ONEONE
キックボクシング
ニュース

【RISE】梅野源治vs大雅の意外な対決が決定、両者ともテーマは「闘争心」をあげ「削り合いしたい」(梅野)「1RでKO」(大雅)

2021/10/13 20:10
 2021年11月14日(日)大阪・丸善インテックアリーナ『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA.2』の対戦カード発表記者会見が、10月13日(水)都内にて行われた。  新たに発表されたのは-61kg契約3分3R、梅野源治(PHOENIX)vs大雅(チームドラゴン)。伊藤隆RISE代表が「みなさんこのカードは思いつかなかったと思います」と言う通り、異色の対戦カードとなった。  梅野は2014年11月に日本人初のWBCムエタイ世界(スーパーフェザー級)王者となり、2016年10月にはヨードレックペットを破り外国人として史上6人目のラジャダムナンスタジアム(ライト級)王者となった“日本ムエタイ界の至宝”。2019年は得意の首相撲とヒジ打ちを封印して『RISE』の世界トーナメントに出場し、決勝へ進出するも白鳥大珠にKO負け。その後はムエタイとRISEの試合を並行して行い、今年6月には『RIZIN』のKICKワンナイトトーナメントに出場し、1回戦で皇治と対戦したが、1Rわずか43秒、偶発的なバッティングでノーコンテストとなった。9月のBOMではムエタイルールでロンペット・Y'ZD ジムとドロー。戦績は49勝(21KO)12敗3分1無効試合。  大雅は2012年1月に16歳でプロデビューし、2014年8月にKrushスーパー・バンタム級王座を奪取。2016年にはK-1 WORLD GP -60kg日本代表決定トーナメントで優勝し、翌2017年2月にはK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王座を奪取した。RIZINには2018年9月から参戦。2020年8月の『RIZIN.23』で原口健飛にまさかの初回KO負けを喫するなど泥沼の3連敗を経験したが、11月の『RIZIN.25』でDEEP☆KICK -63kg王者・山畑雄摩、基山幹太に連勝。しかし、前戦は7月に中村寛にダウンを奪われ猛反撃するも判定2--0で敗れた。戦績は22勝(6KO)13敗。  ムエタイで生きてきた男とヒジ無しキックボクシングルールで生きてきた男の初対決となる。  大雅は「最近ぬるい試合をしていたので、気合い入れて喧嘩するつもりでやろうかなと思います。楽しみにしてください」といきなりの喧嘩宣言。  梅野は「大雅選手との試合が決まったのが前回の試合の1週間前。以前から試合を見たことがあって攻撃的で昔から好きな選手だったので、このリングで戦えるのを嬉しく思っています。僕の前回の試合はムエタイルールでドロー、しっかり勝てないで終わってしまいましたが、今回はルールが変わって。毎回ルールが変わると難しところもありますが、自分の中では“これだな”というものがヒジあり・無しで、理解が深まってきました。RISEルールの大雅戦で、よりRISEルールにアジャストした試合を見せられると思います」と、自信のコメント。  対戦が決定した時の感想は、大雅が「RISEにちょこちょこ出ていたので、もしかしたらやることがあるのかなと思っていました。ここでしっかりKOすれば美味しいかと思うので、僕の復活を見せるのにはいい相手だと思います」と予感はしていたという。梅野は「自分の中では戦う意識をしたことがない選手でした。ワールドシリーズに一緒に参戦した時は戦う可能性があると思っていましたが、その後で階級を上げていたのでもうやらないかなって。だから試合のオファーがあった時は驚きましたね。ファイトスタイルは元から好きな選手だったので。最近の僕はテクニシャン的に戦う試合が増えていたので、大雅選手のように前にガンガン来る選手に昔の殺気だった前にガンガン出るスタイルをまた皆さんにお見せできるんじゃないかなと思う。いいオファーをいただいた、そういう印象がありました」と、戦う予感はなかったが原点回帰できるいい相手だと評した。  梅野は6月のRIZINでの皇治戦について「首相撲とヒジがないルールの中でどう戦うか、いろいろな方にご相談してリングに上がったんですが、6月は結果をお見せすることが出来なかったので、前回練習していたことがRISEで見せられればと思います。今回しっかり結果を残して、また年末、いい試合をお見せできるんじゃないかなと。来るべき日のためにいい結果を残せるんじゃないかと思っています。僕もRISEのリングを盛り上げられると思います」と、今回大雅にいい勝ち方をして年末のRIZINで皇治と再戦したいというニュアンスのコメント。  前回のロンペット戦で上腕二頭筋長頭腱の腱断裂を負ったが、「練習も再開していますし、試合も可能と医師の判断もあったので十分に準備して臨めると思います」と問題なしとした。  大雅は中村戦での敗北を経て「そこからいろいろ考えて引き出しも増えました。メンタル部分が一番変わったかな。昔みたいな闘争心を次の試合でやっと見せられるのかなと思います」と、こちらも原点回帰できると話す。 「KOすることしか考えてないですね。梅野選手は手足が長くて蹴りの選手なのでそこは注意しています」と大雅がKO宣言すれば、梅野は「出来ればもちろんKOで倒したいのがありますが、自分の中ではガンガン前に行く試合をやりたい。闘争心を見せて殺気だった、見ている人が怖くなるそういう試合を見せたい。打ち合って蹴り合って、削り合うような生き様を見せたいですね」と激闘を予告。それに対して大雅はニヤリと笑い「僕は削り合うつもりはないので1RでKOしたいなと思います」と言い放った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事