ストライキング
ニュース

【RIZIN】榊原CEO語る、武尊vs.那須川天心の実現可能性は「5割」「結論が出るのはこの数週間」のなか、ウルトラCは?

2021/09/30 22:09
 2021年10月24日(日)、横浜・ぴあアリーナMMで開催される『Yogibo presents RIZIN.31』の対戦カードが9月30日(木)の会見で発表された。  会見後、RIZIN榊原信行CEOが囲み取材に応じ、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)と、K-1スーパー・フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)との“夢の対決”が実現する可能性を「5割」と話した。  那須川は来春のボクシング転向までに残り2戦と明言しており、次戦は年末のRIZIN。最後は2021年春のRISEの試合と決めている。  9月23日のRISEで判定勝ちし、キック&MMAの無敗記録を「45」に伸ばした那須川は試合後、ドリームマッチについて「動きがないので僕もマジで分からないです。組まれるのであれば向こうもやりたいだろうし、客観的に見て盛り上がるカードだし、全部状況が整えばやりたいと思います」と語り、RISEの伊藤隆代表も「現状テーブルに着いていません。間接的に聞いている部分はあります。決まるならテーブルに着いて話したいと思います。RIZINの榊原代表が間に入っていますが進まないですね」と、状況を説明していた。  そんな中、榊原CEOは、那須川の試合について、「天心が大晦日でRIZIN卒業という──天心とも話をする中で、彼としては思い入れを持って挑んだ2016年の年末(29日と31日にMMA2試合)のところからなので、大晦日の舞台に上がりたいという思いは強いと思います」としながらも、「“世紀の一戦”を実現するには、みんなが少しずつ我慢したり譲ったりする必要があるというのは常に言っていますけど、誰かの思い通りに100%行くことではきっと実現しない」と、“夢の対決”の実現の難しさを語った。 「やるにしてもやらないにしてももう時間はない。結論が出るのはこの数週間でしょうね。関係各位がどういう方向で一つになるのか。5合目くらいまで登ったけど、最後、頂上まで登り切れないのか」という榊原CEOは、実現の可能性を問われると「やっぱり五割ぐらいじゃないか、半々くらいだと思う。可能性はあると思いますが、RIZINだけで進むことであれば、もう少し明確に言えるんですけど、僕はコーディネート調整役みたいな形なので、また、K-1さんサイド、伊藤(隆)さんとか、スポンサーさんとか、放送局とか、配信局とか、みなさんのコンセンサスを得られるように、最大限動いてみたいと思っています」と、調整役として動いていることを語った。  本誌『ゴング格闘技』11月号の取材で榊原CEOは、「武尊選手と那須川選手の試合は、RIZINという旗のもとでは難しい。この件に関しては僕も調整役ですから。各プロモーションにとって、RIZINが中立な場所になればいいと考えていますが、これまで試合が多かった天心はやはりRIZIN色が強い。そこで武尊選手が戦うことはアウェイな感じになってしまうので、もう“この試合だけの場所を作るべき”かなと。ファンの人たちの見たいという思いがあるわけですから、みんなが少しずつ譲るところは譲って、それぞれの選手の今後の計画とかを考えると、やはり年内しかないのではないかと、選手含めて関係している人たちは分かっていると思います。多くの人たちの理解と協力を得て、自分もいち格闘技関係者として実現させたい」と最後の望みを語っている。 「この数週間が結論が出るリミット」のなか、年末にRIIZNとは別の“世紀の一戦”だけの場所が作れるか。それとも別の“ウルトラC”はあるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事