キックボクシング
ニュース

【RIZIN】ぱんちゃん璃奈、調子は「過去1」ファンからは「ストロングボディや!」トップバッター抜擢に燃える

2021/09/05 20:09
【RIZIN】ぱんちゃん璃奈、調子は「過去1」ファンからは「ストロングボディや!」トップバッター抜擢に燃える

ぱんちゃんがSNSに投稿した、自信に満ち溢れた笑みでピース、いやビクトリーのVサインをした画像。肉体が調子の良さを物語る(C)ぱんちゃん璃奈

 2021年9月19日(日)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents RIZIN.30』にて、RIZIN初の女子キックボクシングの試合として46.5kg契約3分3Rで元ミネルヴァ・アトム級王者で現RISE QUEENアトム級3位・百花(魁塾)と対戦する、KNOCK OUT-BLACK女子アトム級王者ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)。

 9月4日に発表された試合順で第1試合になることが分かり、自身のSNSにて「トップバッターだぞ、メラメラ。女子キックルールだけじゃなく、46kgという最軽量級もRIZIN史上初」とさらに燃えたとのコメント。


(写真)女子キックボクシングを背負ってRIZINに上がる覚悟のぱんちゃん

 ぱんちゃんは1日に行われた公開練習にて、YouTube企画でRIZIN参戦のきっかけを作ってくれた朝倉海について聞かれると、「連絡をさせていただきました。喜んでくれて、おめでとうと言ってもらえました。おそらく私が一番バッターで彼が最後を締めくくると思うので、盛り上げ役をしたいです」と、自分が第1試合から盛り上げてメインの朝倉につなげたいとしていたが、望み通りぱんちゃんが第1試合、朝倉がメインイベントとなった。

 この大事な一戦を前に2度目のワクチン接種後のアナフィラキシー反応で緊急搬送されたこともあったが、ぱんちゃんは「調子全回復! いや過去1。また2ヶ月前よりだいぶ成長できた。試合めっちゃ楽しみだ」と、もうコンディションに影響はないことを告げ、過去最強の敵と目されていたsasoriを撃破した7月の時よりも調子がよく、成長もしているとピースをした画像と共に投稿。


(写真)公開練習で重さを増した右ストレートを披露したぱんちゃん

「女子キックは知名度低すぎる。私一人が目立ってもライバルいないと私もファンの方も面白くない! 実力、話題性、注目度、全部持ってる女子選手が現れてほしいから今回、選手に刺激を与えられる勝ち方する」と、女子キックボクシング界のカンフル剤になるような試合を見せると意気込んだ。

 試合2週間前にしてのバキバキの筋肉美にファンからは「strong bodyや!」「めちゃくちゃ仕上がってますね」「キレッキレー」という声と共に激励のコメントが多数寄せられていた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント