キックボクシング
ニュース

【RISE】那須川天心の相手はRISEバンタム級王者・鈴木真彦、約6年ぶりの再戦に「KOはマスト」(那須川)=9.23 横浜

2021/08/02 19:08
 2021年9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMM『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』の対戦カード発表記者会見が、8月2日(月)都内にて行われた。  参戦が発表されていたRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)の対戦相手は、RISEバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)に決定した。 ▼バンタム級(-55kg)3分3R延長1R那須川天心(TARGET/Cygames)鈴木真彦(山口道場)  鈴木は軽量級離れしたパンチ力と卓越したテクニックで、2018年11月にトーナメントを制してRISEバンタム級のベルトを獲得。2015年8月の『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント』で那須川天心に敗れて以降、連勝記録を重ね5年間無敗、20連勝という驚異の記録を打ち立てた。  しかし、2020年11月の「那須川天心挑戦者決定トーナメント」準決勝で江幡塁に勝利も、決勝で志朗にダウンを奪われて約5年ぶりの黒星を喫した。2月大会で溜田蒼馬を初回KOに下して再起、7月大会では元WBA世界スーパーフライ級王者テーパリット・ジョウジムを判定で降している。  前述の通り、那須川と鈴木は2015年8月の『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント』の1回戦で対戦(※写真上)。1Rに連打でダウンを奪った那須川が、飛びヒザ蹴りに来た鈴木を左フックで撃墜し、1R1分46秒でKO勝ちした。この敗戦以来、鈴木は那須川へのリベンジを誓って戦いを続けてきた。  会見で鈴木は悲願であった那須川とのリベンジマッチに向け、「BLADEで敗れてからずっとリベンジしたいと思ってやってきました。敗戦を忘れたことはありませんでした。12月に敗れてほんまアカンと思っていましたが、再戦の機会をいただき感謝しています。コロナウイルスで外国人選手が入ってこれない中、これも運命。那須川選手は世界で一番強い選手だと思います。やるからには思いっ切り、盛り上がるような試合を見せたいと思います。6年前には何も出来ずやられましたが、やられた選手にはきっちりやり返したい。成長した姿を見せられるよう頑張ります」とコメント。  迎え撃つ那須川は、「キックでは残すところ3試合。海外の選手が来られないという中でこのカードになったと思います。やるからには思い切っり前回同様、同じ結末となると思うので、しっかり仕上げるので期待してください。(KOは)めちゃめちゃ意識します。そこはマスト。存分に出していきたい。かと言って(鈴木は)志朗くん以外には勝っている選手で勢いはあるとは思います。油断はしていません。今回、55kgで仕上がっている姿を見せたいし、実験というか試したいこともあるので、そこの部分も見せたい」と語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事