MMA
ニュース

【Bellator】Bellator入りが決定したトフィック・ムサエフが王座獲り宣言「新しい道、同じ目標」、サトシもダブル王者を目指すBellatorライト級戦線とは?

2022/01/12 11:01
 2019年RIZINライト級トーナメント優勝のトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)が、Bellatorへの移籍を発表。12日のSNSでベルトを手にした写真とともに「新しい道、同じ目標」と王座獲りを宣言した。Bellatorデビュー戦の日付は未定ながら「もうすぐ」と記している。  MMA18勝4敗、32歳のムサエフは11日のツイッターで、アゼルバイジャンと日本の国旗をハートで結び、日本語で「日本のファンの皆さん、いつも親切に私の事を応援してくださりありがとうございます。今、私はBellatorリーグのファイターですが、近い将来、日本で試合できるようになることを願っています。 また近いうちにお会いしましょう!」と投稿していた。  2015年から14連勝していたムサエフは、2018年大晦日からRIZINに参戦。大尊伸光、ダロン・クルックシャンクを降すと、 2019年にRIZINライト級トーナメントに出場。ダミアン・ブラウン、ジョニー・ケース、パトリッキー・フレイレを降し優勝、GPベルトを巻いている。  その後、新型コロナウイルスの影響と徴兵で約1年半リングから離れ、2021年6月の東京ドーム大会で来日。ホベルト・サトシ・ソウザとのRIZINライト級王座決定戦に臨むも、三角絞めで一本負けで王座獲得に失敗。RIZINとは前回の試合で契約が切れていた。  奇しくも、2021年12月31日の「RIZIN.33」さいたまスーパーアリーナ大会では、「RIZINライト級タイトルマッチ」で王者のホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)が、矢地祐介(フリー)に腕ひしぎ三角固めで一本勝ちの初防衛成功後、「榊原さんにお願いがあります。私、堀口(恭司)選手みたいに、Bellatorの選手に勝ちたい、ダブルチャンピオンになりたい。どうですか!?」と、Bellator王座獲りを掲げたばかり。  試合後の会見では、RIZINライト級トーナメント準優勝で、現Bellator世界ライト級王者のパトリッキー・フレイレ(ブラジル)に向け、「いま、私の階級はピットブルがチャンピオン。私と彼すごく仲が良い。たまにメッセージで話したり、ムサエフ倒したときもメッセージをくれた。(Belltorが)いいお金払ってから、彼には15分だけ! と言って戦わせるから大丈夫!」と、RIZIN王者として、Bellator王座挑戦を望んでいる。  RIZINのベルトを巻いた2人の王者が向かうBellatorライト級戦線とはいかなるものか。 [nextpage] ハビブの従兄弟14勝無敗のウスマン、愛知出身ゴイチ、ベンヘン、マメドフ、無敗全試合一本勝ちのゴザリも  Bellatorライト級王者のパトリッキーを筆頭に、UFC日本大会で五味隆典をTKOしたマイルズ・ジュリー(米国)を2021年6月にリアネイキドチョークで降したシドニー・アウトロー(米国)が1位。2019年12月のBellator JAPANではマイケル・チャンドラーに敗れているがスクランブル参戦だった。10月に元UFC世界王者のベンソン・ヘンダーソン(米国)に判定勝ちしたブレント・プリムス(米国)が2位。  3位にハビブ・ヌルマゴメドフの従兄弟で14勝無敗のストライカー、ウスマン・ヌルマゴメドフ(ロシア)がランクされ、4位に愛知県の安城市生まれのサブミッションアーティスト、ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)がつけている。  5位以下も一度はパトリッキーをドクターストップに追い込んでいるピーター・クウィリー(アイルランド)、6位に前述のベンヘン、2021年7月に2位のプリムスにスプリット判定で勝利しているイスラム・マメドフ(ロシア)が7位と、一筋縄ではいかない面子が並んでいる。  8位にジュリー、9位のアビブ・ゴザリ(イスラエル)は6勝無敗で驚異の全試合一本勝ち。10位のアレクサンドル・シャブリー(ロシア)はProFCから強豪揃いのACBを経て、Bellator2連勝中だ。  ブラジル、米国、ダゲスタン勢が活躍するなか、ムサエフ、サトシにとっては王者のみならずランカー相手でも難敵揃いのBellatorライト級戦線。まずはムサエフがサークルケージでどんな活躍を見せるか、注目だ。  なお、Bellatorの2022年シーズンは、1月29日(日本時間30日)の「Bellator 273」で開幕。U-NEXTで配信される同大会では、ヘビー級正規王者のライアン・ベイダー(米国)と、暫定王者のワレンティン・モルダフスキー(ロシア)の王座統一戦をメインに、ライト級では、6位のベンヘンと7位のマメドフが対戦。プレリミでは、サッド・アワッド(米国)と、2021年4月に元UFCのロジャー・フェルタにTKO勝ちしたクリス・ゴンザレス(米国)が対戦する。 Bellatorライト級ランキング(※2021年12月) 王者 パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ(ブラジル)C. Patricky Pitbull (24-10) 1位 シドニー・アウトロー(米国)1. Sidney Outlaw (16-4)  2位 ブレント・プリムス(米国)2. Brent Primus (11-2)   3位 ウスマン・ヌルマゴメドフ(ロシア)3. Usman Nurmagomedov (14-0) 4位 ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)4. Goiti Yamauchi (26-5)    5位 ピーター・クウィリー(アイルランド)5. Peter Queally (13-6-1)   6位 ベンソン・ヘンダーソン(米国)6. Benson Henderson (28-11)  7位 イスラム・マメドフ(ロシア)7. Islam Mamedov (20-1-1)      8位 マイルズ・ジュリー(米国)8. Myles Jury (19-6) 9位 アビブ・ゴザリ(イスラエル)9. Aviv Gozali (6-0)       10位 アレクサンドル・シャブリー(ロシア)10. Alexander Shabily (20-3) NR  
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事