ムエタイ
ニュース

【BOM】石井一成と伊藤紗弥が本来のムエタイルールで再起戦=11・7横浜

2021/10/06 12:10
【BOM】石井一成と伊藤紗弥が本来のムエタイルールで再起戦=11・7横浜

BOMで再起戦を行うことが決定した石井一成

 2021年11月7日(日)神奈川・横浜大さん橋ホール『BOM WAVE 06 -Get Over The COVID-19-』に、イッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/ウォーワンチャイ)と伊藤紗弥(尚武会)の出場が発表された。


 石井はジュニアキック出身で、アマチュアでは14冠王を達成。タイを主戦場に6連続KO勝利を飾り、2017年2月にはTrue4Uフライ級タイトルを高校生で獲得。2017年6月からは『KNOCK OUT』に参戦し、2018年12月、トーナメントを制してKING OF KNOCK OUT初代フライ級王座に就いた。WPMF世界フライ級王座、IBFムエタイ世界フライ級王座、BOMスーパーフライ級王座も保持し、那須川天心に対して“西の神童”と呼ばれている。


(写真)RISEでスーパーフライ級王者・大崎(左)と対戦するも判定で敗れた

 今年2月の『NO KICK NO LIFE』では麗也を判定3-0で破り、4月のBOMではサンチャイを三日月蹴りでKO。そのキャリアのほとんどをムエタイルールで戦ってきたが、7月にRISE参戦。「DEAD or ALIVE 2021 -53kgトーナメント」に出場したが、1回戦で大崎一貴に敗れた。今回が再起戦となる。戦績は33勝(17KO)11敗2分。


 伊藤はジュニアキックで数々のタイトルを獲得。2012年12月には中学2年生にしてタイでWPMF女子世界ピン級暫定王者を獲得。2014年4月に国内で正式にプロデビューを果たすと、国内外の強敵を相手に快進撃を続けWPMF・WMC・WBCムエタイと女子世界王座の三冠を制覇。2020年2月の『RISE』初参戦ではAyakaに生涯初のダウン&KO負けを喫してしまったが、今年4月の『ムエローク2021』ではムエタイルールでAyakaにリベンジ成功。BOM女子ピン級初代王座も獲得した。7月には初のオープンフィンガーグローブマッチに挑み、女子二冠王MIREYに勝利している。


(写真)2度目のRISE参戦で王者・宮崎と対戦するも延長戦で惜敗した

 伊藤もそのキャリアのほとんどをムエタイルールで戦ってきたが、Ayaka戦での屈辱を払しょくするため9月に2度目のRISE参戦。RISEQUEENアトム級王者・宮崎小雪と対戦したが、延長戦の末に判定2-0で惜敗した。今回が再起戦となる。戦績は18勝(4KO)6敗2分。

 伊藤は自身のSNSにて「ムエタイで絶対に負けることは許されない」と、必勝を誓っている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア