MMA
レポート

【ONE】伝説強し!シッティチャイがタワンチャイとの接戦を制す、42歳デェダムロンが22歳の“美男子”をTKO! 女子アトム級GPリザーブ戦にオルシムが進出

2021/08/27 21:08
【ONE】伝説強し!シッティチャイがタワンチャイとの接戦を制す、42歳デェダムロンが22歳の“美男子”をTKO! 女子アトム級GPリザーブ戦にオルシムが進出

(C)ONE Championship

ONE: BATTLEGROUND 3

2021年8月27日(金)シンガポール・インドアスタジアム
ABEMA格闘チャンネルにて放送

▼ムエタイ・フェザー級 3分3R
〇シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)
[判定2-1]

×タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)

 シッティチャイはプロ160戦以上と鉄人的な戦歴を持つ現役のムエタイレジェンド。キックボクシングとムエタイを合わせ、世界王者に9回輝く。過去10年間に渡り、キックボクシングとムエタイで、最も圧倒的な強さを誇る選手の1人として評価を築き上げてきた。

 ジャバル・アスケロフ、アンディ・サワー、ソーグロー・ ペッティンディーアカデミー、エンリコ・ケールなど、数々の世界トップクラスのストライカーを倒したシッティチャイだが、2020年7月のONE初陣ではスーパーボン・バンチャメークに判定で敗れている。今回はその一戦以来、約1年ぶりの試合。ムエタイルールは7年ぶり。

 タワンチャイは地方で試合経験を積んだ後、14歳でルンピニースタジアムに上がった。2018年にはクラップダムを3度破り、同年のルンピニースタジアム・オブ・ザ・イヤーとタイ国スポーツ局ファイター・オブ・ザ・イヤーなど4つの年間MVPを受賞。シントンノーイ、ヌンラーンレック、センマニー、モンコンチャイ、フェラーリらにも勝利を収め、2021年5月にONE初参戦。ショーン・クランシーをハイキックでKOに葬った。長身を利したフィームー(テクニシャン)で、近代ムエタイでも1、2を争う実力者&人気選手。

 本来はバンタム級のタワンチャイがフェザー級に上げたことによって実現した夢の対決だが、計量ではシッティチャイが68.85kg、タワンチャイが70.25kgとタワンチャイが1kg以上重かった。この体重が試合にどのように影響するか。また、シッティチャイはオープンフィンガーグローブ戦は初となる。

 1R、両者サウスポー。両者とも前足でリズムをとりながらロー、ミドルを蹴り合う。タワンチャイのスピードのある左ミドルにシッティチャイはワンツーから左ロー。シッティチャイが右のフェイントから左フックをヒットさせ、ワンツーの左も当てる。間合いを詰めてワンツー狙いのシッティチャイ。タワンチャイはミドルを蹴るが、シッティチャイは腕で受けてパンチを返す。

 2R、圧をかけるのはシッティチャイ。ミドルを蹴るタワンチャイにシッティチャイは蹴り足を掴んでヒジを繰り出す。タワンチャイも同じくミドルをキャッチしてのパンチ。タワンチャイの右ミドルにすかさずワンツーを返すシッティチャイだが、タワンチャイも左ストレートを返す。タワンチャイは左ミドルを蹴り、シッティチャイの蹴り足をキャッチしてのパンチ、さらに軸足払いでコカす。

 3R、タワンチャイは蹴りからワンツーにつなぎ、シッティチャイのローにもワンツーを合わせてくる。シッティチャイが入って来るとヒジで威嚇。シッティチャイは右から左フック、タワンチャイはこれに左ヒジ。シッティチャイは左のパンチを打ちに行き、タワンチャイの蹴り足をつかんでコカす。さらに胴に両手を回して大きくコカした。

 勝敗は判定に持ち込まれ、判定は2-1でシッティチャイの勝利。タワンチャイは笑顔で接戦を制したシッティチャイを祝福した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事