MMA
レポート

【UFC】ギガ・チカゼがエジソン・バルボーザをTKOで9連勝! TUFミドル級&バンタム級決勝はノンストップの激闘に。ケビン・リー敗れる

2021/08/29 11:08

【メインカード】

▼バンタム級 5分3R(TUFフィナーレ/サドンデスの場合は第4Rあり)
〇リッキー・トゥルシオス(米国)135lbs/61.24kg
[判定2-1] ※29-28×2, 28-29
×ブレイディ・ヒースタンド(米国)135.5lbs/61.46kg
※トゥルシオスがTUFバンタム級ウイナーに。

 1R、サウスポー構えの28歳トゥルシオス、オーソドックス構えのヒースタンド。先に詰める22歳ヒースタンドは左で差して後方に崩してテイクダウン。

 腰を切りフルガードに戻すトゥルシオスは蹴り上げて立とうとするがそこを潰したヒースタンドがサイドを奪い首狙い。立ち上がるトゥルシオスをなおもボディロックテイクダウン。

 トゥルシオスは下から三角絞め。察知し頭を抜くヒースタンド。立つトゥルシオスにスタンドでダブルレッグに入るヒースタンド。スイッチから体を切り返し腕を手繰るトゥルシオス。ガードからの仕掛けが多い。スタンドに戻り右アッパーを入れるヒースタンド。後半は両者が殴り合いブザー。

 2R、ワンツーから左で差すヒースタンド。離れるトゥルシオスだが、なおも詰めるヒースタンドがダブルレッグテイクダウン。尻を着き金網に座りヒジを突くトゥルシオス。立ち上がると離れ際に右ヒジを狙うヒースタンド。

 オーソドックス構えになるトゥルシオスにストレートをヒットさせるヒースタンド! 効いたか詰めてダブルレッグからバックに跳び乗るトゥルシオス。落としたヒースタンドが逆にダブルレッグテイクダウン! 足を効かせてヒザを持ち上げスイープするトゥルシオスは跳びつきギロチンチョークで後転させマウントを奪いかけるが、頭を抜いたヒースタンドが上に。

 立ち上がるトゥルシオスが金網まで押し込みブザー。ともにスクランブルの消耗戦。

 3R、右ストレートを当ててダウンを奪うトゥルシオス! しかしヒースタンドは足を手繰ってテイクダウン狙い。トゥルシオスはあえて背を着いて2Rと同じ形で足をかかえたスイープで上下を入れ替える。右を当てて押し込むのはトゥルシオス。互いにスタミナ苦しいなか、ヒースタンドも左右を振るとシングルレッグへ。これを切り首相撲ヒザ、さらに左右のラッシュでトゥルシオスが詰めてブザー。最後まで両者動きを止めず。判定へ。

 判定は2-1で割れ、29-28×2, 28-29でトゥルシオスが勝利。チーム・アルファメール所属の28歳トゥルシオスはこれでMMA11勝2敗に。ケージの中でチーム・ヴォルカノフスキーから黒帯を巻かれ、ダナ・ホワイト代表からトロフィーを受け取ったTUFバンタム級ウィナーのトゥルシオスは「夢がかなった。神様ありがとう。子供達に言いたい。夢を見ろ、恐れず自分を信じろ、ワークハード、旅を楽しめ。みんな繋がっているんだ。We are One!」と熱く語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント