MMA
レポート

【UFC】ムエタイ軸にマリナ・ホドリゲスが柔術女王マッケンジー・ダーンの寝技を凌いで判定勝ち、ケイプに勝利のニコラウがエリオットも降す

2021/10/10 08:10
UFC Fight Night: Dern vs. Rodriguez 2021年10月9日(日本時間10日)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX 【メインイベント】 ▼女子ストロー級 5分5R○マリナ・ホドリゲス(ブラジル)115lbs/52.16kg[判定3-0] ※49-46×3×マッケンジー・ダーン(米国)114.5lbs/51.94kg  グラップリングでギャビ・ガルシアに勝利したこともある柔術世界王者のダーンはMMA11勝1敗で同級5位。今回が初のメインイベントとなる。2021年4月の前戦ではニーナ・アンサロフを1R 腕十字に極め、現在4連勝中だ。同級で最多一本勝ちを記録している。  対するホドリゲスはMMA14勝1敗2分けで同級6位。ムエタイベースのストライカー。唯一の敗戦は初代女子ストロー級王者のカーラ・エスパルザにテイクダウンされ下になっての判定負け。2021年5月の前戦では、急遽メインが消滅した大会の代替カードとして初めてのメインに登場し、ミッシェル・ウォーターソンに打撃で競り勝っている。また、ダーンがUFCで唯一黒星をつけられたアマンダ・ヒバスを2021年1月にTKOで下している。  11月6日(現地時間)の『UFC268』マディソン・スクエア・ガーデン大会では、女子ストロー級王者のローズ・ナマユナス(米国)と前王者ジャン・ウェイリー(中国)のダイレクトリマッチが決定しており、今回の試合を越えた勝者は、タイトル挑戦を見据える。  1R、遠い間合い。中央を取るダーンは右ローで牽制。かわすホドリゲスは右の関節蹴り狙い。前蹴りを腹に突く。大きな右を振って組みに行くダーンだが、かわすホドリゲスは右ローを突く。  右の連打で詰めるダーンはシングルレッグも左で差し上げるホドリゲス。正対し左でオーバーフックして組みに行くダーンだが、ホドリゲスは突き放す。ダーンのジャブの打ち終わりにワンツーはホドリゲス! その腕を巻き込もうとするダーンだが、ホドリゲスはさせない。  2R、ダーンの打ち終わりに右を当てるホドリゲス! ワンツーで詰めて組みに行くダーン。しかしいい形で組めず。なおも詰めるダーンは払い腰を仕掛けて潰れるが、下になり足を掴んだダーンがホドリゲスのエスケープをテイクダウン奪い上に。下からダースチョークを狙うホドリゲスから頭を抜き、サイドバックから亀のホドリゲスに腕十字狙いから腹固めに極めに行くダーン。足を解くとバックマウントに移行し、正対したホドリゲスにマウント&パウンド! ホドリゲスの腕をヒザで押さえてパウンド! ケージを蹴って後転を狙うホドリゲスを抑え込んで腕十字を狙ったところでブザー。  3R、長いコンパスで右の関節蹴りを打つホドリゲス。さらに右ハイはダーンがブロック。右ローを突くホドリゲス。追いかけるダーンだが、ホドリゲスはサークリングし、右ハイ。圧力をかけるのはホドリゲス。左から右アッパー狙い。ワンツーで前進するダーンをさばいて下がりながら右を突く。左で差して組んだダーン。シングルレッグで引き出そうとするが倒れず。頭を下げたダーンに鉄槌を落とす。  4R、ダーンのワンツーをかわすホドリゲス。ホドリゲスの右の前蹴りがローブローとなり中断。再開。右ローを突くホドリゲス。ダーンの打撃の軸がブレるようになる。ワンツーで前に出るダーンだが、さばくホドリゲスは首相撲に。そこは右アッパーを突くダーン。距離を保つホドリゲスは右の後ろ蹴りも。ダーンの左の打ち終わりに右ストレートをヒット! ダーンの打撃にワンツー&ローと繋ぎ、打ち返しで終わる。右で詰めるダーンを捌き、背中を見せるダーンに右ミドルも!  しかしダーンが組むと投げるホドリゲスはだが、リバーサルしたダーンがマウント! パウンドからダーンはハイマウントになり腕十字を狙うがブザー。  5R、先に左右を振って詰めるダーンは3度の組みのトライもホドリゲスはカット。右の関節蹴りを当てるホドリゲス。さらに右ロー。右から左ボディにダーンは動きが止まる。ニータップでバランスを崩すホドリゲスだが、倒れず。残り2分。ホドリゲスの右にバランスを崩すダーン。ダーンの大きな右をかわすホドリゲスは逃げ切り体勢。ダーンはダブルレッグも差し上げるホドリゲス残り30秒。右で差すダーンだが、突き放したホドリゲスが反対側の金網まで押し返してヒザ蹴りをボディに突き刺したところでブザー。  判定は、2Rと4Rの後半のダーンの寝技以外は終始リーチを活かした打撃で攻勢に立ったホドリゲスが判定3-0(49-46×3)で勝利。ケージの中で、「彼女がサブミッションを仕掛けるチャンスはなかった。自分のペースで試合をするというのが今回のプランだった。5R戦う準備をしてきたから、始めたときからタイトルの準備も出来ています。5R自分のペースで、距離を保って戦う作戦でした。すべてのMMAファンに感謝します。そしてコーチたちに感謝します」と語った。 [nextpage] 【コ・メインイベント】 ▼ウェルター級 5分3R○ランディ・ブラウン(ジャマイカ)170.5lbs/77.34kg[判定3-0] ※30-27×3×ジャレッド・グッデン(米国)174lbs/78.93kg ※ ※グッデンが規定体重を3ポンドオーバー。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のブラウンに報奨金の20%を支払う。  MMA13勝4敗、UFCで7勝4敗のブラウン。バックボーンはボクシングで長いリーチを活かした戦いでオクタゴン7勝中5つのフィニッシュをマークしている。2021年4月の前戦ではアレックス・オリヴェイラのカーフキックを耐えての右ストレートでダウンを奪い、リアネイキドチョークで逆転一本勝ちをマークしている。  グッデンはMMA18勝6敗でUFCでは1勝2敗。2020年11月にUFCデビューし、アラン・ジョーバンに判定負け。2戦目はアブバカル・ヌルマゴメドフに組み負けて判定負け。2021年8月の3戦目はUFC0勝1敗のニクラス・ストルツェに1R 68秒、右クロスを当ててKO勝ちしている。  1R、ともにオーソドックス構え。右の高い前蹴りを顔面にヒットさせるグッデン! さらに右カーフキックと上下に散らす。詰め返すブラウンも右にかわしての右フック。しかし、グッデンの右カーフキックにバランスを崩す。  2R、左右の圧力から詰めて右アッパーを魅せるブラウンだが、金網に詰まりながらも巧みに頭を動かして避けるグッデン。右カーフキックを突く。ブラウンは前足で関節蹴りを狙うと、右ストレートをヒット! 一瞬グッデンの動きが止まる。  3R、右の前蹴りのグッデンに、オーソからレフトハンド、左ミドルを当てるブラウン。ここで押し返すグッデンは金網に詰めて右ボディを当てる。ジャブをダブルで突くブラウン。グッデンは粘り強く右カーフキック。しかしブラウンは詰めての跳びヒザ! さらに右スーパーマンパンチを打って前進。スイッチして右前足で高いサイドキックを放つ。右でオーバーフックして引き込みオモプラッタを狙うブラウン。それをグッデンが引き抜いてブザー。  判定は3-0(30-27×3)でブラウンが勝利。2連勝でUFC戦績を8勝4敗とした。試合後、ブラウンは、「初めてUFCのライブを見てくれている父にメッセージを送ります。愛してるよ。彼も自分のことを誇りに思っているはずだよ。こうやってマイクを持つたびにジャマイカを盛り上げていきたい」と語った。 [nextpage] 【メインカード】 ▼フライ級 5分3R○マテウス・ニコラウ(ブラジル)125.5lbs/56.93kg[判定3-0] ※29-28×3×ティム・エリオット(米国)125.5lbs/56.93kg  フライ級9位のティム・エリオットと、11位のマテウス・ニコラウが対戦。  エリオットは、2016年の世界のフライ級王者を集めたTUFの決勝で当時の修斗王者の扇久保博正に判定勝ちで優勝。王者デメトリアス・ジョンソンに判定負け後、ルイス・スモルカとマーク・デ・ラ・ロサには勝利も、2019年10月のデイブソン・フィゲイレード戦の一本負け以降、アスカー・アスカロフ、ブランドン・ロイバルにも敗れ3連敗。2020年7月にライアン・ベノワに判定勝ちで再起し、連敗を止めると、2021年3月の前戦でジョーダン・エスピノーサに判定勝ちで、ノーランカー相手に2連勝中だ。  対するニコラウは、2015年のTUFブラジル出身。UFC入りし、ブルーノ・コレア、ジョン・モラガ、ルイス・スモルカを相手に3連勝も、2018年7月にダスティン・オーティズにTKO負けのわずか1敗でリリース。しかし、Future FC、Brave CFで2連勝後、2021年3月にUFCと再契約。マネル・ケイプに序盤のテイクダウンゲームが評価されたか、スプリット判定勝ちを収めている。  1R、先に詰めるサウスポー構えのエリオット。前足の左足を上げながら近づき、ガードを低く上下に手を上げ下げしながら出どころの分かりにくい左右を突いて圧力をかける。オーソドックス構えのニコラウはサークリングしながらその入りに右を狙う。  しかし詰めるエリオットは低いシングルレッグからテイクダウン! 尻を着きながらも立ち上がるニコラウに両差しで金網に押し込むエリオットだが、ニコラウは差し返して押し返す。  2R、いきなりシングルレッグで中央でヒザを着かせたエリオットだが、金網まで走り正対して突き放すニコラウは右を返す。右カーフキックを当てるニコラウ! エリオットのワンツーを潜って左ボディも。  追うエリオットだが、右カーフキックを当てるニコラウに足が流れるエリオットは組むもニコラウに逃げられる。エリオットの入りに右ボディも突き、左ボディと左右で突くニコラウ。構わず詰めるエリオットだが左は大振りに。ニコラウはさらに右カーフキックを当てる。詰めるエリオットのダブルレッグを、ニコラウが差し上げて小手に巻いて切ったところでブザー。  3R、右カーフキックを狙うニコラウに詰めるエリオット。エリオットは左の前蹴りを胸元に当てる。さらにダブルレッグから右で差して押し込み、金網に詰めて左ヒザを突くが、組手を入れ替えて離れるニコラウが、前に出て来たエリオットにカウンターのダブルレッグテイクダウン! クローズドガードを取るエリオットを何度も軽く持ち上げマットにスラムするニコラウ。エリオットが足を解いて離ようとするとニコラウは腰を抱いて抑え込むが、エリオットは腰に足を当ててスペースを作り立ち上がりブザー。  判定は、3-0でニコラウが勝利。UFC再契約からケイプ戦に続く勝利でオクタゴン2連勝を飾った。 [nextpage] ▼女子フライ級 5分3R○マリヤ・アガポバ(カザフスタン)125lbs/56.70kg[3R 0分53秒 リアネイキドチョーク]×サビーナ・マゾ(コロンビア)125lbs/56.70kg  女子フライ級戦。カザフスタンのアガポワはボクシングベース。UFCでは1勝1敗で、2020年6月に階級下のハンナ・サイファーズに左ハイでダウンを奪ってからのリアネイキドチョークで一本勝ち。2020年8月の前戦では、TUF出身のシャナ・ドブソンと対戦し、序盤は打撃で攻勢に立つも、2Rにパウンドで敗れている。現在はATTに所属。  対するマゾはムエタイベース。2019年3月のUFCデビュー戦ではマリーナ・モロズに判定負け。しかしそこから、シャナ・ドブソン、JJアルドリッチ、ジャスティン・キッシュを相手に3連勝。2021年2月の前戦ではタイトル挑戦経験のあるアレクシス・デイヴィスのテイクダウンで下になり判定負けで連勝がストップしている。  1R、オーソドックス構えのマゾに、サウスポー構えのアガポバ。左足で外足を取り、圧力をかけるマゾに、左回りのアガポバは左ミドルをヒット。さらにバックフィストは空振り。追うマゾは右ストレートでアガポバのバランスを崩す。  2R、下がりながらも出入りでワンツーをまとめるアガポバ。上下に打ち分け、左にサークリングしながらも時折左ミドルをヒット。詰めたマゾの組みはスタンドギロチンで首を抱え、凌ぐ。終了間際にワンツーの右をマゾは当てる。  3R、オーソから左ローを蹴るマゾ。左回りのアガポバはマゾのワンツーを右にかわして、左から打ち下ろしの右フック! アガポバの逆ワンツーに前のめりにダウンし、動きが止まったマゾ。アガポバは背後からリアネイキドチョークを極めた! [nextpage] 【プレリム】 ▼バンタム級 5分3R○クリス・グティエレス(米国)135lbs/61.24kg[判定2-1] ※28-29, 30-27×2×フェリペ・コラレス(ブラジル)136lbs/61.69kg [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R○アレクサンドル・ロマノフ(モルドバ)260lbs/117.93kg[2R 4分43秒 TKO] ※パウンド×ジャレッド・バンデラ(米国)265.5lbs/120.43kg [nextpage] ▼フェザー級 5分3R○デイモン・ジャクソン(米国)145.5lbs/66.00kg[判定3-0] ※29-28, 29-27, 30-27×チャールズ・ローザ(米国)145.5lbs/66.00kg [nextpage] ▼女子ストロー級 5分3R○ルピータ・ゴディネス(メキシコ)115.5lbs/52.39kg[1R 4分14秒 腕十字]×シルバーナ・ゴメス・フアレス(アルゼンチン)114lbs/51.71kg [nextpage] ▼ライト級 5分3R○スティーブ・ガルシア(米国)155lbs/70.31kg[2R 1分51秒 TKO] ※パウンド×チャーリー・オンティベロス(米国)155.5lbs/70.53kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア