MMA
インタビュー

【ONE】女子アトム級ワールドGP日本代表・平田樹「日本の若い女の子をナメるなよ!」=9月3日(金)シンガポール

2021/08/17 20:08
【ONE】女子アトム級ワールドGP日本代表・平田樹「日本の若い女の子をナメるなよ!」=9月3日(金)シンガポール

兄の平田直樹と公開練習を行った平田樹(C)ONE Championshi

 2021年9月3日(金)にシンガポール・インドアスタジムで開催予定のONE Championship初のオール女子大会「ONE: EMPOWER」に向け17日、平田樹(フリー)が公開練習&囲み取材を行った。

 人造人間18号をイメージしたという金髪姿で公開練習に臨んだ平田樹は、兄の平田直樹(10.23 DEEPで山本歩夢と対戦)を相手に、柔道の投げ技ではなく、徹底したダブルレッグテイクダウンのタックルから、得意の腕十字に加え、三角絞め、肩固め、アナコンダチョーク、リアネイキドチョークを極めるまでの打ち込みを披露。

 練習後、囲み取材で半月後に迫った同大会での「アトム級ワールドグランプリ」向け、平田は「ベルトを見据えると1回戦はスカ勝ち、次のスタンプは必ず寝技で仕留める、と決めている」と、意気込みを語った。

五輪を見て、柔道には感謝しているけど「ああ、もう違うんだ」と感じた

──9月3日の「ONE: EMPOWER」まであと17日と迫りました。現在のコンディションはいかがでしょうか。

「バッチリです。準備期間が長かった分、しっかり練習ができたかなと思います。やっと、このビッグイベントが始まるので、そのワクワクが一番大きいです」

──トーナメントの8人に選ばれたことをどのように感じていますか。

「すごいみんな強い選手ばかりなんですけど、プロ3戦目でトーナメントに選んでもらった分、期待も大きいので、その期待に応えられるように試合をするだけです。ONEで初めての女子アトム級トーナメントで、そのGPに出られることはすごく大きなこと。アジアの中でも大きな団体の大会なので、気合はいつもと違うなと実感しています」

──今日の平田直樹選手を相手にした公開練習の打ち込みは、徹底したダブルレッグテイクダウン、タックルからの動きでした。それはKRAZY BEEでの練習ということもあったのでしょうか。

「そうですね。レスリングの練習や基礎トレーニングはすごい重視してやるようになって、タックルの練習、壁レス(リング)はもう、1日絶対やるようになっています」

──あらためて現在の練習環境を教えてください。

「やっぱり自分の中ではグラップリングが好きなので、グラップリング重視の練習なんですが、打撃もやりたいので神村エリカさんのところで練習しつつ、やはりグラップリングの方が2倍、3倍の練習量になっています」

──それは今までとは異なる変化なのでしょうか。

「柔術のグラップリングのクラスにも出ていて、そこで気になった技を自分でより研究するようになりました。そこが今までとちょっと変わったところで、あとはウェイトトレーニングも始めて、身体がどんどん強くなっているかなと実感しています」

──柔術、グラップリングは誰から指導を受けているのでしょうか。

「お兄ちゃんもそうですけど、アーセン選手とか、みんなで動画も研究して、この技が出来るんじゃないかとか話したり、柔術でトミー先生のクラスに出たり、チーム一丸となって研究しています」

──KRAZY BEEでの山本美憂選手、パク・シウ選手、立ち技で神村エリカさん、AKARI選手ら女性から習うこと、練習することの利点をどのように感じていますか。

「これまでのジムには女子選手がいなかったので、稽古でも自分1人が女子だったんですけど、ここでは山本美憂選手やパク・シウ選手、女子の出稽古選手も来るので、女子目線でしか分からないこともあります。身体が柔らかく、パワー系で行かないので親近感が沸きますし、相談しやすく、アドバイスも新鮮で説得力があるなと思います」


(C)Hirata Naoki

──GP出場選手のなかで最年少の21歳というなかで、ハム・ソヒ選手やデニス・ザンボアンガ選手らが優勝候補と呼ばれる空気についてはどう感じていますか。

「いや、特に。強い選手が優勝候補と言われることは当たり前だと思っていて、そこで自分がどれだけ出来るかが勝負だと思っています。いいんじゃないかなと思います」

──ツイッターで「まじでひっくり返してやりたいクソどもを」と発言されていたのは、どんな意味だったのでしょうか。

「あれは……練習環境が変わったときとかもそうですけど、やっぱり期待されている選手が優勝でしょ、とか言われてたんで、“まあまあ、いいよ”と。とりあえず試合してみないと分からないし、自分がどれだけ出来るかを発揮できればと思います」

──最近の写真では、背中まわりの筋肉の盛り上がりがすごいです。

「ウエイトトレーニングは前は全然やってなかったんですけど、やるようにして、そんなムッチャ重いものとかではなく、瞬発系とかチューブやったりして、筋トレを始めたのは大きいかなと感じています。海外の選手は身体が強いので、自分は減量すると身体も小さくなるので、その点では筋肉をつけてから落とせばパワー負けはしないかなと思っています。前回のナイリン・クローリー戦では、あんなに身体が小さくてもパワーが強くてパンチ力もあって、組んだら力が強いと感じたので、たた絞るだけじゃなくて筋力をつけて絞ろうという感じです」

──ところで五輪期間中は、平田選手のバックボーンである柔道について触れませんでした。どんな思いからでしたか。

「柔道には感謝しているんですけど、自分は柔道からは“下りた”身なので、柔道に詳しいとかやってました感は出したくないと思っていました。道場(春日柔道クラブ)の先輩、ウルフ君とかの試合は全部見ていましたが、そんな深入りしなかったのは、いまは自分はもう総合格闘家なので、柔道とは区切り目が、自分のなかで“ああ、もう違うんだ”という何かを感じました。柔道はやりたいんですけど、あーだこうだ言うのは自然と無くなりました。完全にMMA寄り、総合格闘家になったんだなと感じます」

──フェンシング日本代表の見延和靖選手との交流は?

「ONEの日本大会でお会いさせてもらって交流させてもらって、五輪の前もムービーでメッセージを送って返信もいただいたので、“よし、次は自分も日の丸を背負って頑張る”とメッセージを送り返しました」

──今回の大会がシンガポール開催になり、観客は?

「入れられないと思います。でも試合後のシンガポールのホテルのプールを楽しみに(笑)、試合に集中したいと思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント