MMA
レポート

【BreakingDown】元プロ野球・相内誠が右ストレート25秒KO勝ち、ミドル級1Dayトーナメントはプロレスラー井土が優勝

2021/11/27 14:11
 2021年11月27日(土)14時30分より、朝倉未来の1分間大会『BreakingDown 3』がABEMA PPV ONLINE LIVEにて配信された。  全20試合のメインイベントは「ミドル級(84kg以下) 1Dayトーナメント」決勝戦。賞金30万円をかけた1Dayトーナメントは8人で争われ、プロレスラーの井土徹也(プロレスリングHEAT-UP)が1日3試合・合計3分を勝ち抜き優勝を果たした。 BreakingDown 3 ▼第20試合 ミドル級1Dayトーナメント決勝×丸田喬仁[判定1-2]〇井土徹也  丸田の右でグラついた井土だが、ボディロックテイクダウンからマウント、さらにダブルレッグテイクダウンを決めてパウンド。スプリット判定を制した。ケージの中で井土は「1分最強の男、井土徹也です。プロレスラーはMMAのかませ犬みたいになっていますけど、強いプロレスラーを目指して、このトーナメント優勝しました。ひとつ言いたいことがあります。本来なら2回戦で戦う予定だった笠井ヨシヒロ、次、必ず自分と対戦待ってます。もうひとつ、プロレスラーは強いんです!」とマイクで語った。 井土「プロレスラーはいろんな環境で噛ませ犬になっている」 「素直にめちゃくちゃ嬉しい気持ちと、有言実行できたのが自分の中で嬉しいです。1分しか時間がないんで、1分の中でどうしたら勝てるかを常にイメージしました。プロレスラーなんで打たれても極められても頑丈なんだっていうのを優勝という形で見せれてよかった。プロレスラーはいろんな環境で噛ませ犬になっていることが自分自身すごく悔しい。それをこのすごく注目されているBreakingDownという1分間の戦いでプロレスラーは強いんだよって、BreakingDownのリングで証明していきたい。  自分は、一番、笠井ヨシヒロ選手が強いと思っていて、一番刺激的でバチバチの試合ができると思っていたので、笠井選手の怪我が治ったら、またこのBreakingDownのリングで対戦したいと思う。BreakingDown初トーナメントで井土徹也が優勝したことを世間の皆様に広げていきたい。そしてBreakingDownという1分間の戦いをもっと広げていきたい。次に期待してください!」 丸田「1分以上あったらどうなっていたかな、と思いますが、だからこそ全力を出すことができた」 「1分間1ラウンドを3試合するのはめちゃくちゃしんどかったです。1分以上あったらどうなっていたかな、と思いますが、だからこそ全力を出すことができた。次回以降も出たいです。格闘技を始めて4カ月、もっともっと深めて格闘技経験がより高い方にも勝てるように続けていきたい」 [nextpage] ▼第19試合 フェザー級 66㎏以下(立ち技)×柴田海都[25秒 KO] ※右ストレート〇相内 誠(※元プロ野球 埼玉西武ライオンズ投手) セミファイナルに、元プロ野球 埼玉西武ライオンズの投手、相内誠(27)が参戦。立ち技ルールで金網で1分間を、柴田海都(SEED GYM)を相手に戦う。  相内は2月のRISEでプロデビューもモンゴルの拳信王に1R 2分5秒 TKO負けからの再起戦。対する柴田はキック歴3年でアマチュアRISE大会出場経験がある。 ともにオーソドックス構え。右のローキックの打ち合いから、柴田の右をかわした相内は右ミドル、さらに柴田の右にカウンターの右ストレート! ダウンした柴田は痙攣。担架で運ばれた。 相内誠「正直、練習から含めて相手を倒したのが初めてだったので嬉しい。初勝利は、自分を支えてくれたチームにまず報告したい。泥臭くいこうって戦ったらこういう結果を出すことができた。これを機にまたステップアップしていきたい」 [nextpage] ▼第18試合 フェザー級 66㎏以下×店長[判定1-2]〇イヌイサン 右ローを連打する店長だが、イヌイサンが有効打当てスプリット判定勝利。 [nextpage] ▼第17試合 フェザー級 66㎏以下〇鈴木孝之[判定3-0]×太田卓郎 太田の前進に右を当ててギロチンチョークでキャッチをとった鈴木が判定勝ち。 [nextpage] ▼第16試合 バンタム級 61kg以下×かわうちきっぺい[判定0-3]〇鈴木嵐士 かわうちは右を当ててテイクダウンも鈴木が三角絞めブレーク。かわうちの突進にギロチンチョークも入れ判定勝ち。 [nextpage] ▼第15試合 フェザー級 66㎏以下〇中野 元[判定3-0]×ショウエイ 距離を潰すショウエイに中野は首投げ狙い。凌ぐショウエイに首相撲ヒザ、最後にボディロックテイクダウン。 [nextpage] ▼第14試合 ヘビー級 124㎏以下×原 良介[判定1-2]〇渡慶次富彦 [nextpage] ▼第13試合 バンタム級 61㎏以下(立ち技)×五十嵐銀雅[判定0-3]〇佐藤賢介 [nextpage] ▼第12試合 ミドル級 1Dayトーナメント準決勝2〇井土徹也[判定3-0]×リンダマン※笠井ヨシヒロは負傷 打ち合いから要所でダブルレッグテイクダウンを決めた井土がしっかりパスしてパウンド、判定勝ち。 [nextpage] ▼第11試合 ミドル級 1Dayトーナメント準決勝1×川島悠汰[7秒 KO]〇丸田喬仁 前に出る丸田が川島を金網に詰めてラッシュKO。 [nextpage] ▼第10試合 バンタム級 61㎏以下〇秋元凌佑[27秒 TKO]×愛斗 [nextpage] ▼第9試合 フライ級 56.5㎏以下〇水谷 龍[判定2-1]×宮本彪伍 道衣を着て、再三のもろ手刈テイクダウンの宮本。すぐに立ちスタンド勝負の水谷は右を振る。最後に宮本は払い腰決めるもスプリット判定負け。 [nextpage] ▼第8試合 ライト級 71㎏以下〇山下大希[22秒 ギロチンチョーク]×貧乏社長 [nextpage] ▼第7試合 ライト級 オーバーエイジワンマッチ 71㎏以下〇すまいるおばけ[判定3-0]×井上淳之 [nextpage] ▼第6試合 フライ級 56.5㎏以下×石田成樹[判定0-3]〇佐久間光太 [nextpage] ▼第5試合 ライト級 71㎏以下×大村遼平[判定0-3]〇堀田将司 [nextpage] ▼第4試合 ミドル級 1Dayトーナメント4〇笠井ヨシヒロ[48秒 KO]×カラテマシン 笠井のラッシュにカラテマシンは組んで首投げテイクダウンもそのまま上を取り返した笠井がパウンドアウト。 [nextpage] ▼第3試合 ミドル級 1Dayトーナメント3〇井土徹也[判定3-0]×東海準也 ともにサウスポー構え。打ち合いの中、右ジャブも当て東海にヒザを着かせた井土が判定勝ち。 [nextpage] ▼第2試合 ミドル級 1Dayトーナメント2×リンダマン[判定0-3]〇丸田喬仁 丸田が左右連打からテイクダウン&パウンド [nextpage] ▼第1試合 ミドル級 1Dayトーナメント1×にっけん君[31秒 TKO]〇川島悠汰 川島がノンストップの左右連打でラッシュ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事