キックボクシング
ニュース

武尊が提案した「無制限ラウンド」完全決着ルールに、榊原CEOは桜庭vsホイスのトラウマ「どう決着をつけられるか模索したい」

2021/12/24 16:12
 RISE世界フェザー級(57.5kg)王者・那須川天心(TARGET/Cygames)とK-1スーパー・フェザー級(60kg)王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が、2022年6月に対戦することが12月24日(金)都内にて行われた記者会見で発表された。  会見で武尊は「僕は正直、この試合の判定とか、ドローとか、そういう結果はいらないと思うので、僕は延長無制限ラウンドでやりたいと思ってます」と、KO・TKOで決着がつくまでラウンドを重ねる無制限ラウンドの戦いを提案。  これについて、会見終了後の囲み取材で榊原信行RIZIN CEOは次のように答えた。 「想いは選手それぞれあると思うんですけれども、天心がピースで行きたいと言ったようにピースで行くためには、昔の僕だったら無制限ラウンドとかムチャをしたかもしれませんけれど、大人になると放送局だとか終わる時間だとかいろいろなことを考えます。無制限ラウンドって言葉にむちゃくちゃ嫌な思いをしているというか(笑)。怖いんですね。  その当時、ホリオン・グレイシーに無制限ラウンドでやるとすぐに試合は終わるんだと言われて、15分無制限ラウンドで桜庭vsホイスをやって90分戦わせてしまったことがあるんですよ。無制限ラウンドって言った時にジャッジのメンタルとして働くのは、みんなジャッジを付けるのを怖がるからドロー、ドロー、ドローで。それじゃあ終わらないじゃないですか」と、2000年5月1日にPRIDEの東京ドーム大会で15分無制限ラウンドで行った桜庭和志vsホイス・グレイシーが6Rにも及ぶ戦いになったことで様々な弊害があったことを例に挙げた。 「僕は放送局との尺の問題とか、これからいろいろなことを地上波放送局と配信とか、いろいろなことを考えると、(延長は)あって1Rとか。その中でどう決着をつけるのかっていうところにこれをオーガナイズする立場としてしたいと思います。その中でマストでどう決着をつけられるか、みたいなところは模索したい。武尊の想いはよく分かります。完全決着をつけたいんでしょ、と。完全決着をつけるのがイコール無制限ラウンドということではないとの答えを僕が作り出せるように頑張ってみます。これは関係各位の皆さんとこれから調整をしていこうと思います」と、無制限ラウンドではなく全員が納得する完全決着の方法を考えていきたいとした。(続報あり)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア