キックボクシング
ニュース

【RISE】松本芳道に睨み合い仕掛けられた森香津眞「試合はあまりパッとしないので圧倒したい」松本は「生意気言ってるから明日やっちゃいます」、王座を目指して再スタートの良星を拓也は「喰ってやる」

2021/10/21 18:10
 2021年10月22日(金)東京・後楽園ホール『RISE 152』の前日計量&記者会見が、21日(木)都内にて14:00より行われた。  第5試合のスーパーライト級(-65kg)3分3R延長1Rで対戦する、同級6位・森香津眞(チームドラゴン)は64.85kg、松本芳道(KICK-DIET吉野町)は65.0kgでそれぞれ計量をパス。  森は「3月末に試合して、ずっと今回の試合が決まる前からベルトを目指して練習してきたので明日は全然違った姿を見せられると思います」とリニューアル宣言。松本は「やっと今と昔の俺の違いが分かったので、面白い試合をしてぶっ倒せると思います」と、こちらもリニューアル宣言した。  その違いとは何かと聞かれた松本は「2~3試合前まで試合が決まらないと練習しなかったんだけれど、山口(裕人)をぶっ倒したいのがあって前回から心を入れ替えた。それで練習しだしてやっと気付いたことがあり、今はスパーリングでもいい感じになってきたんですよ。ずっと練習してスパーリングもやってきて。昔は喧嘩っぽくガンガン前へ行くスタイルだったけれど、ボクシングに行ってから奇麗にやろうと思いすぎた。それでキックに復帰して全然面白い試合ができなかったんだけれど、それが喧嘩スタイルを取り戻したというか、殺気も取り戻した。次はそれが見せたれると思います」と、殺気をまとった“喧嘩スタイル”で行くという。  計量時のツーショットが終わった後、森に近付いてにらみ合いを仕掛けたのはその現れかと問われると「元々そういうタイプなので(笑)。今は落ち着いているけれど、試合で出しますよ。まあ、山口ほどムカつかないので」と笑った。  それに対して森は「試合になれば関係ないので。明日、試合で見せます」と冷静だった。  また、互いの印象を聞かれると、森が「会見では盛り上がっているけれど、試合はあまりパッとしないので圧倒したい」と言えば、松本は「チームドラゴンだから何でもできるんじゃないかな。知らない顔だけど生意気言ってるから明日やっちゃいます」と、激闘を予感させるコメントを両者とも残した。  第4試合のバンタム級(-55kg)3分3R延長1Rで対戦する、同級2位・良星(=らすた/FIGHT CLUB 428/Team Bull)は55.0kg、同級4位・拓也(蹴空ジム)は54.9kgでそれぞれ計量をパス。  良星は「前回の試合は延長で負けてしまったんですが、悔しい思いをしてかなり気合いが入っています。自分の中でもいろいろ練習メニューやフィジカルトレーニングを工夫して、自分に合った減量方法をようやく見つけたので自分でも楽しみ」とリニューアル宣言。  拓也は「この試合が決まってから一日一日、死に物狂いで調整してここまで来れたので、明日はいいパフォーマンスが出来ると思う」と、この一戦に懸ける気持ちを話した。  互いの印象を聞かれると良星は「身体がバキバキで羨ましいと思いました(笑)。仕上がり良さそうなので気持ちよく殴り合いましょう」と笑顔で拓也に語り掛け、拓也は「アグレッシブな選手なので気持ちよくバチバチやり合えればと思います。楽しみです」と、両者とも激闘を誓い合う。  良星はこの数年間、RISEでは現王者・鈴木真彦以外に負けたことがなく、常にトップランカーの位置にいたが、7月に知花デビットに敗れてランキングが4位に下がってしまった。いわば安定していたRISEバンタム級のパワーバランスが崩れたことになる。  そのことについて聞かれた良星は「正直、前回は負けた気がしてなかったんです。敗者に口なしなので言えないですが。僕、ランキング上位にいさせていただいて、僕が負けたことで僕より下のランカー選手のランクが下がっちゃったんですよね。それが超申し訳なくて。下位ランカーの子と仲がいいから平謝りしたけれど、もう負けることは許されないし、僕は上位でふんぞり返っているのも物足りないので、王者を目指して練習しているので1位に返り咲けるように、来年またタイトルマッチを組んでいただける試合を全試合やっていきたい」と、再び1位に返り咲くと目標を語った。  一方、拓也は「良星選手は格闘技を好きな人なら知らない人がいないくらい名前がある選手。オファーをいただいてめっちゃ気合いが入って。本当に一日一日を大切にやってきたので、明日はやるだけです。あとは自分が喰って拳剛選手にやり返したいし、知花選手ともやりたい。発言権は勝ったら出てくると思うので、そこを意識してこの試合を受けてやってきたので明日はやるだけです」と、良星を喰って自分が上昇すると野望に燃えていた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント