ONEONE
キックボクシング
ニュース

【RISE】那須川天心vs鈴木真彦の会見全コメント、那須川はイライラを隠さず、鈴木は「みんなどうせ負けるやろと思っているでしょうけれど、一発当ててそこを引っ繰り返したい」

2021/08/02 21:08
【RISE】那須川天心vs鈴木真彦の会見全コメント、那須川はイライラを隠さず、鈴木は「みんなどうせ負けるやろと思っているでしょうけれど、一発当ててそこを引っ繰り返したい」

フェイスオフの撮影を求められると、那須川は下を向いたまま両手を後ろに組み、身体を揺すった。今までの対戦相手には見せたことがない態度だった

 2021年9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMM『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』の対戦カード発表記者会見が、8月2日(月)都内にて行われた。

 参戦が発表されていたRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)の対戦相手は、RISEバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)に決定した。


 このカード決定について伊藤隆RISE代表は「いまだに外国人の入国規制が緩和されずに非常に厳しい中で、那須川天心の相手は限られています。そのような状況の中、今回、鈴木真彦を提案させていただきました。理由としては志朗の次に那須川天心と戦う選手として適任なのは鈴木真彦ではないかと思っております。ただ、これはコロナ禍の中で実現したカードだと思います」と説明。


 試合体重はバンタム級(-55kg)で、両者のベスト体重。3分3R延長1Rで行われる。両者はこの会見から6年前の2015年8月1日に『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント』の1回戦で対戦。1Rに連打でダウンを奪った那須川が、飛びヒザ蹴りに来た鈴木を左フックで撃墜し、1R1分46秒でKO勝ちしている。

 RISEバンタム級王座のベルトを持って登壇した鈴木は「今回このカード組んでいただいて感謝しています。僕は2015年の8月1日に那須川選手に敗れてから、ずっとリベンジしたいとの想いでここまでやってきました。去年の11月に那須川天心挑戦者決定トーナメント(決勝戦で志朗に判定負け)で敗れた時はほんまにもうあかんのかなと思ったんですが、再戦の機会をいただいて感謝しています。やるからには那須川選手も(キックボクシング)残り3試合ということで思い切り盛り上がるような、6年前は僕が何もできずに負けましたが、ここで成長した姿を見せられたらと思います」と挨拶。


 那須川は「キックボクシングの試合も残すところあと3試合となってこの試合が決まりました。コロナウイルスの影響で海外の選手が来れないということでこのカードになったと思うんですけれども、やるからには思い切り、前回と一緒の結末になると思うので皆さん期待してもらえれば嬉しいし、しっかり仕上げるので皆さん期待していてください」と、6年前と同じ結末になると言い放った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事