MMA
インタビュー

【ONE】スタンプ「フォガットには付き合わない」×フォガット「“インドの虎”を解き放つ」、勝者が挑戦するアンジェラ「どちらがよりMMAを使いこなせるか」=12月3日(金)女子アトム級GP決勝

2021/12/01 21:12
【ONE】スタンプ「フォガットには付き合わない」×フォガット「“インドの虎”を解き放つ」、勝者が挑戦するアンジェラ「どちらがよりMMAを使いこなせるか」=12月3日(金)女子アトム級GP決勝

(C)ONE Championship

 2021年12月3日(金)シンガポール・インドアスタジアムにて開催される「ONE: WINTER WARRIORS」に向けて30日、バーチャルメディアデーが行われた。

 同会見には「女子アトム級ワールドグランプリ決勝」に臨む、スタンプ・フェアテックス(タイ)とリトゥ・フォガット(インド)が出席。後半には、現ONEアトム級世界王者アンジェラ・リー(米国)も参加し、インタビューに応えている。

 女王アンジェラへの挑戦権を得るGP決勝で、最後にケージに立っているのはスタンプか、フォガットか。試合の模様は、ABEMA格闘チャンネルおよびONE公式アプリにて配信される。

グラウンドになったら、試合終了も同然(フォガット)

──まずはリトゥ・フォガット選手、ONE女子アトム級ワールドグランプリの決勝の大一番が待っています。緊張していますか。

フォガット 緊張はしていませんが、興奮はしています。自分の目標に少しずつ近づいている気がして、とても夢中になっています。準備は順調で全力で取り組んできました。この試合を本当に楽しみにしています。

──スタンプ選手が、グラウンドであなたに勝利する可能性はありますか。

フォガット 私のレスリングの強さはアトム級で、ずば抜けています。私に勝る選手はいないです。スタンプは私に勝てないと思います。皆さんには、自分の目で試合を見ていただき、私が言っていることを理解してもらえればと思います。


【写真】Evolve MMAヘッドコーチのシアー・バハドゥルザダコーチのもと、ション・ジンナンともトレーニングするフォガット(中央)

──スタンプ選手をテイクダウンした場合、パウンドでフィニッシュするのかチョークで仕留めるのかどちらを想像していますか。

フォガット とにかくフィニッシュしたいですね。サブミッションであれ、チョークであれ、パウンドアウトであれ、私の目標は時間内にフィニッシュすること。それだけです。

──「グラウンドになったら試合終了も同然」と思ってもらっていい?

フォガット グラウンドは間違いなく私の強みです。グラウンド戦を維持して、相手を押さえつけたいです。確かにグラウンドゲームになったら、試合終了も同然ですね。

──スタンプ選手はこれまでに3人のインド人ファイターを倒しています。ラシ・シンディ、アシャ・ロカ、プージャ・トーマル。その選手たちのスタンプ戦をどう思いますか。

フォガット スタンプ選手は、今回は “The Indian Tigress”(インドの虎)と対戦しますので、彼女にとって間違いなくこれまでとは違う試合になるでしょうね。“The Indian Tigress”はこのチャンスを狙っていましたから。12月3日、私の強さとパワーを解き放ちます。絶対に試合を見逃さないでください。

──ご自身がこのワールドグランプリで優勝することは、インドの人々にとってどのような意味を持ちますか。

フォガット この試合はインドにとって大きな意味があります。特に、インドではMMA(総合格闘技)が一般的に有名なスポーツではないですからね。私は志を持った若い世代に希望とインスピレーションを与える存在になりたい。新しい道を開いて、みんなにMMAを全力で取り組んでもらいたいです。

──アライン・ンガラニ選手やアウンラ・ンサン選手など、多くのファイターたちがフォガット選手の優勝を予想しています。それを聞いてどう感じますか。

フォガット トップ選手、世界王者たちが私を信じてくれているのは嬉しいですね。私の自信をさらに引き上げてくれます。彼らの期待を裏切らないようにしたいです。試合に勝つための新たな理由になります。最高の気分ですね。

──試合までの準備期間中にお父様からは何かお話はありましたか。あなたの決勝進出についてどう思っているのでしょうか。

フォガット 父とは連絡を取り続けています。彼は今回の試合をとても喜んでいます。非常に興奮していますし、「実際にこの5日間で数カ月分の練習成果を上げるべきだ」と言っています。「今まで学んだことを発揮して、血と汗を流しなさい。全力を出して、あらゆる手段をつくし、必ず試合に勝ちなさい」と助言してくれました。

──グランプリに出場した7人のファイターを見て、スタンプ選手が決勝に残ると予想していましたか。

フォガット グランプリ出場選手は、最高のファイターたちで構成されています。最高の選手が決勝で私と対戦してくれることを期待していたので、その通りになりました。

──キックボクシングとムエタイの世界王者と対戦するのに、打撃が弱点だと指摘されています。このことにどう返答しますか。

フォガット 対戦するのが、スタンプだということは承知しています。彼女の立ち技は非常に強く、世界王者にも輝きましたね。確かに彼女の技術は尊敬に値します。とはいえ、私は打撃の技術を磨くことに、出来ることは全てやってきました。ここまでの私の試合を見てもらえれば、私の打撃が試合ごとに良くなっていることが分かると思います。ここ数カ月間、打撃の向上に取り組んできましたので、世界中の皆さんがその上達ぶりに気づくと思います。

──金曜日の夜はスタンプ選手に、どのように勝利するイメージがありますか。

フォガット シンプルですね。みんな何が起きたか理解することすら出来ずに試合が終わる。そういうことです。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事