ONEONE
MMA
ニュース

【VTJ】5年2カ月ぶりに「VTJ」が復活! 昼のプロ修斗公式戦と昼夜2部大会で開催

2021/09/25 05:09
 2021年11月6日(土)東京・新木場のUSEN STUDIO COASTにて「VTJ」が復活、プロフェッショナル修斗との昼夜2部大会として開催されることが発表された。  5年2カ月ぶりに復活する「VTJ」。その前身となる「VALE TUDO JAPAN」は1994年に第1回大会が開催され、当時“400戦無敗”グレイシー柔術最強と言われていたヒクソン・グレイシーを日本に初招聘するなど、今から27年前に日本総合格闘技界の礎となった伝説のイベントだ。  その後もエンセン井上vs.ランディ・クートゥアー、佐藤ルミナvs.ジョン・ルイス、日本vs.ブラジル7対7、五味隆典vsトニー・ハービー等、数々の激闘、名勝負を産み出してきた。  2012年に名称を「VTJ」に変え、新たなコンセプトでナンバーシリーズとして復活。その中でも2013年「VTJ 2nd」で行われた修斗世界王者・堀口恭司とキングオブ・パンクラシスト石渡伸太郎との一戦は、団体の垣根を越え、互いのプライドがぶつかり合う壮絶な試合となり、9年経った現在でもベストバウトに挙げるファイターは多い。 【写真】2016年の「VTJ 8th」にはTUF 8ライト級優勝のエフレイン・エスクデロが参戦。  本誌の取材によると、「世界を目指す者」が「対世界」を経験する場、そして「世界を知る者」も、新たな挑戦に挑む場、そして堀口vs.石渡のように、垣根を越えた戦いの場として「VTJ」は行われるようだ。  予告動画では、「世界を目指す者」に入ることになるのか、修斗世界フライ級王者の平良達郎、同フェザー級王者SASUKE、ライト級王者の西川大和、そして大道塾からMMAで4連勝中の岩﨑大河の映像が流れ、「世界を知る者」として宇野薫、岡見勇信、佐藤将光、高橋遼伍の姿が映し出されていた。  出場予定選手とは明記されておらず、あくまで先駆者と挑戦者のイメージとのことだが、何らかの形で同大会にからむ人選であることは間違いない。また、格闘技界全体でルールに即した外国人選手招聘の折衝を行っていることも伝えられており、どんな海外選手の来日が実現するのか、注目されるところだ。  ABEMA中継で「VTJ」の予告動画を確認した青木真也は、「“対世界”と戦えない状況では実力査定がされないが、いい外国人選手が呼べればいい経験値が積める」と、国内王者のテストマッチとして期待を寄せており、5年2カ月振りに復活する「VTJ」に選ばれるファイターが誰になるのか、さらなる発表が待たれる。  昼の第1部がプロフェッショナル修斗公式戦「PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.7 Supported by ONE Championship」となり、世界タイトルマッチやトップランカーによるサバイバルマッチが組まれる予定。夜の第2部が「VTJ 2021」として開催される。なお、この2部大会開催に伴い、11月23日に予定されていた後楽園ホール大会は中止となっている。  同大会のチケットは、10月2日(土)からイープラスおよび修斗BASEオンラインショップにて販売となる。 ◆プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.7 Supported by ONE Championship [日時]2021年11月6日(土)[開場]12:30[開始]13:00 [会場]USEN STUDIO COAST ◆VTJ 2021[日時]2021年11月6日(土)[開場]16:00[開始]16:30 [会場]USEN STUDIO COAST
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事