカゼも左右を返すが、その左の強振に軸がブレる。肩で息をするようになったチカゼ。残り10秒で詰めるチカゼは左右もケイターはバックエルボーで応戦。  4R、やはり圧力をかけるケイター。チカゼは左の蹴りの再び出し始めると、ケイターはダブルレッグへ。切るチカゼ。鼻血が多くなるチカゼ。ケイターは左ジャブを突くと、チカゼは右ストレートを返すが単発。ケイターは左足にシングルレッグで掴んで追うが、足を抜くチカゼ。近い距離でヒジを打つケイター! 完全に手数で上回る。オーソドックス構えのチカゼも右前蹴り。しかし右の打ち合いでバランスを崩すのはチカゼ。最後もケイターが折ってブザー。  5R、後がないチカゼは前に。右の蹴りを腹に突くが、ここで前印出るのはケイター。チカゼの頭が下がると左ヒジ! 当てられたチカゼは後退。右のクロスもヒットさせるのはケイター。下がる時はバックヒジ、前に出ても縦ヒジを打ち込み、さらにワンツー! 右から左ボディ! チカゼは右のバックヒジ!   さらに右ヒジ、左縦ヒジと怒涛の攻撃のケイター! 高い前蹴りのチカゼはかかと落としも見せるが距離が足りない。軸がブレるチカゼが詰めるとチカゼはケイターの左右の圧力に尻餅。  判定は3-0(50-45×2, 50-44)でケイターが勝利。チカゼの距離を潰す圧力を5R通して続け、テイクダウンも奪取。ホロウェイ戦の敗北を払拭する完勝劇を見せた。UFC初黒星、9連勝でストップしたチカゼは上位戦線から一歩後退。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇ブランドン・ロイヴァル(米国)13勝6敗(UFC3勝2敗) [判定2-1] ※29-28×2, 28-29×ホジェリオ・ボントリン(ブラジル)17勝4敗(UFC3勝3敗)  フライ級5位のロイヴァルと、7位のボントリンの3R戦。  ロイヴァルはコンテンダーシリーズ出場予定から、UFC本戦で欠場選手の代役として、2020年5月にUFC初参戦。ティム・エリオットに肩固めで一本勝ち。同年9月カイ・カラフランス戦でも肩固めを極め、ランカー相手に連勝。同年11月に1位のブランドン・モレノと対戦も肩を脱臼して1R KO負け。2021年8月の前戦ではアレッシャンドリ・パントージャにリアネイキドチョークで一本負けでUFC2勝2敗に。  対するボントリンはUFC3勝2敗。「DW's Contender Series 2018」を経て、2019年2月にUFCデビューし、マゴメド・ビブラトフにスプリット判定勝ち。8月にハウリアン・パイヴァにTKO勝ち。しかし、2020年2月にレイ・ボーグに判定負け後、2021年3月にカラフランスにもKO負けしている。2021年5月の前戦では、マット・シュネルとバンタム級(体重超過)で対戦し判定勝ちしている。  1R、サウスポー構えのロイヴァルから圧力をかける。オーソドックス構えのボントリン。詰めるロイヴァルは右ジャブ、左ミドル。ボントリンもスイッチするが、オーソに戻し、近づいてのヒザ、ロイヴァルはその組み付き際にバックフィストも、避けて組んボントリンがテイクダウン。サイドを奪うが、ロイヴァルはヒップアタップで足を戻して三角狙い。かつぎを狙うボントリンに立つロイヴァルだが、ボントリンがバックにつく。  2R、ロイヴァルのジャブに左で詰めて尻餅をつかせたボントリン。下からロイヴァルは三角絞め狙いもかついだボントリンがバック狙い。ここもガードに戻すロイヴァル。ボントリンは腰を殺しに行くが、金網使い立つロイヴァル。長いワンツーを打つロイヴァルだが、足を痛めたか後退。詰めるボントリンはボディロック、スイッチ狙いからバックテイク。正対するロイヴァル。右ミドルのボントリン。ボントリンの左2発に後退したロイヴァル。ボントリンはダブルレッグテイクダウンを奪いゴング。  3R、このラウンドも詰めるのはロイヴァル。しかし、ボントリンは一瞬サウスポー構えになり左を狙う。ロイヴァルの蹴り足をつかんでこかすボントリンだが、すぐに立ち上がるロイヴァル。詰めるが、まえがかりになったところにダブルレッグテイクダウンは、ボントリン。下からロイヴァルは腕十字もヒジを抜くボントリン。下からロイヴァルは腕巻き込んでスイープすると崩れ袈裟から正対。上のロイヴァルはハーフから右で枕を巻き、背中を着かせると右ヒジ連打!   判定は2-1(29-28×2, 28-29)のスプリットに割れ、ロイヴァルが勝利。連敗を2で止めた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事