MMA
インタビュー

【RIZIN】扇久保博正「大晦日でどうなってもいいと思っている。井上選手が心折れて、最後、僕がチョークで極めます」

2021/12/14 20:12
【RIZIN】扇久保博正「大晦日でどうなってもいいと思っている。井上選手が心折れて、最後、僕がチョークで極めます」

(C)RIZIN FF

 2021年12月31日に、さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.33』にて、「RIZINバンタム級JAPANグランプリ準決勝&決勝」に臨む扇久保博正(パラエストラ松戸)が12月14日、パラエストラ柏にて公開練習を行った。

 ヒザ立ちから始めた組み技のマススパーリングでは、グラウンドでのパスガード、マウント、下からの三角絞め、がぶりからのダースチョーク、肩固め、腕十字、リアネイキドチョークと、チェーングラップリングの動きを見せた。

 GP準決勝で対戦する井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)との試合が「組み技の場面も増えることを想定してのものか」と問われた扇久保は、「そうですね、普通に動きを見せようと思って」と気負いなく語った。

 2021年を漢字1文字で「痛」と評した扇久保。

 2021年6月に開幕したGP1回戦では、春日井“寒天”たけしと対戦し、試合中に右拳を骨折。2回戦を考え、右手を使わずに戦い抜き判定勝ち。9月のGP2回戦では、直前までスパーリングが出来なかった状態ながら、大塚隆史を相手に判定勝ちを収めた。

 今回は約3カ月半のインターバルを置いての準決勝&決勝に向け、「仕上がりはすごくいいです。パラエストラ千葉ネットワーク、自分の道場で練習し、しっかり追い込んでやれています。残りの日々も集中を切らさず、1日中アドレナリンを出して過ごします」と万全の状態で迎えたいとした。

井上のUFCフライ級出場のことは、逆恨みですね

 カード発表会見では、「僕はあの時から、心の底から幸せだと思ったことはありません。5年前、僕はUFCの切符をつかみかけました。でもその夢の切符をつかんだのは当時19歳の彼(井上)でした。このトーナメントが始まってから、僕は井上選手のことしか見えていません。リングの上でやっと会えるのが楽しみです。必ず勝ちます。そしてこの4人の中で最後に笑っているのは僕です」と、5年ごしの想いを語った扇久保。

 この日もあらためて、元UFCの井上との対戦について「会見で言った通り、ずっと戦いたい相手だと思っていました。UFCフライ級出場のことは……逆恨みですね」と言いながらも、2016年の「The Ultimate Fighter」シーズン24で準決勝で対戦したアレッシャンドリ・パントージャや、決勝を戦ったティム・エリオットらの試合は「全部、見ています」と、動向は追っていることを明かした。

 扇久保がTUFで判定勝利したパントージャは、2021年2月に元RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプに判定勝ち後、8月には元LFA王者のブランドン・ロイバルにリアネイキドチョークで一本勝ち。現在、王者ブランドン・モレノ、1位で元王者のデイブソン・フィゲイレード、2位のアスカー・アスカロフに次ぐ、フライ級3位につけている。

 扇久保は、「ずっとフライ級では(自分が)UFCで全然、ベルトを巻けるくらいの実力があると思っています。あまりそう考えずとも、パントージャが活躍したり、TUFのメンバーが活躍していることは力になります」と語る。

 そのUFCで1勝1敗で日本マットに戦場を移し、現在6連勝中の井上の試合についても「全部、印象に残っています。毎日映像を見ているので」と、頭に焼き付いているという。

井上がポイントアウトしてきたら「僕が塩漬けにして勝つ」

 井上のスタイルを「相手の打撃をもらわずに、自分の攻撃を当てる、ヒット&アウェーの攻撃をしている。距離がすごく長くてちょっと面倒くさいかな」と評しながらも、「井上選手の距離ではなくて、僕の距離で戦いたいと思います」と、相手の中に入って、自身の間合いで戦うと語った。

 前日に行われた公開練習で井上は、「KOや一本を狙わなくても、疲れを残さずに決勝に向けて、3Rポイントで勝つという戦い方もある」と、扇久保相手にポイントアウトする選択も可能だと示したが、扇久保は、「その展開になったら、逆に僕が塩漬けにして勝とうと思います。今まで(井上が)RIZINで戦った選手で、僕みたいな選手はいないと思うので、かなりやり辛いかと思います」と、16年選手の自信を見せた。

「グラウンドだとか打撃だとかではなく『総合』で戦う」という扇久保は、井上を極めることは可能だという。「形に入れば取れると思います。(理想のフィニッシュは)井上選手が心折れて、最後、僕がチョークで極めます」と、15分を通して井上を総合力で上回るつもりだ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント