MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来、次はリベンジと王座「RIZINのフェザー級のチャンピオンベルトは俺が一番似合う」

2021/10/02 22:10
 2021年10月2日(土)に開催された『RIZIN LANDMARK vol.1』のメインイベントにて、萩原京平(SMOKER GYM)を判定3-0で破った朝倉未来(トライフォース赤坂)が、試合後インタビューに答えた。以下、その全コメント。 笑ったのは「萩原君と目が合ったから」 ――試合後の感想は? 「ホッとしたっていうのはありますね。さっきリング上でも言いましたけれど、次の対戦相手へ向けてちょっとゆっくりしたらまた地獄の追い込みをしていこうかなと思います」 ――対戦を終えて相手の印象は変わった? 「いや、印象通りですね。実力は印象通りだし、メンタルも印象通りです。思ったより蹴りが重かったな、くらいです」 ――今後の展望は? 「リベンジさせてもらえたらリベンジしたいなっていうことと、とりあえずRIZINのチャンピオンベルトを巻きたいなってことです」 ――テイクダウンをとりに行く展開で、もう少し出来た、こういう風にやれればよかったということは? 「一本取りたかったんですけれど、けっこう対応が上手くなっていたというか。やっぱり柔術の先生が教えているので、寝技はそんなに成長してないと思うけれど、一本を取らせない力が上がっていたなっていうのがあります」 ――しんどい試合をしたいという目標はできたか? 「いや、ならなかったですね。そんなに息も切れずに終わったので。もうちょっと立つのが上手いと思っていたので、テイクダウンが今のように取れるとは思っていたんですけれど、もっと立たれて打撃の展開になって打撃の展開からテイクダウンに行って…というのが続いたらもうちょっと僕も精神的にも体力的にもきつくなっていたんじゃないかなと思っていたんですけれど。まあ、立たれることもなかったので。1回だけ返されたかな」 ――その序盤に立ち上がられたことは課題? 「そうですね。身体の強さが思ったよりもあって。そこもその後のラウンドは修正したので。1Rでしたよね? 何でもないことだったんですけれど、最初はそこまで想定していなかったので」 ――バックからチョークを狙うシーンは久しく見られなかったシーンでしたが、そこにトライしたいというテーマがあった? 「テーマと言うか、今まで寝技を出す機会がなかっただけで、ある程度出来るので。萩原選手の弱い部分はそこで、そういう展開を選ばざるをえなかったというだけですね。そこで見せただけで。寝技が急に強くなったわけではないです」 ――リングはいつもより小さかった? 「そうなんですか? ちょっと分からなかったですね」 ――試合後タイトルマッチの話もありましたが、そこでクレベル選手という名前もありました。今、クレベル選手とRIZINは契約が切れているとのことですが、クレベル選手とも試合がしたいですか? 「リベンジしたいです」 ――RIZINのチャンピオンベルトを巻きたいと言っていましたが、どういう心境からベルトを目指したいと思ったのか? 「RIZINをもっと盛り上げたい。そうなるとやっぱり俺が巻かないともっと盛り上がらないのかなと思っていて。RIZINのフェザー級のチャンピオンベルトは俺が一番似合うと思うので。そこですね。今までも俺が引っ張ってきたという自負があって。リベンジしたいのも含めてチャンピオンベルトを巻きたいということです」 ――先日は海外という話もしていましたが、それよりもRIZINを盛り上げたい気持ちの方が強くなった? 「海外うんぬんより、まずリベンジしないと行けないので。まずはリベンジをしてRIZINのベルトを巻いた先に景色は変わるかもしれないですけれど。今いきなり海外と言ってもおかしいヤツになってしまうので。まずはRIZINのチャンピオンベルトです」 ――ハーフ、サイドを取って上から連打している時に笑顔が見えた気がしたが? 「いや、萩原君と目が合って。疲れていたので『ちょっと動けよ』と言ったんです。それでちょっと笑ってしまった感じです。(それだけ余裕があった?)まあ、そうですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事